1. 2016年美白最前線。根本美白で透明ベビー肌を取り戻す

2016.01.25

2016年美白最前線。根本美白で透明ベビー肌を取り戻す

2016年美白は新次元に突入。肌色問題だけでなく潤いもハリもたるみもまとめてケアする根本美白へ。

2016年美白最前線。根本美白で透明ベビー肌を取り戻す

最旬美白のイメージは明るく元気な透明ベビー肌

そもそも美白って、ハードルが高~い超難問だ。美容的には悪者扱いのメラニン色素も、本来は有害な紫外線からカラダを守り、皮膚ガンを防ぐ超重要な防御システム。生命にかかわる働きだから強靭で、そう簡単には抑えられないし、強引に抑えれば無理が来る。それを安全かつ健康的に、さらに迅速に行い、透明肌を実現しようというのが美白コスメ。これは、並大抵のことじゃない。(*1)
それでも、美白コスメは着実に発展を続け、現在ではほとんど美容医療に迫る実力。これ以上、進化のしようがないほどの完成度と言われている……そんな予想を覆してさらなる大進化を受け、2016年、ビッグウェーブが押し寄せる模様!
メインテーマも、これまでにない〝肌にいい美白〞、または〝急がば回れの根本美白〞。目指すは、真っ黒に日焼けしても、すぐに白く戻った子供の頃の透明肌だ。要するに、くすみもシミも大半はトシのせい(*2)なのだから、徹底的なエイジングケアで肌力を高め透明ベビー肌を取り戻そう!というわけ。

総合ケア効果の圧倒的進化で実感できる美白力が実現

このアプローチ自体は、実は以前からあったもの。だけど、納得できるだけの美白効果を上げるには、強力なエイジングケア力が必須で、これまでは美白の主流にはなりきれなかった。それが皮膚科学や研究開発の進化を受けて、一気に本流に。たとえばHAKUやSK-IIの美白は、以前から美白効果だけでなく、「肌の調子がよくなった」とか「キメが整った」と美肌ケア力の高さに定評があるけれど、これぞまさに〝肌にいい根本美白〞の真髄だ。いずれも最新作では、くすみやシミの高速解消と予防をより一層強化して、根本ケアと即効性を高めている。
この傾向は、国産美白のメインストリーム。成分のナノ化で浸透力を高めたアスタリフトや定評ある美白成分コウジ酸に強力美肌成分を新配合したインフィニティなど、〝結果を待たせない!〞短気部長系新作がずらりと並ぶ。

美白敬遠派を返上するなら今シーズンがビッグチャンス

一方、外資系美白は、以前から根本美白が主流派。今季は、肌力アップの実力がさらに高まり、白いだけじゃない絶世美肌づくりに磨きをかけた。シャネルの新作美容液は、春先の集中ケアで夏の色ムラ悪化に先回りして、きめ細かな透明肌をキープする作戦。炎症や酸化ダメージ(*3)のケア力がさらに高まったクリニークやインフィニティは、敏感肌の炎症ぐすみの予防アイテムとしても優秀だ。
いずれにしても「美白は刺激が強い?」という不安をきれいに払拭する〝肌にいい〞強力作揃い。これまでなんとなく美白ケアを敬遠してきた人にとっても、今年は美白デビューにビッグチャンスだ。

*1 20世紀の美白は、過剰なメラニン生成(メラノサイトの暴走)や生成しろという指令自体を止めるというアプローチが主流。いずれも至難の業で、無理をするとリスクが。そんな大変なこと、やってられない、と乗り気じゃない外資系ブランドも多かった。
2 メラノサイトの暴走も、代謝がエンストしてメラニン色素が蓄積されるのも、結局は、加齢にともなう肌機能のポンコツ化が大要因。暴走を止めるのではなく、暴走もエンストもしない若々しい新品肌を維持するのが、究極の2016年美白だ。
*3 日焼け止めで紫外線を遮断しても、皮脂の酸化や摩擦刺激などで炎症を起こすと、メラニン生成にスイッチが入ってしまう。ごしごしこすったり、不完全な洗顔も色素沈着のもとに。

VOCE3月号,SK-II ジェノプティクス オーラ エッセンス,HAKU メラノフォーカス3D,

A 目指すは紫外線ダメージの一掃 シミの芽も断つ高ケア美白
【SK-II】

ぼんやりぐすみや肌にごり、隠れジミetc.あらゆる色ムラ撲滅を目指して、肌力をボトムアップする美白エッセンス。定評ある美白成分D-メラノをベースに、紫外線ダメージの根本ケア力を強化し、シミ未満のメラニン溜まりも一掃してオーラを放つ発光肌に。
SK-II ジェノプティクス オーラ エッセンス〈医薬部外品〉30ml ¥16000(編集部調べ・2/21発売)/マックス ファクター

B 浸透力を高めた改良レシピでより速くより明るくを目指す
【HAKU】

慢性的な微弱炎症の刺激で、紫外線を大量に浴びてないのに過剰にメラニン色素をつくってしまったり、代謝の遅れでくすみが進行したり等々。そんな肌機能の低下をしっかりケア。色ムラとは無縁の健康肌に整える。さらに、美白成分の浸透を高めた新レシピで、速攻美白力も増強。
HAKU メラノフォーカス3D〈医薬部外品〉 45g ¥10000(2/21発売) /資生堂

C 夏が来てからじゃ間に合わない まだら色ムラを集中リセット
【CHANEL】

目立つシミはないけれど、部分的にくすみやにごりがあって、肌色がまだら……なんていう状態のまま、夏の強い日差しを浴びて悪化させないための新提案。夜用集中ケアで均一透明肌の奪還を。紫外線が強くなる3月までにケアを始められるよう、2月中旬に緊急発売!
ルブラン レクストレ〈医薬部外品〉 20ml ¥34000(2/19数量限定発売)/シャネル 

撮影:国府泰