ビューティニュース

【’80~’90s青春コスメ】ZOKKON命(ラブ)!ヌーヴ、小霧子、FSP……夢中になったコスメたち

2020.09.08

思わず二度見しちゃう衝撃的キュートなパッケージと、優秀すぎる新感覚コスメたちの登場に、胸の高鳴りが止まらなかった80〜90年代! 鮮烈な記憶をしかと残してくれたコスメたちの軌跡を辿ります。

思わず二度見しちゃう衝撃的キュートなパッケージと、優秀すぎる新感覚コスメたちの登場に、胸の高鳴りが止まらなかった80〜90年代! 鮮烈な記憶をしかと残してくれたコスメたちの軌跡を辿ります。

前回の記事もチェック!
【’80~’90s青春コスメ】キレイとの闘いは思春期ニキビから始まる!?
【’80~’90s青春コスメ】湿気との闘いで思い出す、伝説のヘアケア一挙紹介!

【執筆してくれたのは……】
竹村真奈さん

編集プロダクション・タイムマシンラボ代表。ファンシーなガーリーカルチャーを本に閉じ込める仕事や企画・プロデュースを中心に活動中。『80-90’s TEENS BEAUTY BOOK』(ギャンビット)、『’80sガールズファッションブック』(グラフィック社)、『整理収納を仕事にする 片づけのプロ10人に聞く、暮らしと人生の整え方』(翔泳社)など他多数。
【Twitter】https://twitter.com/takemana
【Instagram】https://www.instagram.com/takemana/

◆◆◆

ときは80-90年代。黒ずくめのカラス族ファッションに冴える濃い目のモードメイク、リセエンヌファッションに憧れたオリーブ少女たちのナチュラルメイク、メルヘンチック派とロマンチック派に分かれたガーリーメイク、元気爆発アイドル的ファッションのキッチュメイク、ワンレングスにボディコンファッションで身を包んだイケイケメイク、W浅野的渋カジスタイルや今井美樹的キレカジスタイルと言ったカジュアルなデニムスタイルにあえての赤い口紅戦略まで。思い出しただけでワクワクしちゃう彩り鮮やかな当時のコスメを振り返りましょう。

コスメデビューはキスミーシャイン♡

校則違反ギリギリセーフ(?)のほんのり色づくリップが少女たちのコスメデビューに一役買った「キスミーシャインリップ」シリーズ。80’sテイスト全開なバリエーション豊かなパッケージデザインが秀逸! リップの色はもちろん大事だけど、ジャケ買いしたくなる可愛さでした。

VOCE

「キスミーシャインリップ」シャインピンキー(伊勢半/1982年)

VOCE

「キスミーシャインリップ」シャインチョコ(伊勢半/1982年)

VOCE

「キスミーシャインリップ」シャインゴールド(伊勢半/1983年)

VOCE

「キスミーシャインリップ」シャインピンクトーン(伊勢半/1985年)

VOCE

「キスミーシャインリップ」シャインパステルパープル(伊勢半/1985年)

VOCE

「キスミーシャインリップ」シャインミスティピンク(伊勢半/1986年)

パワフルでカラフルな時代に負けないインパクト

カラフルな時代に負けないファッショナブルな色構成、コレクション感覚にとんだ楽しいデザイン、統一性のないミスマッチ感覚にZOKKON命(ラブ)! ハッとするほどに愛しいまるっこいフォルムのボトルもたまりません。全部集めて、部屋に飾っているだけで幸せ気分に包まれそう。

VOCE

「プペハウスときめきコロン」シリーズ(小林コーセー<現:コーセー>/1985年-1990年)

VOCE

「プペハウスときめきコロン」(小林コーセー<現:コーセー>/1985年)
左からおすまし、ドキドキ、あこがれ、ヒアソビ、ユウワク