膣ケア、やってる?

「膣のためにいいこと」、ちゃんと知ってる?【膣まわりの基本知識まとめ】

公開日:2022.06.23

「膣のためにいいこと」、ちゃんと知ってる?【膣まわりの基本知識まとめ】

膣ケア・膣トレなど、「膣まわりのこと」に注目が集まっています。膣まわりの筋肉がよく働いてくれると「しまる」状態に、働きが弱いと「ゆるむ」状態になり、場合によっては尿もれを引き起こすことも。そんな膣まわりの筋肉=骨盤底筋を「いい状態」に保つための基本知識を、改めておさらい!

「膣のためにいいこと」、ちゃんと知ってる?【膣まわりの基本知識まとめ】

膣ケア・膣トレなど、「膣まわりのこと」に注目が集まっています。膣まわりの筋肉がよく働いてくれると「しまる」状態に、働きが弱いと「ゆるむ」状態になり、場合によっては尿もれを引き起こすことも。そんな膣まわりの筋肉=骨盤底筋を「いい状態」に保つための基本知識を、改めておさらい!

まずはあなたの「膣の状態」をチェック!

【1】猫背は骨盤底筋が弱っているサインかも!正しい姿勢を心がけて

「膣のためにいいこと」、ちゃんと知ってる?【膣まわりの基本知識まとめ】

姿勢が悪いということは、骨盤周辺の内臓を支えている骨盤底筋も弱っている可能性が。骨盤底筋は深部にある筋肉群なので、インナーマッスルが鍛えられていないと膣力も衰えがち。骨盤底筋に効く体操を取り入れてみて。

【2】骨盤底筋を鍛える膣トレは、下腹部の冷え対策に◎!

筋肉を動かすと、その部位の血行が促されることにより筋肉の温度が上がります。骨盤底筋がうまく動いていない人は、下腹部を触ると冷たいと感じるはず。下腹部が常に温かい人は、骨盤底筋がしっかり働いている可能性も高いと言えます。

【3】膣のためにも適度な運動は超大事!

膣力を支えているのは、骨盤底筋という筋肉の集まり。運動不足だと筋肉が落ちてしまい、骨盤底筋にも影響をおよぼすこともあります。在宅ワークになって膣力ダウンを感じている人は、適度な運動を心がけましょう。

【4】縄跳びやトランポリンなど、飛び跳ねる運動はお腹をへこませて

運動といっても縄跳びやトランポリンなどの飛び跳ねる系のものは注意が必要。ハンモック状の筋肉で臓器を支える骨盤底筋。何度もジャンプする行為は、ダイレクトに骨盤底筋に負担をかけることに。跳ねる運動の際には、なるべく息を吐いてお腹をへこませてジャンプするなどの工夫を。

【5】便秘でいきむことが多いなら骨盤底筋のためにも食生活の見直しを!

「膣のためにいいこと」、ちゃんと知ってる?【膣まわりの基本知識まとめ】

骨盤底筋に負担をかけてしまう原因に「腹圧」(腹腔にかかる圧力のこと)があります。便秘気味の人はトイレで必死にいきんでしまうため、どうしても腹圧がかかりがち。お通じにいい食生活や生活のリズムを見直すことも大切です。

次ページ
膣トレに! 『ケーゲル体操』って?