1. すぐできる! イマドキの小顔になれる5つのメイクアイテム

2016.01.06

すぐできる! イマドキの小顔になれる5つのメイクアイテム

いまや小顔は努力で手に入る時代。それを証明するワザをどど~んと紹介します。実践すれば、明日から小顔人生が始まる予感!

すぐできる! イマドキの小顔になれる5つのメイクアイテム

美男子ヘアメイク小田切ヒロさんのイマドキの小顔になれるメイク

がっつりシェーディングを入れるだけの小顔メイクはもう古い!!極力盛らないナチュラルな最旬小顔メイクを小田切さんが指南。

Image title

ヘアメイクアップアーティスト
小田切ヒロさん
どんなイメージも完璧に叶える巧みなメイク技術に定評あり。自身の小顔に対するこだわりも強く、マスカラでひげを描くことで顔を引き締めて見せるなど、ユニークなテクを多数実践中。

1.ほぐしてリフトアップ!メイク前マッサージ

耳を引っ張りながら前後に10回ほどまわす。次に、こめかみに指を当て、イタ気持ちいいくらいの圧をかけながら10~15秒程度まわす。

Image title

「30秒揉むだけで、血行がよくなり、むくみやたるみに効果絶大。肌の透明感も増しますよ」

2.薄づきベースで脱“厚ぼった肌”

ベースを手の平に出し、両手をすり合わせて広げる。その手を顔に押し当てるようにして密着させていく。肌が透けるくらいの薄さが肝心

Image title

「小顔を演出するなら肌の厚みまでこだわりたい。サラリとした厚みが出にくいベースがベスト」

Image title

肌にハリをあたえるエイジングケア成分を配合。
アドバンスドハーモニー プライマー SPF22/PA++ 30ml 全2色 ¥4500/THREE

3.濃淡ファンデ使いで輪郭をギュッと縮小

こめかみやエラなど凹ませたい部分にAをのせ、指で叩き込むようになじませる。目元や小鼻など、くすみ部分にBを塗り広げる。目の下は、キワを2㎜残して。

Image title

顔の出っ張り部分を削り、卵形を目指す

「引き締める部分には肌より濃い色、くすみをはらしたい中心には明るい色を使い立体感を」

Image title

薄づきなのにカバー力あり。ツヤ感も◎。
A rms beautyアンカバーアップ 22
B 同 11 5ml 各¥4800/アルファネット

4.極上シャドウ&天才ブラシで生み出す“彫り深EYE”

シャドウは2色を混ぜ、ブラシで目のキワからアイホール全体へと塗り広げる。よりなじませるために目のくぼみにブラシの先を当て、ワイパーのように動かす。

Image title

さりげない影でフラット顔脱出

「陰影メイクで力強いまなざしと小顔感を後押し。気づかれない程度の自然な影色が理想!」

Image title

肌なじみが抜群。2色の調整次第で、どんな肌色でもマッチ。
デュオアイシャドー 3014N ¥4200/NARS JAPAN

Image title

小田切さんが溺愛するアイシャドウブラシ。
テーパード ブレンディング ブラシ♯224 ¥5000/M・A・C

5.チークは、“楕円×真横”で、NOT膨張

黒目の下にある頰骨を始点に、チークを指で叩きながら楕円に広げる。角度をつけず真横に。

Image title

「血色系チークを小鼻より下に広げると頰のボリューム感が出るので小顔メイクのときは避けて」

Image title

上気したような自然な血色を演出する。
ミネラルクリーミーチーク 01¥3300/MiMC

撮影:当瀬真衣、大門徹、伊藤泰寛,柏原力,金 栄珠(人物)、武藤誠(商品)
ヘア&メイク:小田切ヒロ/LA DONNA
モデル:中田有紀
取材・文:金子優子、河津美咲
構成:芦田夏子