1. あけまして、柚子かまぼこパスタ|おせちの残りでサッと一皿

2016.01.02

あけまして、柚子かまぼこパスタ|おせちの残りでサッと一皿

あけましておめでとうごさいます。おいしいお正月をお過ごしでしょうか? ごちそうが続くと、おせちもいいけど●●●もね! という気分になってくる贅沢な私たち。そこで今回は、おせちの残り食材を活用したさわやかなクリームパスタのレシピ。箱根駅伝を観ながらでもささっとできる一皿です。

あけまして、柚子かまぼこパスタ|おせちの残りでサッと一皿
スヌ子 / 稲葉ゆきえ
料理家
by スヌ子 / 稲葉ゆきえ

Image title

おせちが終わると残るもの、それは

いきなり材料からまいります。メイン食材はかまぼこと柚子。あるある、冷蔵庫にまだたくさんある〜。かまぼこは、魚のすり身ですからシーフード扱い。

Image title

●柚子かまぼこパスタ 材料/ 2人分●

■かまぼこ…4切れほど(小さめの銀杏切り)
■柚子…1/2個(トッピング用に皮を削いでおく)
■長ねぎ…1/3本(縦半分に切りザク切り)
■大根…かまぼこと同じくらい(小さめの銀杏切り)
■三つ葉や貝割れなどの青いもの…少々(ザク切り)
■太めのロングパスタ…200g
■サラダ油…大さじ1、酒…大さじ3、生クリーム…100cc、薄口しょうゆ…少々

ねぎ、かまぼこのうまみを引き出す

それでは作っていきます。

1.たっぷりのお湯を沸かし、塩を入れて、パスタをゆで始める。今回は9分ゆでるものを使うので、タイマーを8分にセット。表示時間より1分短くゆでるのがポイント。

2. フライパンを中火で熱し、油、長ねぎ、大根を入れて炒める。焦がさず、ねぎの甘みを引き出すようにじっくり、しんなりするまで。

Image title

3. かまぼこを加え、ざっと炒め合わせたら酒を入れ、ふたをして蒸し煮に。1分ほどで火を止める。

Image title

Image title

種が落ちにくい柚子の搾り方

4.パスタがゆであがったら、フライパンの火をつけ、生クリーム、パスタを入れて中火で1分混ぜながら煮る。

Image title

生クリームがなくても、クリーミーさを加えてくれるものなら何でも。クリスマス残りのマスカルポーネやサワークリーム、クリームチーズ、牛乳だってかまいません。

5.柚子の搾り汁、三つ葉を加えてざっと混ぜ、火を止める。

Image title

柚子は上に向けて握り、ぎゅっと搾って、皮の端から果汁を注ぐようにすると、種が落ちて混入するのを防げる。

お好みで唐辛子をパラリ

Image title

できました!

立ち上る柚子の香りがたまりません。アクセントに、一味や七味唐辛子を振ると、さらに味がシュッと締まります。残り物とは思えない、日本酒にも白ワインにもよく合う一皿。ぜひお試しくださいね。

では今週はこのへんで。

ハヴァ・ナイスヌ・クッキング! 

お正月休み、飲み過ぎ注意^^


☆スヌ子のお料理レッスン詳細は以下☆
ギャラリーキッチンKIWI : www.kiwi-lab.com
instagram:www.instagram.com/snuko178/

スヌ子 / 稲葉ゆきえ
スヌ子 / 稲葉ゆきえ
料理家。東京日本橋「ギャラリーキッチンKIWI」にてもれなくお酒つきの料理教室を主宰。手軽につくれて華やかな“盛り上げレシピ”が評判。スヌ子の愛称は、スヌーピーが大好きで顔も似ていると言われることから。モットーは「腕前よりも、料理はセンス!」。著書に『酔いどれスヌ子の麗しごはん』(小学館) ギャラリーキッチンKIWI : www.kiwi-lab.com instagram:www.instagram.com/snuko178/

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 12月号

12月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら