連載 EXITりんたろー。美容道

【腸活のオーソリティ鈴木啓太×りんたろー。対談】冷えは大敵。生活習慣を変えれば、腸は元気に!【連載85回】

公開日:2022.07.20

【腸活のオーソリティ鈴木啓太×りんたろー。対談】冷えは大敵。生活習慣を変えれば、腸は元気に!【連載85回】

プロサッカー選手時代に自身を支えてくれたファンに恩返しをするため、「健康を腸からつくる」事業を立ち上げたAuB(株)代表取締役・鈴木啓太さん。そして、研究統括責任者の冨士川凛太郎さんから、腸の重要性と便のチェック法のレクチャーを受けたりんたろー。さん。今回は“いいうんち”=“元気な腸”をつくるための生活習慣について教えてもらいました。

【腸活のオーソリティ鈴木啓太×りんたろー。対談】冷えは大敵。生活習慣を変えれば、腸は元気に!【連載85回】

プロサッカー選手時代に自身を支えてくれたファンに恩返しをするため、「健康を腸からつくる」事業を立ち上げたAuB(株)代表取締役・鈴木啓太さん。そして、研究統括責任者の冨士川凛太郎さんから、腸の重要性と便のチェック法のレクチャーを受けたりんたろー。さん。今回は“いいうんち”=“元気な腸”をつくるための生活習慣について教えてもらいました。

腸は冷えが苦手! 冷たいものを飲んだ日は湯船につかる

鈴木啓太さん(以下、敬称略)うんちのチェックをし始めると、『腸をととのえる生活をしよう』って思うようになると思います」

りんたろー。さん(以下、敬称略)「それは本当に思いました。もう、いいうんちを出すために、食事を変えていかなきゃって思いましたもん。腸の状態をよくするには、食事を変えるのが一番ですよね?」

啓太「もちろん食事は大事です。でも、気づいていない人も多いですが、生活習慣をととのえることも重要です。特に、冷えは腸に、とてもよくないんです」

りんたろー。「冷え? それ、ノーマークでした!」

冨士川凛太郎さん(以下、敬称略)腸内細菌が活性化するのは、お腹の深部体温で37℃です。この温度のときに腸の働きが活性化されて菌が増え、腸の調子がよくなります。だから、私たちが実験で菌の培養する際も、この温度にしてるくらいです」

【腸活のオーソリティ鈴木啓太×りんたろー。対談】冷えは大敵。生活習慣を変えれば、腸は元気に!【連載85回】

りんたろー。「体温より、少し高めくらいの温度なんですね。じゃあ、氷入りのお酒とかはダメなんでしょうか? 焼酎の水割りを飲みがちなんですけれど」

啓太「腸のためにはお湯割りのほうがいいですね」

りんたろー。「僕、お酒でもノンアルでも冷たいものが好きで。コップの一番上まで氷を入れて飲んじゃうんです。お湯割りか……」

冨士川冷たいものを飲んだら、最後は温かい飲み物で締めるように工夫をした方がいいかもしれません。それから、特に冷たいものを飲んだ日は一日の終わりにお風呂に入ってお腹をゆっくり温めてから寝てください

りんたろー。「お風呂か! 夜寝る前にメイクを落としてスキンケアまではやってます。でも、疲れている日は湯船にはつからずにシャワーで終えちゃってました。腸のために、今日から一日の終わりには湯船につかるようにします!」

次ページ
朝、起きてすぐにすべきこと

Serial Stories

連載・シリーズ