1. 【目ウロコジャーナル】オンライン映え&マスクメイクに役立つコスメたち

2020.05.27

【目ウロコジャーナル】オンライン映え&マスクメイクに役立つコスメたち

【目ウロコジャーナル】オンライン映え&マスクメイクに役立つコスメたち

にじみにくいマスカラ、色移りしにくいリップなど、マスクメイクに役立つコスメや、オンライン映えのヒントを美容ジャーナリストの近藤須雅子さんが解説!

美容ジャーナリスト:近藤須雅子さん美容ジャーナリスト 近藤須雅子

目ウロコジャーナルの記事をもっと読む▼
【目ウロコジャーナル】「クリーンビューティ」が今、アツい理由

美容ジャーナリスト目線で見た“目ウロコな事情”
自粛生活、#Stay Homeこそビューティ魂に火をつけて

COVID-19のパンデミックによって、突然訪れたウイルス防戦生活。日常的なマスク着用に、テレワークのビデオ会議、外出自粛のオンライン飲み会などなどの初体験に、日々発見、目ウロコの連続だ。

趣味で細々とやってるインスタでも、マスクに色移りしにくいリップやファンデをポストしたら、イイネやDMでちびバズが発生。自粛生活でコスメ選びの基準まで影響を受けているなんて、プチ目ウロコだ。マスク着用時はどうしたってアイメイク勝負になりがちだけど、アイカラーやラインにリキを入れすぎると普段以上に怖いので、注力すべきはマスカラ、という結論に。マスクからもれる息にもへたらず、にじまない優秀品を確保しておこう。

さらに、ビデオ会議やオンライン飲み会では、相手の目線で自分の顔をリアルタイムで見せつけられ、ブスな表情グセやデブな姿勢に気づいたり目ウロコがボロボロ。モニター画面では小ジワやシミなんてほとんど気にならず、逆にむくみや眉のメイク跡がやたらに目立つのも、新たな発見だ。どうやら平面的な印象が強調され、面メイクの仕上がりが際立つよう。むくみはあらかじめクール系マッサージやマスクで解消し、眉は最後にていねいにぼかしこんでおきたい。

いずれにしても、リアルな世界よりも顔や表情の印象が圧倒的に強大に。コロナ後もビデオ通話が一般化すると見られるから、仕事でもプライベートでも表情やしぐさを含めたビューティのプロデュース能力がますます重要になるのは確実だ。VOCE読者のみなさん、今こそ、ビューティ魂をめらめらと燃やすとき!

SPステイ マットインク

SPステイ マットインク 全20色 各¥1500/メイベリン
マスクに色移りせず、くずれが最小限のコスメに注目が。中でもSPステイのリキッドリップやリップペンシルは驚愕の強靱さ。がっつり発色なので、少量をぼかしこんで。

アイプチ® ビューティ マスカラ

アイプチ® ビューティ マスカラ ¥1200/イミュ
マスク着用で注目の集まる目もとを、優秀なフィット力で自然にアピール。

撮影/藤本康介 取材・文/近藤須雅子

この記事のカテゴリー