1. 【北川景子】自粛中の過ごし方、カメラの前に立つ自分…… 徹底取材!

2020.07.20

【北川景子】自粛中の過ごし方、カメラの前に立つ自分…… 徹底取材!

【北川景子】自粛中の過ごし方、カメラの前に立つ自分…… 徹底取材!

どんな瞬間でも“女優”であり続ける北川景子が今考えることとは? 彼女が考える『強さ』や自分との向き合い方について語る!

柔軟でなければ、強くなれない

【北川景子】インタビュー前半はこちらから▼
【北川景子】神々しい美しさ。彼女の“今”「柔軟でなければ、強くなれない」

いろんな方の助けをかりながら、(産後も)仕事を続けようと思っています。私はもともと女優だから。

「三つ子の魂百まで」といいますが、私はずっと女優をしてきたので、付きっきりで一緒にいるお母さんではないかもしれない。周りの方々の協力をえて、身体が元気なうちは働くつもり。

VOCE2020年9月号 北川景子

穴子丼を作りました。ぬめりをとって、さばいて。ハマったらとことん!なんです。

自粛中は英語を勉強したり、配信で映画を観たり。あとは料理を頑張りました。お店に卸せなくなった穴子をネット注文し、さばいて蒲焼に(笑)。自分のペースで過ごしました。

VOCE2020年9月号 北川景子

(成功した)前と同じことではなく今の私の考え方やムードを伝えたい。変わり続けているから、いい。

「この雰囲気、前にも見たことあるよね」と言われるのがあまり好きじゃなくて。そのときの私と今の私は違うから、ありのままに“今の私”を伝えたいんです。

VOCE2020年9月号 北川景子

カメラの前に立ったら自分ひとり。他人からは逃げられるけど、自分からは最後まで逃げられない。

「強さ」って「ブレないこと」だと思うんです。信念や気持ちがブレちゃうと自分らしくなくなっちゃう気がして。やっぱり今回の自粛は、私も精神的にとても堪えました。だからこそ、普段自分が元気なときに持っている信念をいかに“ブレさせない”かが重要なのかなって。もちろん落ち込むことは誰にでもあるから仕方がないけれど、自分で自分をコントロールして、ハンドリングできるように常に努力しています。若いころは頭で考えすぎて、苦労したこともありました。カメラの前に立ったら、ひとりきり。誰も助けてくれないし、嫌な部分を見ても自分からは絶対に逃げられないんですよね。不器用だし細かいことが気になるし……。自分の嫌いなところ、いっぱいあります。でも、自分とだけは一生付き合わないといけないから。

VOCE2020年9月号 北川景子

北川景子/KEIKO KITAGAWA
1986年8月22日生まれ、兵庫県出身。03年にモデルデビュー後、数々のドラマや映画で活躍する女優に。今後は『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』や『約束のネバーランド』、『ファーストラブ』など出演映画の公開が目白押し。


【北川景子】こちらの記事もcheck!
【北川景子】衝撃のショートヘアでVOCE初カバー!
ショートヘアに変身!【北川景子】細胞レベルから若さを保つ秘訣は?
女優【北川景子】の美に迫る!髪をショートにした理由は?

◆9月号の表紙はコチラ!

VOCE2020年9月号

撮影/中村和孝(まきうらオフィス) ヘアメイク/山口久勝(allure) スタイリング/浜田英枝 取材・文/前田美保

この記事のカテゴリー