ツヤ肌アップデート術

【今どきのツヤ肌】は「仕込み」と「仕上げ」が違います!

2020.11.19

【日中の自然光】に映える“絞ったツヤ”のつくり方

練りハイライトでつくるチビ“ツヤ玉”で鮮度アップ

「仕上げにハイライトをのせて、ツヤ感をアップ。ただし、その範囲が広いとトゥーマッチなので、あくまでもミニマムに。眉頭の下や鼻のつけね、唇の山の上といったくぼんだ部分と、高さを出したい目尻の下と鼻先に小さな円を描くようにオン。肌の自然なツヤになじみやすい、繊細なパール入りの練りタイプを選び、ブラシで塗り込むというよりは、軽くサッとのせるだけ、が正解」

ミニマムな光で品よく仕上がる

VOCE2020年12月号_高瀬真奈

一番上のクリアなハイライトを使用。青みを含む光が透明感とツヤを演出。骨格を美しく際立たせ立体的もアップ。クリーミィな質感で、なじむとサラリと変化し、持続力も◎。

ライブ感のあるツヤでフレッシュな魅力を

植物オイルをリッチに含むハイライトバームが肌を心地よくうるおし、つややかな質感で立体感とハリを演出。シルバーやレッド、ゴールドのパールでイキイキした印象も。

次ページ
【夜の明かり】ではパウダーハイライトでよそゆきのツヤにチェンジ