1. 【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】神社に行くなら今月がベスト!4月は神さまからのご加護が強まる六白金星の月。

2020.04.01

【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】神社に行くなら今月がベスト!4月は神さまからのご加護が強まる六白金星の月。

【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】神社に行くなら今月がベスト!4月は神さまからのご加護が強まる六白金星の月。

風水に基づく開運アクションアドバイスが「怖いほど効果が現れる!」と評判の、風水心理カウンセラーの谷口令さん。風水アドバイス歴40年以上で、そのカウンセリング数は1万件以上という谷口さんに、4月の気の流れと開運アクションを聞いてきました。

4月の日がいい日にはぜひ神社仏閣へお参りに!

4月は六白金星の気が流れる月です。六白金星は「天」「神社仏閣」を司る星。ですから六白金星の気が流れる月は“神さまからのご加護が厚くなる”と風水では言われているのです。そのため私はいつも六白金星の月は折に触れ、神社に立ち寄るといいとアドバイスしています。

神社というのはやはり流れている気の波動がとても高いので、行くだけでさまざまなけがれや厄を落としてくれる場所です。中でも日がいい日(一粒万倍日や天赦日)や節目の日(二十四節気である4月4日の「清明」や4月19日の「穀雨」)は日の持つパワーが高まるので、ぜひ行ってみてください。開運速度が速まりますよ。

お参りするなら氏神さまへ

氏神さまイメージ

となると、皆さん“パワースポットで有名な神社”に行きたがるのですが、それはちょっと違います。まずお参りをすべき場所は、今住んでいる場所を守ってくれている“氏神さま”のところです。日々のあなたを守ってくれているからです。

「氏神さまなんてわからない!」という人はお住まいの神社庁を検索して調べ、電話してみてください。住所を言うだけですぐに教えてくれます。

そして神社に行ったら、ただ願い事をするのではなく、必ず日々、無事に過ごせているお礼もしてくださいね。

六白金星的な4月の過ごし方

老舗和菓子店の和菓子イメージ

六白金星は「高貴」「上質な」「伝統的な」というキーワードも持ちます。そのため、今月はこの3つを日常生活の中で意識してみてください。

  • いつもより上質なリップを新調してみる
  • 老舗和菓子店の和菓子を買ってみる
  • 高級スーパーでお買い物をする
  • 老舗ホテルでランチをする……etc.

こんなことが六白金星的なアクションです。

また、六白金星は「きちんと」「計画的に」「責任感」などのキーワードもあるため、スケジュールをきちんと立てて仕事や勉強にしっかりと取り組むことも大切です。

<4月の開運アクション>

  • ラッキーコスメは美容液やラメ入りの艶出しパウダー
  • ローズやローズウッドが吉。アロマオイルやバスソルトで楽しんで。
  • ラッキーカラーはラメやシルバー、ゴールド
  • ラッキースポットは神社仏閣、老舗店、歴史的建造物
  • 食べて体の中から開運する食風水は、シュークリーム、マカロン、稲荷寿司、海苔巻き、餃子

マカロンイメージ

<4月のラッキーデー>

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
たった1粒のもみが万倍にも実り、素晴らしい稲穂になること。小さなことでも始めたことが何倍にも実る日とされるため、新しい物事をスタートするのにいい日。
【6日、15日、18日、27日、30日】

天赦日
年数回しかない、人間が知らず知らずのうちに行ってしまった行為や穢れを赦し、取り除いてくれる日。日そのものがパワースポットとなり、運を切り開いてくれる吉日。
【5日】

要注意! 4月16日から春の土用が始まります

この連載をずっと読んでくださっている方にはおなじみですね。4月16日~5月4日まで春の土用に入ります。土用というのは次の季節に移るための移行期間。自然も動物も人間も“調整”に入ります。そのため私たち人間はこの土用の期間、妙に眠かったり、やる気が起きなかったり、気分が落ち込んだりするのです。

この時期、体調を崩す人や頭痛に悩まされる人も増えます。忘れものをしたり、メールが届かないなどのトラブルもこの時期多発します。

でも、これは“自然の流れ”。土用の期間に無理をしてはいけません。

リラックスイメージ

土用の期間はゆっくりと過ごすことを心がけてください。ゆっくりと家でお茶を飲んだり本を読んだり……「Netflix」を楽しむのもいいですね!

世の中が緊迫しているときだからこそ、こうした“ゆったりとする時間”を持ち、しっかりと自分の持つ“気”を整えてくださいね。

2020年上半期、全体の運勢はこちらからチェック!

取材・文/中田ぷう

この記事のカテゴリー