連載 COVER BEAUTY

【田中みな実】「今年で36歳。リアルな自分から目を背けないと決めています」

更新日:2022.07.27

【田中みな実】「今年で36歳。リアルな自分から目を背けないと決めています」

タレントとしてバラエティで活躍し、写真集も大ヒット。現在は俳優業に進出し、2021年には映画の主演を務めるまでに。田中みな実さんの“俳優”としてのスタンスを伺いました。

【田中みな実】「今年で36歳。リアルな自分から目を背けないと決めています」

タレントとしてバラエティで活躍し、写真集も大ヒット。現在は俳優業に進出し、2021年には映画の主演を務めるまでに。田中みな実さんの“俳優”としてのスタンスを伺いました。

女優進出、そして田中みな実はどこへ行く?

子どもを50人も産めないのとおなじで、愛情を注げる仕事はそんなにたくさんは抱えられない。私が不器用なだけなんだけど

2019年に発売された写真集が60万部突破。世間が驚く中、俳優業にも進出した。その後は数々のドラマや映画に出演し、2021年には映画の主演を務めるまでに。

「俳優業は、いくつになっても続けられる、どこまでも可能性のある仕事だと、まだまだひよっこの私はそんなふうに感じています。切り売りではなく、ゼロから生み出す作業。求められることが役によって多種多様で、天井がないような感覚も新鮮です。しんどいと感じることは山ほどありますよ。わからないことがわからないストレスや、いつまでも手探りな感じとか、ずっと年下でキャリアのある役者さんが、年上の私に現場で気を使ってくれちゃったりね。変に名前が知られていることで、それが作品の邪魔をすることもあるけど、名前が知られているから新人の私でも役をいただける。感謝しないといけませんね」

俳優業にタレント業、雑誌でのモデル業。共通してるのは愛が強めのスタンス。

「仕事に優劣はありません。お引き受けした仕事には、すべて責任を持って愛情深く取り組みます。だから、同時にたくさんの仕事を抱えることができないのかもしれない。写真集も、生涯1冊。そう決めて、そこへ全力で愛を注ぎました。子どもを50人も産めないのとおなじで、深く深く愛情を捧げる仕事をたくさんは抱えられない。私が不器用なだけなんですけどね。大切なものは少ないほうが、安心するみたいです」

活躍の場が広がっても慢心しない。それを支えているのは両親からの言葉。

「局アナの頃から、両親は『こんなふうに活躍できるのは皆さんのおかげね。有り難いね』と口癖のように言っています。ドラマの撮影が早朝から深夜にまで及んで大変だと話しても、『じゃあ、スタッフさんはもっと大変なのね。感謝しないとね』って。いつだって私が慢心しないように、感謝の気持ちを忘れないように、30代半ばになった娘にも釘を刺してくれるかけがえのない存在です」

美容雑誌に出たことはキャリア構築のうえで転機だったと彼女は分析している。

「読み手として毎号楽しみにしていた美容の雑誌に出させていただくようになると、美容好きであることが周囲に認知されました。すると、途端に番組にキャスティングされるたびに美容の話を求められ、美容の人として私を知ってくださる方が増えました。ぶりっ子キャラ、あざとい、美容の人……自分は何ひとつ変わっていないのに、世間の評価は変わってゆく。面白い現象ですよね、本当に。ビューティ誌に出始めた頃も、今も、その前も、美容が好きな気持ちに変わりはないのに。大学生になってメイクを知り、コンプレックスと対峙できるようになって、局アナ時代に肌荒れを起こしてあらゆる化粧品を試した結果、スキンケアの知識がものすごく増えました。

美しくいられることで、自信が持ててベストなパフォーマンスを尽くせる。だから健やかな肌、美しさを手に入れたいと人一倍強く望むようになったのかもしれません。好きな雑誌で美容愛をお話しさせてもらえているだけで浮き足立ってしまうのに、こうして表紙に起用していただけるなんて、私にとっては夢のまた夢のような話で。今回の特集に関しては、多くのページ数を割いていただいたからには読者のみなさんにとって有意義で新しい情報満載のページにしたい!という使命感に駆られ、前のめりにあれこれ提案。編集部にたくさんの無理を聞いてもらって、今の私のすべてを余すところなくご紹介できることになりました。楽しんで読んでもらえたらそれが何よりの幸せ! ひとつでも参考になることがありますように」

美容好きとして、そして、ひとりの働く女性として。彼女が未来に思うこと。

「リアルな自分から目を背けないと決めています。今年で36歳。今後はエイジングサインが顕著になって落ち込むことが増えるかもしれない。でもそこを見過ごしたり、諦めることはしたくないって思うんです。“急に老けちゃう”ことってないんですよね。変化は突然に起こるものではなく、じわじわおとずれるもの。たるみやシワなどの変化を敏感に察知して、その都度対処して思いっきり抗っていきたい!(笑)

今日の撮影中もなんだか口まわりが下がったような気がしたから、帰り道にマスクの下で口輪筋の体操をしなければと自分に活を入れています。エイジングは誰にでも平等におとずれる。ならばできるだけ緩やかに美しく年齢を重ねていきたいと思っています。おばあちゃんになっても、抗うわよ! ちょっとふっくらしたほうがシワが目立たない?って水分を増やしてみたり、トレーニングや美容にもいっそう熱が入りそう。美容は自分をずっと好きでいるため、また、前向きなマインドを保持するために欠かせない、私の尊い習慣です」

田中みな実さん

MAKE-UP ITEMS

【BASE】

【EYE】

【CHEEK】

【LIP】

【NAIL】

\田中みな実さんのこちらの記事もチェック!/

撮影/柴田フミコ ヘアメイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリング/西野メンコ モデル/田中みな実 取材・文/中川知春 構成/鬼木朋子

Edited by 松本 薫

公開日:2022.07.26

Serial Stories

連載・シリーズ