1. ”黒い食材”で老化を防ぐ! 疲れた胃にも優しい日本古来の薬膳レシピ

2016.01.04

”黒い食材”で老化を防ぐ! 疲れた胃にも優しい日本古来の薬膳レシピ

美容にすぐれた効果のある身近な食材を選んで、家庭で作れる薬膳料理を谷口ももよさん著「身近な10の食材で始める 薬膳ビューティーレシピ」からご紹介。美しくなるために薬膳を日々の生活にとり入れて、体の中からキレイになりましょう。

”黒い食材”で老化を防ぐ! 疲れた胃にも優しい日本古来の薬膳レシピ

“老化現象”の悩みを解決!

【黒豆、黒ごま、くこの実、昆布】

老化と深く関わっているのは、五臓の中の腎の機能です。女性の体は7年周期で変化し、28歳でピークを迎えますが、35歳で腎の機能が衰え、42歳で白髪が増えたり足腰が弱くなるなど表に現れるといわれています。アンチエイジングに欠かせないのは、腎力を上げる食材を効率よくとること。黒い食材の黒豆、黒ごま、昆布のほかに、滋養によいくこの実もおすすめ。若いうちから意識してとることで、50代になったときに差が出ます。

黒ごま入りのつゆで体に潤いを。滋養のある山芋とおぼろ昆布をトッピング

●黒ごまとろろそば●

薬膳レシピ,黒ごまとろろそば

材料(2人分)
そば……200g
山芋のすりおろし……150g
おぼろ昆布……20g
練り黒ごま……大さじ4
すり黒ごま……大さじ2
そばつゆ(そばつゆの素+水)……約2と1/2カップ

作り方
①そばはゆでて水でしめ、ざるに上げて水けをきる。
②鍋にそばつゆを入れて煮立てる。
③②をお玉1杯分取り分けて器に入れ、練り黒ごまを少しずつ加えて溶き、②の鍋に戻し入れ、すり黒ごまを加える。 ④①のそばを③の鍋に入れてさっと温め、器に盛り、③のつゆをかける。山芋とおぼろ昆布をのせる。

腎によいえびとブロッコリーで。マヨネーズと練りごまのソースが新鮮!

●えびとブロッコリーのごまマヨソース●

薬膳レシピ,えびとブロッコリーのごまマヨソース

スパイスをプラスし、体を温めて腎機能をアップ

●黒豆のホットスパイシースープ●

薬膳レシピ,黒豆のホットスパイシースープ

★家庭で作れる薬膳ビューティーレシピがたくさん!ぜひチェックして。

「身近な10の食材で始める 薬膳ビューティーレシピ」

「身近な10の食材で始める 薬膳ビューティーレシピ」
谷口ももよ著 ¥1200(税別)/講談社