1. 透明肌のために、この10年でやるべき美容医療

2016.01.09

透明肌のために、この10年でやるべき美容医療

日焼けの過去がある、母親にシミが多いetc…肌色問題の不安を消し去り、一生、透明肌!

透明肌のために、この10年でやるべき美容医療

こんな人にオススメ!

Image title

・今は白いけれどガンガン焼いてた黒い過去がある
・母親や父親の顔にシミがたくさんある
・もともと色黒。どうしたって焼けやすい
・少しずつ黄ばんできたのを実感してる
・マリンスポーツや屋外で過ごす機会が多い

あらゆる黒点を消し発光肌死守コース

「UVケアや美白を心がけていてもシミができることはあるし、年齢とともに肌はくすみがち。でも適切な治療でどちらも解決できますよ。肌質や過去の日焼けでシミのリスクが高い場合も、早めに予防すれば、一生シミなしも可能です」
by 皮膚科形成外科 ノアージュ 今泉明子院長

シミを防ぐ、取り除く、透明肌10年プラン

30代前半 初期くすみ解消

トラネキサム酸+ビタミンC導入

Image title

過剰なメラニン生成と炎症を防ぐ2大成分をイオン導入でしっかり効かせ、くすみやシミ、肝斑に先回り。日焼け後のケアにはもちろん、元ガングロ女子のシミ予防にも効果を発揮する。

Image title

30代前半 色ムラ出現の初動ケア

レチノイン酸+ハイドロキノン(外用薬)

色ムラが目立ってきたら、まずは塗り薬で対抗。代謝を高めてメラニン排出を促すレチノイン酸と美白効果の高いハイドロキノンを使用。有効成分の濃度は、診察で肌状態に合わせて。

Image title

30代後半 極小ジミは拡大前に解消

フォトフェイシャル

色ムラ対策と同時に、キメ改善や弾力アップも狙うならフォトフェイシャルを。コラーゲン生成を促して、たるみ毛穴やハリ感低下を防ぎながら、若々しい透明肌をキープする。

Image title

30代後半 さらにオプションで追加

ピーリング+ビタミンC導入
水光注射

Image title

30代後半に入って代謝が低下し、くすみが目立ち出したら、代謝促進のイオン導入や注射で美白成分を注入する水光注射をプラス。初期のシミなら水光注射だけで解消できることも。本格シミは外用剤やレーザーで退治し、死ぬまで透明肌で!

Image title

いつでもOK ほくろ除去で純白度増強

レーザー治療or手術

「イボやほくろがあると透明感が損なわれがちだし、どうしても老けて見えます。上級色白を目指すなら、除去を検討しても」(今泉院長)。大半のものはレーザーで治療できる。

Image title

協力クリニック
皮膚科形成外科ノアージュ

肌荒れなどの保険治療の皮膚疾患から美容医療まで幅広く対応。エステも充実。

東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー6F
03・5413・0082
www.noage-amc.com

取材・文/近藤須雅子
イラスト/Cocco
構成:中田優子