1. たるみ&ブルドック顔脱出できる、スゴい美容医療

2016.01.13

たるみ&ブルドック顔脱出できる、スゴい美容医療

シワになりにくい肌質はたるみの危険が大。肌のハリが重力に屈し、たるみデカ顔に!

 たるみ&ブルドック顔脱出できる、スゴい美容医療

こんな人にオススメ!

・頰やあごのまわりにぽっちゃりお肉がついてる
・肌が柔らかめでぽちゃぽちゃ。頰をひっぱるとびよ~んとのびる
・母親がまぎれもなく下ぶくれで頰がたるんだブルドッグ顔だ
・ほうれい線やあごのたるみがじわりじわり目立ってきた
・まぶたが重く目がしょぼつく。眼瞼下垂ぎみの自覚大あり!!

ブルドッグ家系脱出コース

「ぽっちゃりキュートなタイプの人ほどブルドッグ顔になりやすいのは、ぽっちゃり脂肪の重みで皮膚がのびてしまいやすいのも一因。皮膚や筋肉を鍛えると同時に、重みの元凶である脂肪を減らすという二段構えで、長期計画を!」
by タカミクリニック 高見 洋院長

脂肪と重力との戦い
たるみ対策10年プラン

30代前半 ぽちゃ肌こそ筋トレを

EMS

たるみの大きな要因となるのが、顔のコリや筋肉低下。フェイスエクササイズなどで筋肉を鍛えるのが効果的だけれど、実行は大変だし、自己流マッサージはシワの原因にも。電気刺激で筋肉を動かすEMSならラクチンで、目もとや口もとを引き締めて小顔効果も。

Image title

ヒアルロン酸注入

「ほうれい線などのシワは、ヒアルロン酸の注入で即効的に解消できます。その際、シワの凹みを直接ヒアルロン酸で埋めるのではなく、面で注入することで、凸凹にもならず自然にリフトアップできます」(高見院長)。目もとのたるみ&くぼみ対策も同様。

Image title

30代後半下ぶくれが明白になったら

脂肪溶解輪郭注射

Image title

皮膚の弾力低下と表情筋の衰えで皮下脂肪を支えきれなくなると、本格的に下ぶくれに。となると脂肪溶解ケアの登場。「脂肪細胞を分解排出して、ほうれい線の原因となる頰の脂肪やあごの脂肪などをピンポイントで撃退し、たるみの進行も防げます」(高見院長)

脂肪溶解注射+ヒアルロン酸注入

目の下側に脂肪たるみが出てくると、どっと老けた印象に。とはいえ脂肪を除去するだけだと、かえって目もとがげっそり老けるので、ヒアルロン酸注入を併用してふっくら感をプラスする。たるみと同時に目の下のくまも解消され、明るく若々しい目元に。

Image title

協力クリニック
タカミクリニック

シミやヒアルロン酸注入など、治療ごとに専門フロアを設け納得の美仕上がりに。

東京都港区南青山3-18-5 モンテプラザ2~4F
03・5414・6000
www.takamiclinic.com

取材・文/近藤須雅子
イラスト/Cocco
構成:中田優子