1. 石井美保さんお墨付き!ベスコスBEST5を大発表!【2020上半期ベスコス】

2020.07.16

石井美保さんお墨付き!ベスコスBEST5を大発表!【2020上半期ベスコス】

石井美保さんお墨付き!ベスコスBEST5を大発表!【2020上半期ベスコス】

摩擦ゼロ洗顔や肌アイロンなど、独自の美容メソッドが大人気を博した美容家、石井美保さんのMY BEST5が決定!石井さんのコメントとともにお届けします。

ベストコスメ特設ページはこちら!

2020上半期ベストコスメ

◆選んだのは……

美容家 石井美保

【超絶美肌であり、超コスマニア】石井美保さん

化粧水部門

ランコム クラリフィック デュアル エッセンス ローション 150ml ¥11000

ランコム クラリフィック デュアル エッセンス ローション

ランコム クラリフィック デュアル エッセンス ローション

ぐんぐん肌に入ってプリップリに

透明感への果てしない欲求を満たす新たな“名水”が誕生!

キメ、トーン、潤いなどが最高のコンディションで揃ってこそ叶う極上の透明感。ランコムは、これらの条件にかかわる肌の酵素を活性化させることで、難問を見事にクリア! 感触や浸透を高める3%のオイルイン処方&シェイクによるマイクロバブル誕生といった処方もユニークで、実際の使い心地や透明感の上がりっぷりも完璧。

「肌の奥まで吸い込まれていく圧巻のゴクゴク感。使い続けるほどキメが整い、欲しかった透明感が手に入る

美容液部門

ベネフィーク リセットクリア 150ml ¥3800(編集部調べ)/資生堂

ベネフィーク リセットクリア

ベネフィーク リセットクリア

ジュワッと広がり、あと肌スッキリ

優しく心地よく肌を浄化。新感覚のふきとり化粧液

くすみやゴワつきの原因となる古い角質は取り除きたいけど、刺激になることは避けたい。そんなニーズに見事にマッチ。とろみのある液で肌を浸すことで、デイリーの洗顔では取りきれない古い角質や肌に悪さをする物質を浮かせて、こすることなくオフ。つまり肌を優しく磨けて、続くスキンケアの浸透も高めるから、使わない理由ナシ。

その後のスキンケアの浸透感ともちもち肌に感動。とろみ処方で摩擦問題もクリア」

クレンジング・洗顔部門

KANEBO コンフォート ストレッチィ ウォッシュ 130g ¥5000/カネボウインターナショナルDiv.

KANEBO コンフォート ストレッチィ ウォッシュ

KANEBO コンフォート ストレッチィ ウォッシュ

超キメ細かく、超もっちり泡

まるで泡の美容液!? 濃密マシュマロ感に惚れ惚れ♡

泡立て前には糸を引くほどねっとりとしていて、泡立てるととろっともちもち。濃密な泡の肌あたりは、リッチで柔らかく、肌に吸い付くようにフィットして、洗顔中に泡がつぶれるどころか、元に戻ろうとするような弾力感まで。その泡が、汚れをぐいぐい吸着してスッキリと洗い上げるから、続けて使うスキンケアの浸透力が爆上がり!

つぶしてもヘタらない極上泡とすすいだあとのもっちり肌に洗顔タイムが至福の時間に」

フレグランス部門

ディオール ミス ディオール ローズ&ローズ 50ml ¥9000/パルファン・クリスチャン・ディオール

ディオール ミス ディオール ローズ&ローズ

纏うたび幸せに包まれるパワフルかつ魅惑的な香り

グラース出身の調香師、フランソワ・ドゥマシーがイメージしたのは、朝露に輝く咲いたばかりのバラが香りを放つ一瞬の美しさ。シュッとひと吹きすると、溢れんばかりの摘みたてのバラの香りが弾け、広がっていく。それは一輪だけじゃない、果てしなく広がるローズガーデン。フレッシュでスパイシーな香りを堪能したい。

「凝縮されたローズの香りに大人の気品や芯の強さ、重厚感を感じつつ透明感も併せ持つ。まさに今理想とする女性の香り

リキッドファンデーション部門

シャネル ウルトラ ル タン フリュイド 全10色(うち2色店舗限定)30ml ¥7000

シャネル ウルトラ ル タン フリュイド

シャネル ウルトラ ル タン フリュイド テクスチャー

夕方になってもくずれナシ! テカリ知らずのファンデに夢中

入賞を果たしたのは、溶け込むようになじんで肌と一体化する軽やかリキッド。塗っていることを忘れそうな極薄の膜なのに、のばしたところからシミや毛穴が消えていく。過剰なツヤではなく内側から発光するようなセミマット肌に整える仕上がりも、今の気分にバッチリとハマったようだ。

「軽やかな薄膜仕上げなのに、いとも簡単に濁りを一掃。化粧直し不要の上品セミマット肌に

他の石井美保さん記事を読む


対象コスメ:2020年1~6月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:60名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(11)、メイク部門(16)のすべて、ヘアメイクアップアーティストはメイク部門(16)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらに各部門1位をリスト化し、審査員はあらためて今期を象徴する優秀なコスメを、スキンケア部門、メイク部門から各2品ずつ投票。投票した審査員の合計人数で最優秀賞、優秀賞を決定。

撮影/吉田健一、伊藤泰寛 スタイリング/坂下シホ 取材・文/中川知春、楢﨑裕美、穴沢玲子 構成/河津美咲、渡辺瑛美子