美容のミライ

“生理習慣”新時代がやって来た!話題の「吸水性ショーツ」4ブランドをご紹介

2020.09.15

最近新たなサニタリープロダクトとして、ナプキンやタンポンをしなくてもショーツ自体が経血を吸収してくれるショーツが話題です。国内でも購入可能な注目の4ブランドをピックアップしました。

最近新たなサニタリープロダクトとして、ナプキンやタンポンをしなくてもショーツ自体が経血を吸収してくれるショーツが話題です。国内でも購入可能な注目の4ブランドをピックアップしました。

最近よく耳にする「吸水性ショーツ」って一体どんなもの?

発売されると同時に完売してしまうブランドもあるほど、今注目されている生理用の吸収性ショーツ。吸水性のある布を何層にも重ねることでショーツ自体が経血を吸収してくれるため、ナプキンやタンポンといった、これまで使用していたサニタリーアイテムが不要になる可能性があります。お手入れも、サッと水洗いして洗濯機にかけるだけ。他の洗濯物と洗うこともできます。「え、でも漏れないの?」「一日中穿いているなんてニオイが心配……」という不安も、使ってみるとすぐに払拭されるほど、その穿き心地は抜群なんです。

使い捨てのナプキンやタンポンを使うことは、環境的にも経済的にも決して良いとは言えません。そんなときに登場した「吸水性ショーツ」は、2011年にアメリカで「THINX」というブランドが誕生して以来、瞬く間に話題となり、世界中の女性たちの心と体を掴みました。日本でもブランドが立ち上がり、これからは「吸水性ショーツ」がサニタリーショーツのスタンダードになる日も近いかもしれません。

業界No.1の吸収力を誇る〈Bé-A《ベア》〉で多い日も安心

Bé-A《ベア》

Bé-A《ベア》

ベア シグネチャー ショーツ ¥6900/Bé-A《ベア》

今年の7月末にデビューした「Bé-A《ベア》シグネチャーショーツ」。洗練されたパッケージやジェンダーレスなルックスにプラスして、特筆すべきは業界No.1を誇る圧倒的な吸収力。2年の歳月をかけて日本屈指のメーカーと共同開発をしたというショーツは、職人の手によって一枚一枚作られています。ショーツ本体が47cmのロング仕様で、独自の技術で5層の吸収体を特殊加工することで、約120ml(一般的なタンポンの12本相当)の液体をしっかりと吸収。これなら経血が多い2日目も安心して使うことができます。

また、繰り返し洗濯をしても衰えない抗菌機能を備えているため、生理中に気になるニオイもカバー。腹部部分は、体を優しく温めてくれる二重構造仕様になっているなど、まさに最先端の技術を搭載した吸水性ショーツです。

150人の女性たちのリアルな声をもとに作られた〈Nagi〉

〈nagi〉

〈nagi〉

Standard ¥5400/Nagi

開発期間に約1年半を要して作られた「Nagi」のショーツは、ショーツ本体だけではなくロゴやパッケージなど細部にわたり、150人の女性たちの整理への声をもとに完成しました。さらさら速乾シート、ぐんぐん吸水シート、しっかり消臭シート、あんしん防水シートの4枚構造のショーツは、スタンダードタイプなら30ml(およそナプキン3枚分)の吸水量。ニオイやもれを防ぎ、滴下からたった30秒で97.2%の水分を吸収して生地をさらさらに保つことで、生理中の不快感をゼロに導いてくれます。

そして多くの女性たちの心を掴んでいるのが、「生理用品をもっと楽しく、もっと自由に」という思いが込められたパッケージに、ミニマムでスタイリッシュな見た目のショーツが入ったお洒落なデザイン。“生理用品のサステナビリティ”を徹底し、プラスチックを一切使用していない紙のパッケージもペン立てやコインなどを入れて再利用することができます。

オーガニック素材で心地よい韓国自然派ブランド〈EVE〉

〈EVE〉

〈EVE〉

オーガニック生理用ショーツ 全2色 ¥4073/EVE(fermata store)

「性の見方を変えること」をヴィジョンに掲げ、女性起業家であるジーナ・パク氏が高校の同級生2人と立ち上げたヘルスヘアブランド。そんな「EVE」から発売されているのが、肌触りに優れた、高品質なオーガニックコットン素材を使用した吸水性ショーツです。すっぽりとヒップを包み込み、寝返りを打ったり長時間座っている時にももれにくいハイウエストデザインが特徴。最大5mlまで瞬時に吸水、1枚で15mlまでカバーしてくれ、吸水後もサラサラした使用感が続きます。

簡易包装からもわかるとおり、RoHS指令(EUの環境規制)、B-Corp、PETA公式ヴィーガン認証などの厳しい国際基準をクリアしたプロダクトとして、サステナビリティへの意識も高いところも魅力です。

普段使いもOKな〈Period〉でショーツの概念が変わる

〈Period〉

〈Period〉

(左)Period.パンツ Hiphugger¥4510/Period.(fermata store)
(右)Period.パンツ Sport ¥4000/Period.(fermata store)

海外で話題となっていた吸水性ショーツを、いち早く日本で展開して話題となった「Period」。無駄を取り除いたシンプルなスポーツタイプと、ウエストにレースをあしらったヒップハングタイプの2種類で、どちらも吸収量は約20ml。クロッチ(吸水部分)の肌に触れる部分には、ベビー服に使用されるような安心素材を使用し、ミリ単位で調整されているため、ずれにくい仕様。抜群のフィット感でストレスフリーな穿き心地です。

普段使いもOKで、多い日はナプキンと併用することも可能。生理が始まりそうな時やおわりかけの時、おりものが気になる時をこれ1枚でカバーすることができ、生理周期によって下着を変えることなく、快適に過ごすことができます。

体調不良に始まり、気分の浮き沈み、そして生理用品にまつわるタブーや可愛いものが見つからないなど、女性を長年悩ませる生理問題。そんな生理問題も、フェムテックによって、気分良く、いつもと変わらない日常を過ごせるよう変わりつつあります。吸水性ショーツを取り入れることで、これまで当たり前とされてきた使い捨てのナプキンやタンポンをしないという選択肢もそのひとつ。今回ご紹介したブランドは、どれもオンラインショップで購入が可能です。ぜひ、サステナビリティや経済的にも優れた吸水性ショーツデビューをしてみてはいかがでしょうか?

▼こちらもチェック▼
女性特有の悩みや不調を解決する、フェムテックサプリが続々登場!
生理、セルフプレジャー、更年期……タブーをワクワクに変える国内フェムテック事情【前編】
世界中の開発者から届く、女の子の心身の悩みを解消する最新フェムテック・プロダクト【後編】

美容のミライとは?

「キレイになるって、面白い!」をテーマに1998年に創刊された美容誌VOCE(ヴォーチェ)。そのウェブサイトが今年20周年を迎えました。新しい時代、新しい世代に向けて、新ビューティ企画「美容のミライ」を始動します!

テーマは、「キレイになるって、地球に優しい!」。人や環境を傷つけることなく、また最先端の科学やテクノロジーを凝縮して生み出される新時代のコスメたちをフィーチャーし、“未来のキレイ”を見つめるコンテンツをお届けします。

取材・文/齊藤美穂子

Edited by VOCE編集部