1. ■週末は出雲へ! キレイになるパワースポット巡り♡|編集N子の週末リア充道!

2016.01.19

■週末は出雲へ! キレイになるパワースポット巡り♡|編集N子の週末リア充道!

寒い季節ももうすぐ終わり。少しあったかくなったら、週末はちょっと遠出したいですよね。そんなVOCE読者におすすめしたいのが、パワースポットめぐり。新しい年、新しい生活のはじまりを、気持ちよく迎えよう♪

■週末は出雲へ! キレイになるパワースポット巡り♡|編集N子の週末リア充道!

■島根・出雲大社へ

東京・羽田から飛行機で出雲空港へは1時間半。島根県にある出雲大社は、縁結びの神・福の神として知られています。恋愛だけでなく、様々な「良いご縁」を近づけてくれる神社なんですね。日本最古の歴史書「古事記」に、その創建が記されているほどの古社なのです。

Image title

出雲大社は4つの鳥居があり、1つ目の鳥居が石、2つ目が木、3つ目が鉄、4つ目が青銅で、自然のものを結集しているのだそうです。一礼して鳥居をくぐると、気持ちがすーっとしてきます。

■と、その前に稲佐の浜へ

出雲大社から徒歩15分ほどでたどり着く、様々な神話に出てくる海岸。旧暦の10月10日には、出雲大社に集まる全国の神々が、この浜から出雲へ上陸すると伝えられていて、神迎えの神事が行われる出雲のパワースポットのひとつです。浜に佇む弁天島が厳かな雰囲気をつくりだしています。

Image title

ここのお砂はご利益があると言われていて、少しだけ拾わせてもらってから出雲大社へ。

■本殿をお参り後、裏の素鵞社へ

古くから「出雲大社をお参りしたら、ここも必ずお参りを」という人たちが多いとか。持参した稲佐の浜のお砂をこの「素鵞社」に供え、そのお砂と交換で、ご社殿の床縁下のお砂を持ち帰る信仰が古くから伝わっているんです。社殿下のお砂は「お清めのお砂」と呼ばれ、自分の家にまくと、家を守ってくださるのだそう。くれぐれも、交換をせずにお砂だけ持ち帰ることのないよう!

Image title

■参道に続く神門通りで食べ歩き

参拝が終わって小腹が空いたら、神門通りで食べ歩きしましょう! 

Image title

お店に入って「出雲ぜんざい餅」を食べるもよし、食事の場合にはぜひとも有名な「出雲そば」を。写真は神門通りではないですが、有名なお店「羽根屋」のおそば。

Image title

■旅の締めくくりは日本三大美人の湯!

出雲にある「湯の川温泉」は、日本三大美人の湯のひとつ。空港から車で5〜10分程度ととても近いので、帰りに寄ることができて便利。今回はタクシーの運転手さんおすすめの小さな温泉に連れてきてもらいました。運転手さんが皆親切で親しみやすいのも、出雲観光を思いで深くしてくれました。

Image title

■時間があれば万九千神社へ

出雲空港から出雲大社へ行く途中に、小さな神社があります。それが万九千神社。神在月に全国から集まった神様たちが、帰る前に最後に宴をする場所とされています。小さな神社ですが、全国の神様たちが集まった場所にもお参りを。

Image title

■出雲へは毎日5便、日帰りからOK!

JALの飛行機が毎日運行しています。忙しい人は日帰りでも。時間がある人は近隣の神社を巡っても。日本有数のパワースポットでパワーをもらってみてくださいね。

Image title