1. 【横浜流星】インタビュー主演ドラマで職人の美意識に共感!? 「家でも和菓子を作ってます」

2020.07.31

【横浜流星】インタビュー主演ドラマで職人の美意識に共感!? 「家でも和菓子を作ってます」

【横浜流星】インタビュー主演ドラマで職人の美意識に共感!? 「家でも和菓子を作ってます」

7月22日発売のVOCE9月号に横浜流星さんが登場。ステイホーム期間中に行っていたことや、今夏スタートの主演ドラマに懸ける決意など、インタビューをお届けします。

「ステイホーム期間中には自炊にも挑戦してみました」

——あらゆる作品の撮影を自粛する日々が続いていたと思いますが、新たに見つけた“おうち時間”の楽しみ方はありますか?

横浜流星さん

「これまではほとんど自炊をする機会がなかったので、ステイホーム期間中に野菜炒めを作ってみました。結果、焦げてしまって、マズかったです!  昨年、ドラマ『4分間のマリーゴールド』で料理男子の役を演じたので包丁の握り方などは学んだのですが、まだまだ修行が足りないなと。少しずつでもレベルを上げて、総合的な生活力を上げていきたいと思っています」

——横浜さんは激辛料理が好きなことで有名ですが、自分で作ってみたいメニューはありますか?

「好物のペペロンチーノを作ってみたいですね。唐辛子もニンニクもマシマシにして、夏に向けてスタミナと免疫力を高めていきたいなと。料理初心者の僕にはハードルが高そうなメニューですが(笑)」

「役の影響で最近”和”なものに惹かれます」

——一方、ドラマ「私たちはどうかしている」では老舗和菓子屋の跡取り息子を演じることに。急いで甘党にシフトチェンジしないといけませんね。

横浜流星さん

「もともと和菓子が好きだったので、撮影はすごく楽しいです! 先日、モナカの作り方を教わったのですが、難しいですけど、完成した作品を見ると嬉しくなって『もっともっとうまくなりたい』という感情が湧いてきます。単純に、自分が作ったものだと美味しさもマシマシに感じますからね(笑)」

——和菓子は職人さんの美意識が詰まった芸術作品です。同じく表現者である横浜さんは、どんなことを大事にして仕事に向き合っていますか?

「すごく基本的なことですが、自分が演じる役を誰よりも理解して、その作品の中で生きる。それをいちばん大事にしています。今回は、創業400年を超える歴史をもつ光月庵を継ぐことになった高月椿の、お店や和菓子に対する情熱や、孤独や苦悩にとことん寄り添っていきたいなと。監督やキャストの皆さんと相談しながら、しっかりと椿を作り上げていきたいと思っています」

——ダブル主演を務める浜辺美波さんの印象を教えてください。

横浜流星

「すごく理解力があって、しっかりされている女優さんです。キャラクター色が強い役柄を演じることが上手いことは知っていましたが、今回はナチュラルな佇まいで七桜(さくら)という女性を作りこんでいて。お芝居の幅の広さに驚かされています。劇中で、椿の父が亡くなったことがきっかけで生まれた七桜との歪な関係も魅力的な部分だと思っています。“どうかしている”2人が行き着く先を、毎週楽しみにして頂けると嬉しいです」

——最後に、この夏、プライベートで自由にお出かけできるとしたら何をしたいですか?

「う〜ん……花火大会に行きたいですね。3密を避けてゆったりとできる場所で、餡蜜でも食べながら、ゆっくりと花火を鑑賞できたらいいな。ちょっとベタすぎますかね!? 最近は椿を演じるために着物を着ることが多いので、プライベートでも“和”を感じるモノゴトに惹かれてしまうんですよ」


■プロフィール

横浜流星

横浜流星

よこはま りゅうせい●1996年9月16日生まれ。神奈川県出身。2011年、俳優デビュー。昨年『初めて恋をした日に読む話』に出演し話題に。『愛唄‐約束のナクヒト‐』『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』など、これまで数々のドラマや映画に出演。今年は主演ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』が話題に。8月~9月主演舞台『巌流島』、10月23日に主演映画『きみの瞳(め)が問いかけている』が控えている。

■インフォメーション

ドラマ「私たちはどうかしている」

修業中の和菓子職人・花岡七桜(浜辺美波)と、彼女がかつて母とともに住み込んでいた老舗和菓子店・光月庵の跡取り息子で、初恋の相手でもある高月椿(横浜流星)の関係を軸にしたラブミステリー。椿の父が刺殺された事件の容疑者となった母の無実を証明するため、七桜が正体を隠したまま椿との結婚を利用して光月庵に乗り込む。

横浜流星さんが出演する「私たちはどうかしている」原作マンガもチェック!
愛と憎しみ、陰謀と……和菓子⁈ 8月放送のドラマ『私たちはどうかしている』の原作漫画が丸1巻無料‼︎ 【VOCEマンガサークル】

撮影/池満広大(TRON) ヘアメイク/永瀬多壱 スタイリング/伊藤省吾(sitor)取材・文/浅原聡

この記事のカテゴリー