1. 永久保存版|これが正解!一生使えるコスメの収納テクニック【無印・Francfranc・ロフト】

2018.10.18

永久保存版|これが正解!一生使えるコスメの収納テクニック【無印・Francfranc・ロフト】

気分やTPOによって使うアイテムが違うだけに、ただ断捨離すればいいというものではないコスメの整頓。美しく機能的な収納術を伝授します!!

永久保存版|これが正解!一生使えるコスメの収納テクニック【無印・Francfranc・ロフト】

すべての場合に応用できる基本!! コスメ収納の4STEP!

STEP1 分類する

片付けるためにはどんな物をどれだけ持っているか把握することが第一。そのためには、まず家中のコスメ用品を全部出し、カテゴリーごとに分類することからスタート。“把握” ができればむやみに捨てる必要もありません!

1.まずは家中の化粧品に関するものすべてをかき集めます!

Image title

スキンケアからメイクアイテム、ネイル、コットンやヘアゴムといった道具、試供品まで、コスメに関するものを全部一ヵ所に集めて。自分がどれだけの量を持っているか把握できます。

2.大分類

Image title

続いてカテゴリーごとにざっくりと分類。細かく分けようとすると途中で挫折するので、あくまでざっくりと!

3.中分類

Image title

メイク用品の中でさらに分類。ポイントは、顔のパーツ別に分けること。このときメイクする順番に並べると、さらに把握しやすくなります。分類の結果、ファンデなどベースものがとくに多いことが判明!

STEP2 厳選する

“厳選”というと、いきなり処分(=捨てる)作業を行おうとしがちですが、それより“いるもの” を選ぶことが大事。この作業により自分の好みや使い方、買い方のクセが把握できるので、今後の買い物の仕方も変わってきます!

1.“今使っているものだけ”ピックアップ

Image title

STEP1で中分類したカテゴリーから、まずはメイク順にベースものの仕分け。“今使っているもの”と“それ以外”に分けたところ、実際の使用アイテムがいかに少ないかが一目瞭然!

2.“今スグ処分できるもの”を取り出す

Image title

続いて“それ以外”に分類されたものの仕分けを。“今スグ処分できるもの”だけを取り出し、他は“迷い中”アイテムとして残します。無理に捨てようとするとかえってリバウンドするので注意が必要。

3.残ったものを最終判断

Image title

“迷い中”アイテムを、残すか処分するか一つずつ判断していきます。「普段使いのものと色みが少し違うから陰影を出したいとき使う」など理由を具体的に語れるものは、残してOK。

判断の基準

●それを手放すと困るか?
●それがなくなると後悔するか?
●それに代わるものはないか?

他のカテゴリーも同様に厳選作業を行って。残ったものを見直すと、使用頻度の多少に関
係なく自分に本当に必要なものが分かり、今後の買い足しや買い替えの参考にもなります。

Image title

STEP3 器を選ぶ

残すものを決めたら、それらを収納する器選びに。ポイントは、器のテトリスができるこ
と。小サイズの器を組み合わせたときに大サイズの器と同じになるものを選ぶと、ムダな
スペースが生じないうえ見た目もキレイ!

ココではこれを使います!
Francfrancの小物ケース

Image title

Francfrancのグラマラス デスクセパレーターはアラベスク模様がオシャレで、S、M、L
と3サイズが。Sを2つ並べるとMサイズの長さに、Sを3つ並べるとLサイズの長さになり、細かくテトリス配置できる。
Sサイズ(W7.7×D7.7×H5.7㎝)
Mサイズ(W7.7×D15.5×H5.7㎝)
Lサイズ(W7.7×D23×H5.7㎝)

収納用品は、無印良品、、Francfranc、LoFtで買うのが正解!

Image title

Francfrancや無印良品の収納ケースは、容量は違えど幅や高さのサイズが同じなので、組み合わせて使いやすい。またLoFtも、収納用品の種類、サイズ展開が豊富でオススメ!

STEP4 収める

Image title

器への収納は、ベースもの、リップものなど、分類を崩さないまま行って。器を並べるときは、メイク順に。
こうするとメイクをするとき端から使えばいいので機能的です。また、メイクスペースを綺麗に見せるため、基本的に器は表に出さないこと!

Image title

Image title

右から順番に使う順
美しいメイクは美しい収納から。メイクする順番に器を並べると、スムーズにメイクができて時短に。また、カテゴリー別に収納すると、なくなっているものがハッキリ見えるので、適切な買い足しができて◎。メイクするときになって、「コットンを切らしていた!」というバタバタが起きる心配もなし!

撮影:当瀬真衣 取材・文:山本奈穂子 構成:芦田夏子