ビューティニュース

【美容家・神崎恵が指南!人生を変える美人眉】一生モノのMYべスト眉の見つけ方

2020.08.23

主宰するサロンで5万人以上の眉を美しく描いてきた神崎恵さん。“眉の伝道師”神崎さんが、あなただけのMY“ベスト眉”の見つけ方を指南。

主宰するサロンで5万人以上の眉を美しく描いてきた神崎恵さん。“眉の伝道師”神崎さんが、あなただけのMY“ベスト眉”の見つけ方を指南。

眉を整えると【すっぴんでも美人オーラ】をまとえます

自信を持って言えるのは、眉を変えると整形レベルで顔が変わること。シャドウやアイライナーなどを頑張らなくても、美しく骨格を際立たせて、顔立ちを整えることが可能に。

VOCE2020年10月号 神崎恵

眉を変えるのが一番難しい。でも【一番自信を育ててくれるのも眉】

長年見てきた自分の眉の形を変えるのって、実はかなり勇気がいる行為。他人から見たらすごく素敵になっているのに、自分では太すぎるように見えたり、濃すぎて見えたりして。だけどファッションと同じで、安心できるものばかりに頼らず、冒険して手に入れたキレイは、自信を生み出してくれるもの。私にはコレ! という思い込みを捨ててみましょう。

VOCE2020年10月号 神崎恵

眉を変えると似合う服、似合う色すべて変わる。まさに“生まれ変わる”感覚です

フェミニンなアーチ眉からストレート眉に変えただけで、似合う服や似合うメイクがガラリと変わります。もし今、“自分を変えたい”と願うなら手始めに眉を変えてみるといい。それくらいドラマティックな変化を生むものなのです。

VOCE2020年10月号 神崎恵

眉の重要性に気づいたのは16歳の頃でした

眉をキリッと描いた日は凛々しい気持ちになるし、女らしいフォルムに仕上げれば、そういう気持ちになる。眉は骨格だけでなくマインドすら変えてしまうほど、影響力のあるパーツ。そんな眉の大切さに私が気づいたのは16歳の頃。当時は芸能のお仕事をしていたため、雑誌の撮影やTVの収録でプロのヘアメイクさんに眉を描いていただく機会が多かったんです。その際に驚いたのが、眉の描き方ひとつで自分の顔がガラリと変わること。そして顔立ちだけじゃなく纏う雰囲気まで変えてくれる眉に、キレイの可能性を感じました。“ベスト”な眉って、ものすごく難しいですよね。だからこそ、美容をお仕事に選んでからずっと眉のレッスンを続けているのですが、生徒さんや眉の企画で読者の方たちのお悩みを聞くたびに思うのが、正解がわからずに“なんとなく”で眉を描いている人がとても多いということ。最終的にはファッションや纏いたい雰囲気で眉をアレンジしてほしいですが、まずは自分の骨格に合った“正解”の眉を習得してみましょう。眉に自信が持てるようになれば、メイクだって服だって似合うものの幅がどんどん広がります。ただし正解を見つけたら終わりではありません。顔のバランスとなりたい雰囲気は年齢によって微妙に変わっていくから、それに常にフィットするような眉へとアップデートも忘れずに!

撮影/寺田茉布(LOVABLE/モデル)、伊藤泰寛(静物) スタイリング/石関靖子 ヘア/津村佳奈(Un ami) 取材・文/中川知春

Edited by 大森 葉子