1. 【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】自粛の過ごし方とこれからの世の中の動き。5月をどんな風に過ごしたら未来は開ける?

2020.05.01

【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】自粛の過ごし方とこれからの世の中の動き。5月をどんな風に過ごしたら未来は開ける?

【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】自粛の過ごし方とこれからの世の中の動き。5月をどんな風に過ごしたら未来は開ける?

風水に基づく開運アクションアドバイスが「怖いほど効果が現れる!」と評判の、風水心理カウンセラーの谷口令さん。風水アドバイス歴40年以上で、そのカウンセリング数は1万件以上という谷口さんに、5月の気の流れと開運アクションを聞いてきました。

たまりにたまった世の中の膿が吹き出し、大きな禊(みそぎ)が始まりました。

4月に発令された緊急事態宣言。今、世の中が驚くようなスピードで変化していっています。今年のはじめにお伝えしたように、本来であれば“七赤金星”の年というのは、楽しい年です。しかし今回のコロナウイルスの猛威……難しいお話をこの連載では避けていましたが、今年2020年は「庚子の年(かのえね)の年」と言って、物事の価値観が180度変わる可能性がある年でもあるのです。

【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】自粛の過ごし方とこれからの世の中の動き。5月をどんな風に過ごしたら未来は開ける?

それに加え、今までの世の中の乱れに乱れきった気がもう耐えきれなくなったのでしょう。気というのは、陰と陽のバランスをとても大事にします。でも見ていてわかりますよね。今の世の中は「陰」と言っては語弊がありますが、“汚れたものの比重”が大きすぎる……そのためとうとう気のバランスが大きく崩れ、こうして一気に世の中の「膿(うみ)」がふき出してきたのだと思います。

私個人の考えとしては、これはある種の大きな禊だと思っています。ちなみに前の「庚子の年」は1960年。

日本では安保闘争が起こり岸内閣が総辞職に追い込まれたり、若きジョン・F・ケネディが大統領選に勝利したり……長年愛される商品(自動車の「セドリック」や東急ホテル、缶ビール、日本初のインスタントコーヒーなど)が世の中に出るのも「庚子の年」の特徴です。そのため今後長年、人類に必要になるであろうコロナウイルスのワクチンの開発も近いのではないかと思っています。

【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】自粛の過ごし方とこれからの世の中の動き。5月をどんな風に過ごしたら未来は開ける?

この「庚子の年」は本当に驚くようなスピードで今までの価値観が崩されていくのも特徴です。現にこの数カ月の間で、リモートワークになった人もたくさんいらっしゃるでしょう。このあともさまざまな変化が現れると思います。

  • 今まで正しいと思っていたことが実は違った
  • 人間関係が大きく変わる
  • 興味を持っていた分野にまったく興味が持てず、今までまったく興味のなかった分野に興味を持つようになった……etc.

でも、こうした“変化”を経て、人というのは本当に大切なモノ、人が何かわかってきます。それと同時に“本質”というのも暴かれてくるんですね。

大変ではありますが、この大きな禊はある意味、自分自身を磨くチャンスでもあります。

自分自身の「気」をしっかり上げていきましょう

ではこの禊の時期を乗り切るにはどうしたらいいか。自分自身の「気」のパワーを上げていくしかありません。そのためにもいちばん有効なのが不必要なものを捨てる断捨離と玄関、水周りの掃除です。

自粛期間ですから、ぜひやってください。

なぜこれらがいいのか。不必要なもの、使わないものというのは「負の気」を持ち、家の中に置いているとあなた自身の気を侵食していきます。侵食されるとどうなるか。あなたの気のパワーが弱まり、悩みやすくなったり、下手をすると病気を招いてしまいます。だからこそどんどん不要なものは捨ててください。

そしてもちろん部屋全体を掃除してほしいのですが、中でも気を左右する玄関、水周り(トイレ、台所のシンク、お風呂場)はこまめに掃除することが大切。

【風水心理カウンセラー・谷口令の引き寄せ開運アクション】自粛の過ごし方とこれからの世の中の動き。5月をどんな風に過ごしたら未来は開ける?

そして部屋の換気をするときに、ぜひ音楽を流してください。音楽というのは今でこそ文化の1つですが、元々は神様へ捧げる祈りのために作られたもの。換気と一緒に音楽を流すことで、淀んだ気を浄化してくれますよ。

こうした淀んだ気の浄化の仕方や、自分の気のパワーを上げる方法をもっと知りたい人は、私の『厄を味方につける本』をご覧になってみてください。

厄を味方につける本

Amazonで購入

『厄を味方につける本』
■2019年11月19日発売
■本体 ¥1400

5月は五黄土星の月。自分の九星に合った方法で気を上げていきましょう

そして5月ですが、五黄土星が司る月になります。五黄土星という九星は、陰と陽の比率を半々に持つ星です。そのため、バランスをとても大事にします。つまり、あなたの九星らしく過ごすことが大切です。各九星に合った過ごし方は以下。

▶︎自分の九星がわからない人はこちらへ

●一白水星:湯船に入ることで気が上がります。水の気を養うことが気をあげるので、水分補給もこまめにしてください。

●二黒土星:家族と楽しく過ごすことが気を上げます。帰省できずとも、電話をして声を聞いたり、故郷に何かおいしいものを送ったりしてみてください。

●三碧木星:好きな音楽を聞くことで気を整えます。そして今は立ち回らず、アフターコロナにどうするかを考える時間に当ててください。

●四緑木星:メールなどでこまめに友達や家族と連絡を取ってください。そして返信があったら先延ばしにせず、すぐ返事をすること。このやりとりが気を整えます。

VOCE

●五黄土星:まわりへのやさしさがいい気となってあなたに返ってきます。このコロナ騒動で元気がない人がいたらLINEで声をかけてあげたり、オンライン飲みに誘ってあげて。

●六白金星:朝、必ず太陽の光を浴びて気を充電して(くもりや雨の日はお休みですよ)。また時計のきれいを意識してください。ほこりをかぶっていたら払ってください。

●七赤金星:こんなときでも笑顔を忘れないことが大切。笑うことが気を上げますから、お笑い番組を見たり、動物や赤ちゃんの笑える動画を見て1日1回笑ってください。

●八白土星:小さな変化を起こすことで気を上げて、いつも飲んいるコーヒーや紅茶の銘柄を変えてみるだけでも構いません。

●九紫火星:本を読むことやネットで映画を見ることが気を上げます。ただし、あくまでも読了後、視聴後、気分が明るくなる作品を選んでください。

VOCE

<5月の開運アクション>

◆ラッキーコスメは米ぬか系洗顔フォームやクリーム、マスク
ペパーミントやスイートマジョラムが吉。アロマオイルやバスソルトで楽しんで。
◆ラッキーカラーはイエロー。ファッションはもちろん、ネイルやアイシャドウでも取り入れて。気のパワーを上げますよ。
◆ラッキースポットはリビングルーム(今月も外出は控えることになりそうなので、おうちの中のラッキースポットを紹介します)
◆食べて体の中から開運する食風水は、キムチ、納豆、甘酒など発酵食品。ワインやヨーグルトもいいですよ。

VOCE

<5月のラッキーデー>

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

たった1粒のもみが万倍にも実り、素晴らしい稲穂になること。小さなことでも始めたことが何倍にも実る日とされるため、新しい物事をスタートするのにいい日。

【12日、13日、24日、25日】

2020年上半期、全体の運勢はこちらからチェック!

取材・文/中田ぷう

この記事のカテゴリー