1. 【齋藤薫の美容自身2】マナー逆転、常識も逆転。そんな中でマナーのある美しい大人になる方法

斎藤薫の美容自身2

2020.07.08

【齋藤薫の美容自身2】マナー逆転、常識も逆転。そんな中でマナーのある美しい大人になる方法

【齋藤薫の美容自身2】マナー逆転、常識も逆転。そんな中でマナーのある美しい大人になる方法

人気連載「齋藤薫の美容自身 STAGE2」。今月のテーマは“マナー逆転、常識も逆転。そんな中でマナーのある美しい大人になる方法”について。毎月第2水曜日更新。

バベルの塔みたいに“何かの力”が人と人を遠ざけようとしているのか?

 ほんの数ヵ月前には想像もしなかった世の中になってしまった。それこそ数ヵ月前に、「日本人はハグが足りない」なんて記事を書いたばかり。言葉以上に気持ちを伝え合うハグを、もっともっといろんな場面でいたしましょうと。

 それが今や、側にも寄れない。ある行列に並んだ時、前の人に「もっと離れてください」と言われた。ちゃんと1メートル以上離れていてもマナー違反? 何だかちょっと泣けてきた。少し前まで相手をわざわざ遠ざけるなんて、そんな子供のいじめのような行為、無礼の極み、無知の極みでしかなかった。それをお互いに要求し合うなんて、悲しすぎる。

 しかも以前は、つり革もドアノブも、ましてや人が使ったボールペンもスリッパもバイ菌扱いする潔癖性の人が、ひどく冷たく見えた。自分自身が嫌われているようで、何か萎縮させられた。でも気がつけばそれが新しい常識となり、誰かが触れたものを恐れなければいけない現実には、何か背筋が寒くなる。“何かの力”が人と人を遠ざけ、断ち切ろうとしているのだろうか。

 ふと、『バベルの塔』を思い出した。それは、旧約聖書創世記に記された伝説の塔。もともと人間はみな一つの言葉を話していたが、ノアの洪水の後、人間たちが勢いにまかせて天にも届くような高い塔を築き始めると、それを見ていた神が怒り、その行為を“人間の傲り”に他ならないと、人々の言葉を混乱させ言葉を通じなくさせ、建設を中止させたのだ。

 突然、人と触れ合えなくなり、面と向かっておしゃべりできなくなり、海外に旅ができなくなる現実に、ひょっとするとSNSの普及で、逆に人と人との関係に深みがなくなり、独りよがりの人が多くなったことが、暗に咎められているのでは、などと思ってみたりした。人間やっぱり一人の単位で生きているのだと自覚させられる今、だから改めて人と深く関わることの尊さ、人の繋がりこそ財産という価値観を目覚めさせるべきなのだ。

 一方で、マスクの意味も完全に変わった。数ヵ月前までマスクは多くの場合、自分のため、防御のためのものだった。風邪をひいている場合は別として。でも、まだコロナ問題がここまで深刻化していない頃、百貨店などの販売スタッフがマスクをつけることに“接客業としてどうなのか”というクレームが殺到した。ちょっと前までマスクをしての接客自体がマナー違反だったわけだ。いやもう今となっては考えられない。マスクをしないこと自体がマナー違反と、全く逆の社会になっている。ほんの2ヵ月間で、常識がひっくり返ったのだ。

 日本の冬はもともとマスクだらけだったこと、欧米人は不気味と言って嘲笑していたらしいが、結果として世界中がマスクだらけになった。それもまた常識の逆転。しばらくは外せないのだ。

 その時何が起こるのか。口元を隠すと人は個性を失う。表情を失う。存在感も失うのだ。人間の顔立ちの美醜は、目元でなく口元、顔の上半身ではなく下半身で決まるとされるのも、その証。 普段からマスク癖がついていた人は、どこかで自分を隠したいと思っているはずで、そんなマスクが必須になった新生活は、会話してもどれほどお互いをわかり合えるのか。それもまた、ひどく悲しい。

 何より、マスク着用の毎日は、ファッションもメイクも何か虚しいものにしてしまう。マスクの色や柄を楽しむ道もありながら、やっぱりそこには夢中になりきれない。逆に口元を隠すことが、いかに自分を打ち消すことになるのかを思い知らされる日々なのだ。

今まで、省いていた言葉も一言一言、体温で温めて伝える

 だから、こうしたい。個性も表情も存在感も伝わらない分だけ、言葉を大切にする。当たり前の一言を、今まで省いていた一言を、意識して明快に相手に伝えていきたいのだ。まずは、おはよう、こんにちは、さようなら……今まで「どうもどうも」で済ましていたことも、はっきりくっきり、気持ちも込めて相手に伝える。そして「お元気でしたか」「元気そう」「変わりない?」「大丈夫?」「暑くない?」「 寒くない?」手紙の文面のような一言から、常に相手を気遣う一言まで、相手と自分の距離を縮めるように、体温で温めながら、言霊にして相手に伝える。表情が見えないと、言葉が浮いて白々しく聞こえてしまいがち、だからその分、言葉にたっぷり表情を込めてほしいのだ。笑顔が相手に見えない分、言葉に笑顔を持たせるように。

 電話だと言葉が冷たく聞こえることを思い出して、どんな言葉も努めて優しく温かく相手に手渡すつもりで差し出す配慮も。それによって相手との関係も改めて深まり、あなた自身も好感度が増す。いやそういうふうに、マスク生活もプラスへプラスへと転換していくべきなのだ。

 そこで、今のこのマスク時代を逆手にとって自分を磨くためにも、マスクをある種のベールと捉えてほしい。アラブの女性が口元を隠すのは、宗教的な意味を持つ一方、男尊女卑の象徴のようにも捉えられるが、逆に言えば女性を大切なものとして守るためにこそ、外では目元以外は布で覆う風習が生まれたのだという。つまり愛する人の前でだけその布を脱ぎ去るわけで、愛されるためにこそ秘めたる美しさを布の中で育んでいるわけだ。決して布を隠れ蓑に自分を放り出したり、布の中で絶望的になったりはしていない。むしろベールを剝がされる瞬間に美しさがはじけ出るように、その中で美しさを熟成させていると言ってもいい。実際アラブ女性は、ニカブを外すとフルメイクにブランドづくしということが少なくないらしく、それも、人に見せるためではなく美しさの醸成のため。だからアラブ女性は、実際ハッとするほど美しいのだと考えてもいい。

 高価な宝石ほどむき出しに置かれることなく、丁寧に布で包んで宝石箱にしまわれるのと同様、ベールに包まれているような感覚を持ってみてほしいのだ。

 2020年は奇しくも「価値観が180度変わる最初の年」と以前から言われてきた。鳥肌が立つほどの合致だが、マナーや常識ばかりか、意識も大きく変わるのだろう。その昔、パンデミックが世の中を激変させたように。

 でも意外なのは、ペストが終わって半世紀後のヨーロッパには静かで穏やかな平和が訪れたとされる。安堵のせいだけでなく人々が心の充実を求めたから。今とは何もかもが違うけれど、誰もが不安の中で自分を見つめ直し、“物より心”、精神的な充実を求めるようになるのは昔も今も同じはずなのだ。

 だからまずは心を整え、本当の意味で心が豊かになる生活を一から始めてみてほしい。今、有識者が盛んに訴えているのは、「元に戻るのではなく、一から何かを始めるつもりで生きるべき」ということ。必死で元に戻ろうとするより、ここで新しい自分を作ることに力を尽くす人が次に輝く人なのだ。

 たとえば、自粛に際して“生まれて初めてぐらい大規模な断捨離”を敢行した人は新しい生き方を始めようと心に誓い、今なら始められると確信したはず。今までの自分の生き方の悪い部分を正し、自分の理想に近づけていけるはずなのだ。そう、今までの生活の間違った部分を正すつもりで、生き直すのだ。

 絶対のコツは、「丁寧に生きる」ということ。“新しい生活様式”として「食事中はなるべく会話せず、食べることに集中して」なんて政府に言われなくても、それこそ、家族だろうが他人だろうが、自分を取り巻く一人一人とより丁寧に向きあえば、誰とでもお互い優しい気持ちを持ち合える。それが新しい時代のマナーのある女。何事に対しても、丁寧に丁寧に、心を整えて、心を込めて向き合えば、きっと全てうまくいく。日常生活も仕事も、人間関係も。ともかくは、そこから始めたいのだ。一からやり直すとはそういうこと。今こそ「丁寧な人になる」大きなチャンスだと考えよう。

 マスクの中でも、ちゃんと微笑みながら、丁寧に美しく、心を込めて「おはよう」や「ありがとう」が言える人に。

齋藤薫の美容自身/格言


「齋藤薫の美容自身 stage2」前回の記事はこちら▼
非常事態こそ、人生をやり直すチャンス?そう言い切れるこれだけの理由

撮影/戸田嘉昭 スタイリング/細田宏美 構成/寺田奈巳

この記事のカテゴリー