1. 実は甘えん坊!?ドラマ『恋つづ』で話題のイケメン【清原翔】が登場!

2020.04.30

実は甘えん坊!?ドラマ『恋つづ』で話題のイケメン【清原翔】が登場!

実は甘えん坊!?ドラマ『恋つづ』で話題のイケメン【清原翔】が登場!

1月クールのドラマ『恋はつづくよ、どこまでも』で御曹司の患者さんを演じ、話題を呼んだイケメン俳優ーー清原翔がVOCEに登場! 休日は部屋の掃除をしたり、晩酌したり……。付き合うと、彼女に甘えちゃう!? 彼に近況インタビューは必読!

【DRAMA:INTERVIEW】清原 翔

病院薬剤師・葵みどり役の石原さとみさんを筆頭に、西野七瀬さんや桜井ユキさん、井之脇海さんたちが、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描くドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』。連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマで、ひょんなことからみどりと出会う青年・小野塚綾を演じるのは、今ドラマやCMで大注目の若手俳優・清原翔さんだ。

主演の石原さとみさんとは今回が初共演ということで、「やっぱり緊張しますよね」と笑いながら話す清原さん。「僕が10代の頃からテレビに出演されているしそれを視聴者として観ていたので、今こうして一緒に演技をしているのがすごく不思議な感覚です。お会いできるなんて想像もしていなかったですし。でも、石原さんの印象はお会いしても変わらなかった。目の前にいて一緒に撮影をしているのにテレビを観ているような感覚でした。」

ドラマのタイトル『アンサング』は、“称賛されない”という意味を持つ。清原さんが最近、“アンサングヒーロー”=“縁の下の力持ち”だな、と感じた出来事はありますか? 「ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』のとき。僕は比較的セリフが少ない役だったんですけれど、それなりに存在感を出していただいたんですよ。きっとそれはカット割りだったり、色々なスタッフさんのおかげだったりするので、改めて支えていただいているんだなということを実感しました

前回に続き2クール連続で木曜劇場への出演を果たしている清原さんは、SNSでもファンの支持が厚い! #清原翔 #彼氏感 という検索ワードがバズっている件について「友達からその話はなんとなく聞きました(笑)。ありがたいですけれど、きっとちょうどいいんでしょうね。カッコいい人って芸能界にすごく多いじゃないですか。でも、そういう浮き世離れしているタイプではなくて、身近に感じていただける部分がいいのかなって思っています」。

そんな清原さんですが、実際に彼氏になったらどんな恋人になる? 「基本的に普段と変わらないけれど、彼女には甘えちゃうかもしれない。自炊をあまりしないので料理を作ってくれたらキュンとする。そういう部分で甘えちゃいますね。でも、買い出しとかは好きなんですよ。お酒を飲むのが好きなので、一緒に買い出しに行って晩ごはんを作って、晩酌を楽しめたりしたら最高です」

Q:撮影の休憩中にやることは?
A:YouTubeの視聴。水溜りボンドさんが好きなんですよ。面白い動画が毎日更新されるのでそれを常に追いかけています。

Q:最近のオフの日は何をした?
A:ちょうど昨日お休みだったんですけど、部屋の掃除をしましたね。気付いたら賞味期限が切れてしまった食べ物もあったりしたので、全部一気に整理しました(笑)。

Q:美容のために心がけていることは?
A:青汁を積極的に飲む。忙しいと野菜をきちんと摂れなくて肌荒れしやすくなってしまうんです。最近の青汁は美味しくて飲みやすいのでオススメですよ。

VOCE6月号 清原 翔

シャツ¥36000、パンツ¥39000/レ ショップ(マディソンブルー×レショップ)  靴/スタイリスト私物

【Profile】

清原 翔(きよはらしょう)
1993年2月2日生まれ。神奈川県出身。2013年、男性ファッション誌「MEN'S NON-NO」の専属モデルとして活動を始め、’16年に映画、ドラマへ活躍の場を広げる。NHK連続テレビ小説『なつぞら』、映画『PRINCE OF LEGEND』(ともに’19)、『サヨナラまでの30分』(’20)のほか、CMやMVなどに幅広く出演し話題を呼ぶ。今後は、ネット配信ドラマ『東京ラブストーリー』が4月29日よりスタート。

ドラマ:『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』

葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部で働く病院薬剤師。ベテラン薬剤師・刈谷奈緒子(桜井ユキ)の指示のもと、羽倉龍之介(井之脇海)や新人の相原くるみ(西野七瀬)らと仕事をこなしていく。〝縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)〞として患者のために奮闘する、病院薬剤師たちのヒューマンドラマ。(放送日未定)

撮影/MELON(TRON) ヘアメイク/長坂賢 スタイリング/庄将司 取材・文/高橋夏実

この記事のカテゴリー