ブランドスペシャル

ふとした瞬間のゆるみサイン(※1)へ。ハリが目覚める先進ケア

公開日:2022.09.22

ふとした瞬間のゆるみサイン※1へ。ハリが目覚める先進ケア

長年にわたって再生医療の研究を続けてきたロート製薬。その研究成果に着目したエピステームが、生まれ変わって新登場。ゆるみが気になってきた肌に、潤いを届け、ハリを高めてくれる。使えばきっと新しい発見が!

ふとした瞬間のゆるみサイン※1へ。ハリが目覚める先進ケア

長年にわたって再生医療の研究を続けてきたロート製薬。その研究成果に着目したエピステームが、生まれ変わって新登場。ゆるみが気になってきた肌に、潤いを届け、ハリを高めてくれる。使えばきっと新しい発見が!

再生医療研究を行うロート製薬から誕生

ふとした瞬間のゆるみサイン※1へ。ハリが目覚める先進ケア

濃密でリッチな贅沢クリームでうっとりの後肌

【左】ステムサイエンス リフトクリームb 45g ¥36300>>
のばしやすくなめらかなテクスチャーでありながら、吸いつくようなもっちり感もあるというユニークな使い心地。塗った瞬間から潤いでハリがみなぎり、ふっくら厚みのある肌印象に!

乾燥した肌がもっちりとしなやかに変化

【中央】ステムサイエンス エマルジョンb 45g ¥16500>>
なめらかなクリーム状のテクスチャーで、肌の上でゆるゆると溶けるような塗り心地。乾燥してゴワつきを感じる肌に無理なくなじみ、潤ってハリと弾力感のある印象へと変えてくれる。

スーッとなじんで潤うハリ感!

【右】ステムサイエンス ローションb 150ml ¥16500>>
ハリの源※2に積極的に働きかける、数々の複合成分を配合。肌に触れるとパシャッとはじけるようになじみ、深く浸透※2するような感覚が。この1品で、美容液まで塗ったような後肌に!

POINT 1
再生医療研究に着目。潤いとハリを与える新成分を配合

植物エキスの新・複合成分「ステムフルコンプレックス」を、3品すべてに配合。

POINT 2
高浸透処方を採用。成分を肌奥※2までしっかり届ける

独自の高浸透技術※2「ディープターゲットデリバリーⅡ」により、成分を届けたい場所に!

POINT 3
光老化・糖化・加齢・酸化。エイジングのあらゆる原因に着目

潤いを与えて透明感も引き出す成分を厳選して配合。くすみの原因に働きかける。

美容エディター松本千登世さんと考える。今、私たちに必要なハリケアとは?

将来もハリのある肌でいるために、いまからできることとは? 「きちんとお手入れすれば、肌は必ず応えてくれる」と語る松本千登世さんに、エイジングケアについて詳しく教えていただきました!

松本千登世さん

美容エディター

松本千登世さん

雑誌や単行本など、美容企画やインタビュー記事を中心に活動。年齢を重ねるほど深みを増していく、その美しさはもちろんのこと、独自の哲学や繊細な美意識に憧れる業界人も多数。

ふとした瞬間のゆるみサイン※1へ。ハリが目覚める先進ケア
「エイジングケアはずっと自由でいるためのひとつの手段」

エイジングケアにおいて一発逆転はありえない。毎日楽しんでケアを

松本千登世さん
松本千登世さん

「エイジングケアって若い肌にも必要ですか?」とよく聞かれます。もちろん、必要。シワやたるみなどのエイジングサインを肌に記憶させないように、できるだけ早くから予防したほうがいいと思うから。目指すのはやわらかくて厚みのある、シワのつきにくい肌。頰のあたりがパンッと張ってツヤツヤしていると、それだけで元気に見えますよね。そんな肌のためには、毎日コツコツお手入れして肌に体力をつけておくことが大切です。それも“悪くない”じゃなくて“すごく好き”なコスメで。テクスチャー、肌変化、後肌。相性がいいと思えるコスメなら、毎日楽しくお手入れできそうじゃないですか? 今日の肌は調子がいいと感じることが一番大事。それが続けば、自然と将来も調子のいい肌でいられると思います。


肌の変化を見逃さず心地いいと思えるスキンケアを!

ふとした瞬間のゆるみサイン※1へ。ハリが目覚める先進ケア
「明日の朝の肌を思い浮かべながらお手入れしてみて」
松本千登世さん
松本千登世さん

スキンケアもメイクと一緒。たとえ1回でも、塗る前と塗ったあとでツヤ、ハリ感、明るさは変わっているはず。メイクなみの変化があると思えば、より楽しくケアできますよ。


オンラインカウンセリング
肌状態に合うスキンケアを見つけよう

スマートフォンやパソコンがあれば、自宅でオンラインカウンセリングが受けられる。美と健康のユニークな資格を持ったスキンコンサルタントが、最適なスキンケア方法をご提案!

※1 ハリがなく、キメが乱れている状態
※2 角質層まで

提供/ロート製薬
エピステームコール 03・5442・6008
エピステームをもっと詳しく

撮影/吉田健一(静物)、古水良(cheek one/人物) ヘアメイク/中台朱美 取材・文/穴沢玲子 構成/河津美咲

Edited by VOCE編集部

公開日:2022.09.22