1. 大人気スタイリスト、小山田早織さんがおすすめする、見た目、着心地パーフェクトな今どきリラックスウェア5選【短期集中連載③】

2020.05.06

大人気スタイリスト、小山田早織さんがおすすめする、見た目、着心地パーフェクトな今どきリラックスウェア5選【短期集中連載③】

大人気スタイリスト、小山田早織さんがおすすめする、見た目、着心地パーフェクトな今どきリラックスウェア5選【短期集中連載③】

VOCE連載「select shop OYAMADA」でもおなじみ、ファッションをロジックで語る大人気スタイリスト、小山田早織さん。全方位において手際よく、効率的にオシャレを楽しんでいる彼女がおすすめする、イケてて機能的な“リラックスウェア”をご紹介します。短期集中連載3回シリーズ、一旦最後となります!

お家で過ごす時間はできるだけストレスフリーでリラックスできるルームウェアに包まれていたいものですよね。とはいえ、着古したスウェットにジャージーじゃやっぱり味気ないし上がらない。なかなか外出できなくてもオシャレは楽しみたいっていうのが女子の本音。またリモートワーク中でのオンラインミーティングや友達とのオンライン飲み会などが増えた今、そういったシチュエーションはどう対処する? という新しい悩みもあります。

オンラインミーティングやオンライン飲み会で画面に映るのは上半身。ということは、下半身は気にせず、ぱっと見て上半身がきちんとしていたり、可愛ければOKということ。さらにこういう時期だからこそ気分が下がりがちな黒は避けて、落ち着いているけどスタイリッシュでシックなチャコールグレーが自分にとっても相手にとってもいい気がします。

そういったことを踏まえて、今おすすめしたいリラックスウエア5コーデをご用意しました。

シンプルなボーダーとレギンスの組み合わせ

シンプルなボーダーとレギンスの組み合わせは、何も予定がなく、とことん家でリラックスしたい時にぴったり。サーマル地のトップスは乾燥機にかけても首まわりがよれず、しっかりした作りが最大の魅力。ほどよいフィット感で着やせ見せも叶えてくれます。レギンス1枚でいられるのはおこもりの特権。そのまま軽い運動やストレッチだってできちゃいます。最強楽ちんコンビで、心底リラックスしてみてください。

トップス:無印良品 レギンス:GU

薄手ニット

スウェットやロンTに飽きたら、シワになりにくい薄手ニットの出番。オシャレ感もぐんとアップするし、“お家”っぽさが少ないのもいいですよね。リラックス効果はそのままにタンクトップを重ねたり、全身をワントーンでまとめたり、自宅にいながらスタイリングそのものをあれこれ楽しめるのも嬉しい限り。お気に入りの着こなしで素敵な時間を過ごしたいもの。

ニット:ドゥージーエムクラス タンクトップ:SLY  リブパンツ:GU

Tシャツ×デニムに、防寒を兼ねたシャツを軽く羽織って

オンラインミーティングにおすすめしたいコーディネートがこちら。自宅作業中はTシャツ×デニムに、防寒を兼ねたシャツを軽く羽織って。ミーティングが始まったらボタンをさっと留めるだけ。仕事に関わらず、テレビ電話やオンライン飲み会など上半身だけが映るシチュエーションにも対応可能。ぜひとも覚えておきたいテクニック。

シャツ:J CREW  デニム:シンゾーン Tシャツ:エアリー

ルームウエア セットアップ

普段は着ないような可愛らしい色や柄に挑戦できるのもルームウエアの醍醐味。着心地抜群なセットアップはあえての甘めなラベンダーカラーをチョイスして。中にTシャツをレイヤードすれば、ちょっとしたアレンジも楽しめて一石二鳥。部屋着っぽさも薄れます。今まで苦手意識のあった色が実は似合ったなんて嬉しい誤算もあるかもしれません。

セットアップ:GU  Tシャツ:ヘインズ ブルーライトカットメガネ:JINS

VOCE

これ1枚で可愛くおしゃれに仕上がり、ストレスフリーで楽チンといえばワンピースの右に出るものはなし。シワになりにくく丈夫でトレンド感もあるサーマル素材を選んで、ワンランク上のルームウエアを極めたいもの。ワンピース自体が甘いアイテムなので、色はシックなほうが高見えを実現。中にレギンスを合わせたり、ソックスで遊んでみたり、自分らしい着こなしを見つけてみるのも楽しいですよ。

ワンピース:Ungrid

Profile/小山田早織
モデル、タレント、女優、アーティストからの指名も多数の人気スタイリスト。数々の人気ファッション誌や広告、ショーのスタイリングを手がける一方で、日本テレビ『ヒルナンデス!』で支持を集め、花王「エマール」のCM出演も話題に。2020年9月に自身のプロデュースブランドEzickを立ち上げ予定。著書『身の丈に合った服で美人になる』『もう通勤服に悩まない』(講談社)
Instagram@saorioyamada

構成/飛谷朋見

この記事のカテゴリー