1. 再発見にほんのいいもの 和の植物やコスメで疲れやストレスOFF!

2015.12.27

再発見にほんのいいもの 和の植物やコスメで疲れやストレスOFF!

ハーブ、生薬、漢方…、興味はあるけれど何を使っていいかイマイチ分からない。本物の情報を取り入れて、心から身体からキレイに!

再発見にほんのいいもの 和の植物やコスメで疲れやストレスOFF!

はじめまして。植物療法士・漢方養生指導士の和田真季です。
主にオーガニックナチュラルの美容健康製品や情報をお取扱いする会社の代表、療法士として活動しております。

オーガニックやナチュラル、ハーブや生薬や漢方。「よさそうだけれどわからない。」「試してみたい。」というお声をよく伺います。そこで種類や背景に加えて、具体的なアイテムもご紹介して、お伝えできればと思います。主に今見直されている日本のものを中心に、キーワードは五感に働きかけるビューティ♡

さて、早速ですが今回は“ストレスケア”についてです。いろいろなお悩みのご相談をいただきますが、その原因のひとつがストレスであることが多いように思います。忙しい年末年始の心身の疲れがとれますように。

ストレス→イライラ・不眠…をアロマでケア!

今や定番のアロマセラピー。実は脳に作用し心身に働きかけてくれること、ご存知でしょうか。嗅覚は人の感情のコントロールや、免疫系、内分泌系を司り、自律神経の活動や記憶に関与する大脳辺縁系に直接届きます。ご自身の状況に合わせて正しい精油、使用法を選べば、お悩みにもしっかりとアプローチしてくれます。
ストレスによるイライラなどには芳香浴(香りを嗅ぐ)方法がお勧めです。

今回はTHERA(テラ)のぽんかんの精油をご紹介。

THERA(テラ),ぽんかんの精油

こちらの精油は自然の恵みが豊かな屋久島のぽんかんから蒸留したもの。

ワイルドクラフト農法で育てられたオーガニックのぽんかんは屋久島の特産品ですが、加工品にされたものの果皮や傷のついたものはこれまで捨てられておりました。そちらをいただき、水蒸気蒸留法で蒸留したものです。大学での研究の結果、光毒性の原因となるフクロマリンの含有はほぼなく、リモネンが91%。鬱滞緩和、リラックスに是非お勧めしたい精油です。
アロマディフューザーで香りを楽しんでいただいてももちろん良いですし、ティッシュやハンカチに1滴垂らして、お出掛けに、枕元に。

ストレス→肩こり・腰痛など…アロママッサージでケア!

やわら香,コリトリ

同じく屋久島の“やわら香”さんの精油をご紹介。その名も“コリトリ”。
屋久島地杉の枝葉、上記のぽんかん、岐阜の水目桜、鹿児島の精油、北海道の薄荷と、痛みを緩和するといわれているすっきり爽快な精油のブレンドとなっています。サリチル酸メチルを多く含む水目桜(みずめさくら)。珍しい精油ですが湿布の様な香りがいたします。(効きそう!)
芳香浴も良いですが、アロママッサージへのご使用がお勧めです。
屋久島の“やわら香”さんのサロンでは、フットマッサージへの使用が人気だそうです。スポーツの後や凝りの辛い時に。私はパソコンに向かう前後に肩をしっかりマッサージするのに使っています。

マッサージの際はキャリアオイル(ホホバオイルやマカダミアナッツオイルが扱いやすいです。キャリアオイルについてはまた別途詳しくご案内予定!)に混ぜてご使用ください。ボディマッサージの際は1%に希釈。(原液をお肌に塗らないように!)15mLのキャリアオイルに3滴が適量です。(お肌の弱い方などは量を減らして、必ず事前にパッチテストをお勧めいたします)

ストレス→冷え、婦人系のお悩み…の際は漢方風呂に!

もう、本当に、疲れた!という方にお勧めなのがこちらの薬湯。

ヤマトトウキ,薬湯

生薬や薬学文化の発祥地である奈良の製薬会社さんがつくられたもの。まるで漢方薬に漬かっているような、感覚です。
10種の生薬がブレンドされておりますが、その中で1つご紹介。ヤマトトウキという生薬、冷え性や疲れにも効果的で、婦人系のお悩みにも効果を発揮するもの。漢方や薬膳にも使われるこのヤマトトウキ。入浴剤としても古くから療法に使われており、こちらの薬湯にもたっぷり10%配合されております。

アロマテラピーにマッサージに入浴。色々な方法で生薬やハーブ等自然の力を取り入れてみてください。毎日が快適になりますように。