1. ファイナンシャルプランナー深田晶恵監修「アラサー女子のお金の新常識」そもそもお金の貯め方がわかりません!問題

2020.07.20

ファイナンシャルプランナー深田晶恵監修「アラサー女子のお金の新常識」そもそもお金の貯め方がわかりません!問題

ファイナンシャルプランナー深田晶恵監修「アラサー女子のお金の新常識」そもそもお金の貯め方がわかりません!問題

貯金できないのは節約のせいじゃなかった! ファイナンシャルプランナーの深田晶恵さんに教わる基本の貯め方。

「もっとコスメがほしい! but! お金が……」アラサーが知っておくべき【お金の新常識】

■教えてくれたのは……

ファイナンシャルプランナー 深田晶恵さん

そもそもお金の貯め方がわかりません!

やり方さえ知っていれば、誰でもきちんとお金を貯められるんです。すべての人に共通する「基本の貯め方」がわかったら、あとは実行するだけ。すぐ始めよう。

POINT1:「残ったら」では貯まらない!【人間、積立でしか貯金はできません】

「できるだけ節約して“残ったお金”を貯金する。そのスタンスで貯蓄できる人はほぼいません!」と深田さん。貯金の基本にして、もっとも大切なポイントは「先取り」すること。毎月お給料に手をつける前に、決まった金額を積立貯金して、残りのお金で1ヵ月暮らす。「貯金分を除いたお金は全部使い切ってもいいので、かえってこのほうが気楽なんですよ」。月々の貯金額の目安は下の表を参考に。

年収と暮らし方別 月々これだけ貯めよう!

POINT2:強制的に自分を追い込む!【勝手に貯まる仕組みを作ってしまおう】

先取り貯金は一度仕組みを作ってしまえば、もう何もしなくていい!「お給料が振り込まれるのと同じ銀行で、『自動積立定期預金』を申し込みます。設定した金額が、毎月決まった日にメイン口座から積立口座に自動で移るので、がんばらなくても貯められます。会社に積立の仕組みがある人はそれを使ってもいいですね」。自動積立定期預金がATMから申し込める銀行もある。

貯蓄はバッチリ

POINT3:お金が貯まる人はやっています【貯め体質になるための5ヵ条】

ラテマネーにビニール傘に。無意識のムダ遣いを見直そう

飲み会でつい終電を逃してタクシーで帰ったり、すぐにビニール傘を買ったり。ラテマネーと同じように、チリツモ出費はバカにならない。

やばい! とコンビニATMへ。ちょこちょこお金をおろさない

現金派の人は、月に一度、決まった金額を引き出すようにして。足りなくなるたびにATMへ駆け込んでいたら、お金はみるみるなくなります。

毎月の収支はどうしても赤字に。ボーナスで月々の赤字を補てんしない

貯金できないどころか赤字になっている証拠。今年はボーナスが当てにできない会社も多いはず。月収のなかでやりくり&貯金を。

気づくとお金がないんです。リボとキャッシングに頼らない

クレジットカードのリボ払いとキャッシングは、どちらも高金利の借金なので、利用してはダメ! 習慣になってしまう前に決別しよう。

コスメ代でも独立でも転職でも結婚でも。お金を使う目標、目的を決める

結婚、転職などお金がかかるライフイベントのためには貯金が必要。そこに向けて「○年間で××円」という具体的な目標を決めて。

深田さん からアドバイス

貯める習慣をつけておけば、一生困りません!
コスメもそうですが、結婚、転職、引越し、趣味など、何をするにも貯金が必要です。お金を貯めるのって、ただガマンするだけじゃなく、「今やりたいこと」と「将来やりたいこと」のバランスをとることなんです。若いうちに身についた貯金の習慣は一生もの。未来の自分のために、少しずつでも貯めていきましょう。

最近話題のこの本から学ぶ!

知識ゼロの私でも! 日本一わかりやすいお金の教科書

『知識ゼロの私でも! 日本一わかりやすいお金の教科書』
定価1200円/講談社刊
著者 深田晶恵

「老後のお金が不安です」「給料が安いのでお金が貯められません」「もしずっとひとりなら?」……悩めるあなたのためにお金の最新常識をお教えします。

【アラサー女子のお金の新常識】前回の記事もあわせてチェック!
▸ファイナンシャルプランナー深田晶恵監修「アラサー女子のお金の新常識」どうやりくりしてコスメを買えばいいのか問題

イラスト/黒猫まな子 取材・文/黒澤彩

この記事のカテゴリー