ビューティニュース

日本のビューティ界を牽引!【齋藤薫】が高得点をつけた傑作コスメ4選【ベスコス2020上半期】

2020.07.15

2020年上半期ベストコスメの中で、美容界を牽引するジャーナリスト齋藤薫さんが高得点をつけたコスメは?

2020年上半期ベストコスメの中で、美容界を牽引するジャーナリスト齋藤薫さんが高得点をつけたコスメは?

ベストコスメ特設ページはこちら!

2020上半期ベストコスメ

◆選んだのは……

ビューティジャーナリスト 齋藤薫

【日本のビューティ界を牽引!】齋藤薫さん

UVケア部門

ポーラ B.A ライト セレクター SPF50+/PA++++ 45g ¥11000

ポーラ B.A ライト セレクター

ポーラ B.A ライト セレクター

みずみずしくもなめらかな質感

拒むのではなく選ぶことで太陽との関係が良好に

優秀作がしのぎを削る中、首位を獲得したのは次世代を象徴する一品。紫外線や近赤外線に対する防御力の高さに加えて、肌にハリと弾力を生み出す「赤色光」だけを透過させるという新機能に百戦錬磨のプロが瞠目。糖化&ツヤ不足への対策も万全だから、塗るほど美肌、太陽との闘いにも完全勝利。高得点も当然といえそう!

UVケア部門

イヴ・サンローラン ピュアショット UV50 SPF50+/PA++++ 30ml ¥6500/イヴ・サンローラン・ボーテ

イヴ・サンローラン ピュアショット UV50

イヴ・サンローラン ピュアショット UV50

サラッとしていてかなりゆるめ

UVケアの歴史を変える!? 塗ってないみたいなUVケア

シミやくすみを防ぐために塗る日焼け止めなのに、肌呼吸を妨げれば皮脂が変質し、結果的に肌トラブルの原因になってしまう。そんな“ベタつき焼け”に着目して開発されただけあって、まさに未体験の塗り心地。従来の1/8の薄さのエアリーフィルム処方を採用しているから、その使用感は驚くほど軽い。これなら毎日ストレスフリー。

化粧水部門

ランコム クラリフィック デュアル エッセンス ローション 150ml ¥11000

ランコム クラリフィック デュアル エッセンス ローション

ランコム クラリフィック デュアル エッセンス ローション

ぐんぐん肌に入ってプリップリに

透明感への果てしない欲求を満たす新たな“名水”が誕生!

キメ、トーン、潤いなどが最高のコンディションで揃ってこそ叶う極上の透明感。ランコムは、これらの条件にかかわる肌の酵素を活性化させることで、難問を見事にクリア! 感触や浸透を高める3%のオイルイン処方&シェイクによるマイクロバブル誕生といった処方もユニークで、実際の使い心地や透明感の上がりっぷりも完璧。

美容液部門

イヴ・サンローラン ピュアショット ナイトセラム 30ml ¥10500/イヴ・サンローラン・ボーテ

イヴ・サンローラン ピュアショット ナイトセラム

イヴ・サンローラン ピュアショット ナイトセラム

オイルと美容液の2層をシェイク!

ターゲットは、忙しく生きる人。過労肌を立て直す賢きバランサー

大気汚染や紫外線、電磁波、ストレスなどの影響で、肌内に存在するビタミンCやアミノ酸など絶対成分のバランスは一時的にくずれる。この状態が続くと肌は過労状態に陥ってリセット不能になり、老化が加速する……という悲劇を、ひと晩で打破。絶対成分バランスの最適化による絶好調肌に、目利きたちからも歓喜の声、続出。

対象コスメ:2020年1~6月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:60名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(11)、メイク部門(16)のすべて、ヘアメイクアップアーティストはメイク部門(16)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらに各部門1位をリスト化し、審査員はあらためて今期を象徴する優秀なコスメを、スキンケア部門、メイク部門から各2品ずつ投票。投票した審査員の合計人数で最優秀賞、優秀賞を決定。

撮影/吉田健一、伊藤泰寛 スタイリング/坂下シホ 取材・文/中川知春、楢﨑裕美、穴沢玲子 構成/河津美咲、渡辺瑛美子

Edited by 河津 美咲