1. 【Dior】カプチュール トータル×板谷由夏。美しさの源は、あふれるエネルギー[PR]

2020.05.22

【Dior】カプチュール トータル×板谷由夏。美しさの源は、あふれるエネルギー[PR]

【Dior】カプチュール トータル×板谷由夏。美しさの源は、あふれるエネルギー[PR]

ディオールの新ライン「カプチュール トータル セル ENGY」のアンバサダー、板谷由夏さん。伝統の上に革新を重ね、進化を続けるパワー。その相通ずる魅力に、板谷さんとプライベートでも交流の深い美容エディターの松本千登世さんが迫ります。

板谷由夏さん

ドレス ¥1150000/クリスチャン ディオール(ディオール)

アンバサダー板谷由夏さんと美容エディター松本千登世さんが、ディオールのスキンケアを語ります

板谷由夏さん

【板谷さん】ブラウス¥200000、スカート¥230000/クリスチャンディオール(ディオール)

>>Profile

板谷由夏 ―Yuka Itaya―
女優として、TVや映画、舞台、ラジオ、CMと幅広く活躍。『映画工房』(WOWOW)ではMCを務める。『天使にリクエストを〜人生最後の願い〜』(NHK総合)に出演予定。

松本千登世 ―Chitose Matsumoto―
美容や人物インタビューを中心に活動。「ディオールが切り拓く現代の女性像は、まさに板谷由夏さんと重なります。のびやかでみずみずしい、そんな人、そんな肌でありたいですね」

「エネルギーに満ちた強さを持ちながらフレッシュで、クリアで。カプチュールの世界観、素敵です」
先進の科学と自然の力と。カプチュール トータルについて聞けば聞くほど、重みとパワーに圧倒される思い。そして目指す女性像は、フレッシュでクリアで自然体で、だからこその「強さ」を秘めている……。目まぐるしく変わるこの世の中で30年以上も変わらない信頼感があるのは、常にアップデートしているからなんですね。私もそんな人でありたいな、と思います。

「『自分が主役』から解放されると世界が広がる。肌と向き合うことを楽しむ余裕もできるはず」
毛穴やシワを見つけては焦ったり、落ち込んだり……VOCE読者の皆さんは、肌も気持ちも揺れ動きがちと聞きました。きっとVOCE世代の方々はつらいと思うんです。それは、“自分が主役”だから。“自分に一生懸命”だから。でも、実はそうじゃない。他に視線を転じてみれば、世界が広がり、肌やスキンケアとの距離感も変わってくるはず。自分らしく、そして周りも大切にしながら毎日を過ごせたら、お肌のお手入れももっとリラックスして、楽しめるようになるんじゃないでしょうか。それに気づくのは早ければ早いほどいいのかな、と思います。

「人に対しても物に対しても、そして自然に対しても五感が何より信じられる!『肌で感じる』ことを大切にしたいんです」
手で目で耳で触れること。つまり、肌で感じることには、説得力があるし、信用できると思うんです。その感覚をなくしたくない、と。デジタルの便利さには助けられるけれど、一方で踊らされたり乱されたりすることが増える気がして。だから、家族にしても仕事にしても、すべてに対して「誰かに会う」「どこかに行く」「何かに触れる」をきちんとしたい。それが前向きなエネルギーへとつながるはずだから。

「体調も心調もすぐに出る。だから、肌と『どんな状態?』『何が必要?』と対話しながら、年齢を重ねたい」
あるがまま、つまり、笑ったり泣いたり、自由な表情でいられるような肌でありたい、と思います。そのためには肌との対話が、大事。そのときどきの「この状態は何ゆえか」みたいなことを見つめるしかないと思うんです。自分の体であり、心であり。だからこそ体調や心調がすべて肌に出る。肌に教わることって、多いですよね。まずは自分を見極めて、欲しがっているものをチョイスし、ゲットできる感覚を持って年齢を重ねたいですね。

板谷由夏さん

◆長年のお付き合い。美容エディター 松本千登世から見た板谷由夏ビューティ

―Dear Yuka from Chitose―
出会いから15年以上。その人生に触れるたび、会っても会っても会い足りないと感じます。彼女はいつでも誰に対しても上機嫌。ただ、決して表や光など目に見える側面だけを捉える人じゃないんです。裏や影にも思いを馳せ、直感して思考して想像してネガティブをポジティブにするエネルギーに変換する。きっと心に上質な筋肉があるんですね。この人に会うと芯からエネルギーが芽生えるのはそのため。これこそが板谷由夏の美しさ。

健康的な美しさと心。先進科学と植物の恵み。美を生むエネルギー「ディオール カプチュール トータル セル ENGY」

カプチュール トータル セル ENGY スーパー セラム

カプチュール トータル セル ENGY スーパー セラム 30ml ¥13000/パルファン・ クリスチャン・ディオール

91%が自然由来成分。フローラル コンプレックスに加え、独自の次世代ヒアルロン酸であるアセチルヒアルロン酸を豊富に配合。瞬時に、そして重ねるほどに、輝きに満ちる。

細胞に関して30年。幹細胞に関して20年。時代に先駆け、美容の領域を超える先進研究を極めて、数々のイノベーションを重ねてきたディオール。その象徴であるカプチュールは、初代誕生の1986年以来、なんと35年にわたって進化に進化を重ね、そのたび、エイジングケアの常識を塗り替え、美容のプロたちを色めき立たせている存在だ。その最新理論は、幹細胞の数とその潜在的なエネルギーへの着目から生まれたもの。年齢を重ねても数は変わらない一方、エネルギーが半減するという事実を発見したのである

そこで誕生したのが、ディオールが誇るエイジングケアシリーズ、カプチュール トータルセル ENGY。キーとなるのは、1667種類もの成分のスクリーニングから厳選された、類稀なる可能性を秘めたマダガスカル産ロンゴザ、ピオニー、ホワイトリリー、ハゴロモジャスミンの、4種の花の成分から成る独自のフローラル コンプレックス。さらには、独自の方法で、この成分を肌のすみずみまでデリバリー。スターアイテムであるセラムはもちろん、クレンザーからクリームまでトータルに働きかけることで、朝も夜も、今日も明日も、ツヤとハリで満たすのだ。

まさに、板谷さんが言うところの、傍らに置いておきたい「心強い」存在。自然由来成分へのこだわりも、環境に配慮したパッケージも、今求められる美しさのために。美を生み出すエネルギーが、ここに! by Chitose Matsumoto

※20歳と40歳の幹細胞を用いた試験管内試験におけるATP生成データに基づく

板谷由夏さん

「自然と湧いていたエネルギーが意識しないと湧いてこない気がしてきて。さぁ、これからどうする?って」
最近、これまで踏んばらなくても湧いていたエネルギーが、踏んばらないと出てこないのを感じていて。勢いでできたことも、それだけではできないこともどんどん増えていくだろうな、と。だから、今までのことを分析し直して、40代、そして50代、60代に向けてきちんと「モチベーション」を意識して先に進みたい、と思っています。

「女として、人として、生き物として。『美しくなりたい』というより、『美しくありたい』と思うの」
「結婚したい」は目標ではなく「一緒に生きたい」が積み重なった延長線上にあるもの。美しくなりたい、も似てる気がするの。だから私は、「美しくなりたい」よりも「美しくありたい」。今、美しい、という気持ちを大切にしたいと思うんです。

「人と会うと元気になれるし、私もそんな存在でありたい。いつでもこうして助けてくれるカプチュール トータルがあると心強いですね」
幹細胞にエネルギーがあふれ、まわりの細胞の機能にも影響を与える。だから、カプチュール トータルを使うと、あっという間に美肌になれてしまうんですよね? 私、人が大好きなんです。元気がなくても、人と一緒にいると、元気になれる。会いたいと思う、知りたいと思う。すると、その人も、会いたいと思ってくれる、知りたいと思ってくれるんじゃないかな、って。それって、まさに、エネルギーを生み、循環させてくれるカプチュール トータルみたいなイメージ。これからの人生の傍らに、自分を助けてくれる化粧品があると思うと、本当に心強い。ずっと「今、美しくありたい」を叶えてくれる気がします。

◆触れた人からエネルギーが広がる。板谷由夏さんとカプチュールの「共通点」

幹細胞はわずか、0.2%。その「源」が肌全体のエネルギーをコントロールしている!? まるで板谷由夏という人みたいだと思いました。彼女に触れると、不思議とエネルギーが生まれる、エネルギーに溢れる。触れるたびに、それが自分自身のものになる。こうしてエネルギーが広がることで、まわりまでも強くしなやかな美しさに包まれるのです。年齢を重ねるほどに美しさが育つ。板谷さんがそうであるように、私たちもカプチュールを傍らに置いて、自分を育みたい、そう思います。by Chitose Matsumoto

カプチュール トータル セル ENGY ラインナップ

肌に触れた途端、一体化する官能的なテクスチャー。ケアするたびに包まれるほのかな香り。アイテムごとの仕上がりも、ステップを重ねたときのシナジーも、日々のスキンケアが待ち遠しくなるほど。ぱっと明るく、もっちり吸い付くような肌印象は、今という時代が求めるヘルシーな美。

〈左から〉
カプチュール トータル セル ENGY クレンザー 150ml ¥5000
同ローション 175ml ¥6800
同スーパー セラム 30ml ¥13000
同クリーム 50ml ¥13000
同アイ クリーム 15ml ¥8400
/すべてパルファン・クリスチャン・ディオール

撮影/中川真人(CUBISM) ヘア/MATSU KAZ(3rd) メイク/Akiko Sakamoto(3rd) スタイリング/辻直子(人物)、山本瑶奈(静物) 取材・文/松本千登世

提供/パルファン・クリスチャン・ディオール
03・3239・0618
dior.com

この記事のカテゴリー