目ウロコジャーナル

クマもくすみもハリ不足も全部解決!「血管ケア」とは?

2020.10.28

最近、ジワジワ増えている血管研究。注目の美肌アプローチ「血管ケア」について美容ライターが語る!

最近、ジワジワ増えている血管研究。注目の美肌アプローチ「血管ケア」について美容ライターが語る!

クマもくすみもハリ不足もすべて解決! 血管ケアという全能美肌アプローチ

化粧品がアプローチできるのは角層まで、医薬部外品であれば、表皮全体やその下の真皮までというのが、きまり。ただ、各社の研究をみてみると、もーっと広範囲に及んでいる。たとえば、真皮の下にある脂肪層や筋膜。そして、最近、ジワジワ増えているのが血管研究だ。

イプサが今、注目しているのは、細胞の中への酸素の供給量。細胞内に酸素がたっぷりあると、エネルギーが効率的に生まれて、すくすくと健やかな細胞が育つというのだが、これは肌細胞のまわりに酸素が届いている、というのが大前提。その酸素を運ぶのは血液で、血管はその運搬ルートだが、とくに肌は末端であり、距離は長く、ほっそーい毛細血管が要。ここが様々なストレスで弱れば、運搬力が低下し、酸素が不足。そこで、毛細血管の内皮細胞の強化を図る。

眼科領域からの発想、といういかにも目薬のロート製薬らしい研究から、新たに着目したのは、ペリサイトという毛細血管の収縮や弛緩にかかわる細胞。減少すると血流が滞り、血液内に酸素不足の環元型ヘモグロビンが増えて、血液が青みがかりそれが極薄の目元の皮膚から透けてクマとして見える。実際、クマの原因の52%は血管型という結果もあり、ペリサイトの増殖がクマ解決の一手に。

そして、プチプラブランドアルジェラン。血行不良が続くと、毛細血管まで血液が行き渡らなくなり、やがて消えかかったり、機能しなくなったりというゴースト化が進行。肌は不調をきたすため、お家芸である植物療法を活用。経皮吸収によって血行を促す成分とともに、わずか1.5秒で脳に届く精油の香りを利用して副交感神経を優位に。それにより、萎縮していた毛細血管が拡張し、ゴースト血管に血流を取り戻すことに成功した。

また、新たに資生堂はシミ部位の血管密度が高いほど、色素沈着が改善しにくいことを発見。もはや、血管と肌は、ある意味、表裏一体であり、強く健やかな血管こそ、新たな美肌の条件なのだ!

アルジェラン オーガニック認証 高保水化粧水/イプサ ME/アイクリアエッセンス

(左)アルジェラン オーガニック認証 高保水化粧水 180㎖ ¥1500/マツモトキヨシ
深いリラックスを誘う精油が香る化粧水。ウンシュウミカンのエキスとともにふっくら巡りよく。

(中)ME〈医薬部外品〉全8種 各175㎖ ¥6500(11/13発売)/イプサ
肌の酸素レベルに着目。肌タイプで選べる8種が揃う。

(右)アイクリアエッセンス 8g ¥7000/ロート製薬
独自の血管アプローチでクマやくすみを根本解決。

撮影/吉田健一 取材・文/楢﨑裕美

Edited by 大森 葉子