1. 【目ウロコジャーナル】美容のAI革命が止まらない!コスメ選びも肌ケアも、もっと便利に、よりリアルに

2020.07.16

【目ウロコジャーナル】美容のAI革命が止まらない!コスメ選びも肌ケアも、もっと便利に、よりリアルに

【目ウロコジャーナル】美容のAI革命が止まらない!コスメ選びも肌ケアも、もっと便利に、よりリアルに

今、すごいスピードでビューティAI革命が進んでいます! 肌診断の精度もコスメ選びも、ずっとリアルに、より便利になり、今まで以上に「自分のこと」が可視化されるように。凄まじい進化を遂げる美容のAIについて、美容ジャーナリストの近藤須雅子さんが解説します。

◆教えてくれるのは……

美容ジャーナリスト 近藤須雅子

美容ジャーナリスト 近藤須雅子さん

超新技術! 肌内部をここまでビジュアル化
進化するAIが描くコスメの“未来予想図”

おこもり&マスク生活で「日焼け止めもいらないかも」「最近、口紅を使ってない」等、モチベーション急降下の声が聞こえるけれど、その一方、すごい勢いでビューティAI革命が進んでいる。ほんと、すさまじいスピード!

身近なところでは、スマホ撮影による肌診断が急成長中。すでに多くのメーカーがサービスを提供しているけれど、SOFINA iPの肌チェックにいたっては、専用アプリ不要で肌年齢やシミ、シワ、キメ等の細かい肌状態から、似合うメイクカラーまで、AIが瞬時に判定してくれる。利用者はすでに50万人に迫り、百貨店の自粛休業中には1週間の利用回数約3万回の勢い。日々蓄積される膨大なデータで、診断精度もさらに向上する模様だ。そのうえ、「何か買わなきゃ」というプレッシャーもなく、毎日何回でも肌診断でき、自分に適した製品まで推薦してくれるのだから人気も当然。化粧品カウンターの濃厚カウンセリングが自粛の今、コスメ選びのニューノーマルになりそう。

さらにケアのあり方さえ根本的に変えそうなのが、資生堂開発によるAI利用の肌内部解析だ。皮膚を切ったり細胞を増殖したりするのじゃなく、そのままの状態で肌の奥深く、真皮の細胞ひとつひとつまでリアルに把握可能に。皮膚の構造はめちゃめちゃ複雑なため、これまでは「多分こんな感じ?」と今ひとつ曖昧だったのが、一気に「頰のミトコンドリアが弱ってるよ」なんて、すごいレベルでわかってしまう。もちろん新製品の開発にも強力な武器に。これはもう、あっと驚くミラクルな化粧品の誕生も、時間の問題だよね。

資生堂開発の「デジタル3Dスキン™」技術でビジュアル化した皮膚の構造

画像3点提供元)(株)資生堂

資生堂開発の「デジタル3Dスキン™」技術でビジュアル化した皮膚の構造。「このへんの細胞、空き空きだよ」なんてことまで、わかってしまう。

花王SOFINA iP 肌id

大人気の花王SOFINA iPの肌id。約10万件のデータを基に、詳細な判定を。光の状態が結果に影響するので、毎回同一条件での撮影がコツだ。


【目ウロコジャーナル】こちらの記事もチェック!
【目ウロコジャーナル】透明感あふれる肌へ!「酵素」が肌にしてくれること
【目ウロコジャーナル】下垂バストの救世主!?「グラマリズムエラスチン」って何?

撮影/藤本康介 イラスト/楽谷玲子 取材・文/近藤須雅子

この記事のカテゴリー