1. 冬のスキンケア落とし穴。荒れ肌スパイラルに注意

2016.01.26

冬のスキンケア落とし穴。荒れ肌スパイラルに注意

しとどにうるおう肌からにじみ出るツヤは、なんにもしてなくたって色っぽく見せる源に。うるおいを奪い去る日常の落とし穴を注意深く避けて、冬のしっとり肌を死守するのが正解!

冬のスキンケア落とし穴。荒れ肌スパイラルに注意

冬のスキンケア落とし穴。荒れ肌スパイラルに注意

冬肌のうるおいを奪っていく最大の原因は「冬だから、まあいっか」という油断にあり。朝のケア、夜のケア、それぞれで保湿の穴を生んでいるであろう、油断しがちな魔のタイミングを今すぐ点検!

朝の落とし穴
寒いし、肌は乾いているから洗顔はお湯だけで完了

お湯だけ洗顔,

洗顔料は必須。使用量を減らして洗浄力を調整して

冬の朝は寒い。洗顔するのも嫌なほどに寒い。というわけで、まず注意したいのはお湯の温度。

「皮脂量が少ない冬こそぬるま湯洗顔を徹底してうるおいをキープ。目安は32℃です」(山田さん)

そして朝の洗顔でも洗顔料を使うほうがベターだ。

「洗顔で乾燥するというより洗顔後の保湿、とくに油分補給が不十分な人が多い傾向が。洗浄力が強いと感じたら、洗顔料を半量にして調節を」(岡部さん)

フィトチューン フォーミング ウォッシュ,エイジングケア 洗顔クリーム,ビオレ スキンケア洗顔料,

A.植物由来の洗浄成分でやさしく洗顔できる。
フィトチューン フォーミング ウォッシュ 200ml¥3500/コスメデコルテ

B.つっぱり感知らずなのがありがたい。
エイジングケア 洗顔クリーム 90g ¥1400/ファンケル化粧品

C.しっとりモチモチの洗い上がりに。
ビオレ スキンケア洗顔料 リッチモイスチャー 130g ¥427( 編集部調べ)/花王

朝の落とし穴
冬だからいいやとUVケアはサボリぎみ 

Image title

UV対策は一年中待ったなし冬でも日焼け止めは必須!!

夏と比べUV-Bの量は少なくなる。だがUV-Aはほぼ変わらず。ということは、紫外線は冬でも確実に肌に届いているのだから、日焼け止めを使わなくてもいいという理由にはならない。また、雪が多い地域なら、紫外線の照り返しを意識しておこう。

「冬場のUV対策には、肌をしっとりと整えるスキンケア効果の高いものを。保湿効果のあるアイテムを使うと、メイクのりもよくなります」(山田さん)

スノーブルーム パーフェクト,オバジ プラチナイズド UV 美容乳液,エリクシールシュペリエル デーケアレボリューション W I,

A.スポンジづけするとつややかさも。
スノーブルーム パーフェクトSPF35/PA+++ 35ml ¥12000、同スポンジ ¥1000/パルファン・クリスチャン・ディオール(2/26発売)

B.ベタつかずしっとり。
オバジ プラチナイズド UV 美容乳液 SPF37/PA+++ 30g ¥4000/ロート製薬 

C.調子のいい肌が続く。
エリクシールシュペリエル デーケアレボリューション W I〈医薬部外品〉SPF30/PA++++ 35ml ¥2800(編集部調べ)/資生堂

夜の落とし穴
コスメが冷たくってチビチビ使いの雑なケアに

Image title

高級コスメをどんと投入してやる気アップ

保湿コスメをたっぷり使うのが鉄則だとはいえ、やる気をくじくのはコスメのヒヤッと感。

「冬は肌の基礎体力を立て直す時期。バリア機能が壊れやすいだけに日々のスキンケアがより重要な意味を持ちます。ですが雑なケアではその効果はなし。そこで気合を入れるために思い切って高級コスメを投入してみましょう! やる気が上がるうえに自然とケアが丁寧になるのも利点ですよ」(岡部さん)

サブリマージュ ラ クレーム,オーキデ アンペリアル ザ クリーム,プロディジー リバーシス O/N,

A.うるおい感もハリ感もアップ。
サブリマージュ ラ クレーム 50g ¥40000/シャネル 

B.オーキッドの刻印がされた限定パッケージに、期待が高まる。
10周年記念パッケージ オーキデ アンペリアル ザ クリーム 50nl ¥54600(限定品)/ゲラン

C.成分だけでなくテクスチャーの心地よさでも肌にアプローチ。
プロディジー リバーシス O/N 48.05g ¥30000/ヘレナ ルビンスタイン(2/3発売)

教えてくれたのは

ビューティサイエンティスト 岡部美代治さん
科学の目でコスメや美容をひもとく第一人者。最近はコスメの肌だけでなく、気持ちへの効果に注目。

ロート製薬 ヘルス&ビューティー事業本部 山田樹里さん
オバジブランドの担当としてスキンケア知識に精通する。リアルなOL目線からの解説に説得力あり。

撮影:久々江満
イラスト:Cocco
取材・文:丸岡彩子
構成:蜷川麻実