ツヤ肌アップデート術

【今どきのツヤ肌】は「仕込み」と「仕上げ」が違います!

2020.11.19

【オンライン】では“いいツヤ”だけ残すフェイスパウダーの細ブラシ塗りで清らかな肌印象に

VOCE2020年12月号_高瀬真奈

カバーするパウダーでテカリとアラだけオフ!

「リモートだと真上から光が当たることが多く、ツヤがテカリに見えたり、アラが目立ちがち。カバー力のあるパウダーを細いブラシでくるくるつけることでふんわり隠してテカリはおさえ、清潔感を高めつつ、ツヤを残してイキイキ感をキープ」

「練りハイライト」を先に仕込む

VOCE2020年12月号_高瀬真奈

オンラインの場合は、日中と逆で、テカリ見えを防止。顔の中心のツヤをおさえるため、顔の外側にツヤを足してフォロー。粉の前に頰骨の高い位置に丸く練りハイライトを。

パウダーを細めのブラシでくるくると

ブラシに粉をとり、ティッシュの上で垂直にトントントンと軽くおしあて、まんべんなく含ませる。アラが目立つ頰、テカる額の下半分、鼻の順にのせていき、目の下は外すこと!

ファンデ級カバー力がお粉の軽さで叶う!

撮影/三宮幹史(TRIVAL/人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/AYA(LA DONNA) スタイリング/程野祐子 モデル/高瀬真奈 取材・文/楢﨑裕美 構成/佐野桐子