メンズメイク入門

男だってメイクがしたい! なのに、コスメが買えないおじさんの話【連載第1回目】

2020.08.20

「男性もメイクは当たり前!」「男性も美容感度が高まっている!」。そんな雰囲気を感じはするけれど、本当に社会はそうなっているのでしょうか? 「メイクがしたい!」と思いたったものの店先で逡巡する著者と一緒に考えていきます。

「男性もメイクは当たり前!」「男性も美容感度が高まっている!」。そんな雰囲気を感じはするけれど、本当に社会はそうなっているのでしょうか? 「メイクがしたい!」と思いたったものの店先で逡巡する著者と一緒に考えていきます。

【執筆したのは……】

鎌塚亮
1984年生まれ。会社員。ある日「そういえば、自分はラクに生きたいだけだった」と気づき、セルフケアについて調べ始める。メンズメイク初心者。
Twitter: @ryokmtk
note: 週末セルフケア入門

コスメを買えなかったおじさんの話

先日、原宿のコスメショップにひとりで行きました。でも、何も買えませんでした。中年男性である自分がひどく場違いな気がして、レジに行く勇気が出なかったのです。

最近、メイクに興味を持ち始めた私。メンズメイクに関する記事やツイート、動画などを検索するようになってまる一ヶ月が経ちました。はじめはドラッグストアやスーパーのコスメ売り場で気になったものを買っていたのですが、いろいろと調べるうちに、専門店でしか売っていないものにも興味が出てきました。いまは、有名ブランドのメンズラインも充実しています。下調べはばっちりでした。

原宿のショップは検索で見つけました。手を消毒して冷房のきいた店内に入ると、入り口近くでは夏用の制汗剤や、新商品がワゴン売りされています。照明は明るめ。フロアの中心には、商品がPOP付きでぐるりと陳列されています。店内はお洒落な人ばかりでした。ほとんどが女性。皆、完璧なメイク。一朝一夕ではなく、長い年月をかけて見つけた、自分に似合うメイクをしていることが一発で分かります。

男性も2、3組いました。ちょっとK-POP風で、カラフルに染めた髪に、シンプルでゆるい服を着こなしています。たぶん二十代前半くらい。軽くアイラインも引いていたかもしれません。それがしっくりきていて、本当にかっこいい。ひるがえって私は、これまでスキンケアもしてこなかった36歳の中年男です。中肉中背。ジムには通っているものの、スマートな体型ではけしてない。ゆるい服を着たら、たぶんただのゆるい人になるだけでしょう。

平日の夜だったので、半袖のボタンダウンシャツにチノパン、ローファー。明らかに「仕事帰りの会社員の男」。誰かと待ち合わせでもしているのかな? という感じ。気にしなければいいのに、どうしてもひとりだけ浮いている気がして、めちゃくちゃ挙動が不審になってしまいました。たぶん、ちょっと怪しかったと思います。

結局、その日は何も買うことができずに帰りました。

Brand News

VOCEタイアップ

Serial Stories

連載・シリーズ