1. モテる&色っぽい! 夏のオシャレまぶたの作り方3

2015.05.15

モテる&色っぽい! 夏のオシャレまぶたの作り方3

男性の熱い視線が注がれている伏し目まぶたを色っぽく、オシャレに演出する、この夏最旬のアイメイク術をお届け。

モテる&色っぽい! 夏のオシャレまぶたの作り方3

見られていない、と油断しがちな”まぶた”のメイクは、実は一番男性に見られている!?

そう指摘するのは、ヘアメイクアップアーティストの犬木愛さん。

ふとした瞬間に見つめられているまぶたは、無防備なままだじゃこの夏の恋が遠ざかるばかり。

まぶたにこそ色気を仕込む最新の”伏し目メイク”を特集しているビューティー誌「VOCE」6月号から、男性をドキッとさせるテクをご紹介♪

ラウンの進化系キラツヤパールでシャレオツまぶた

Image title

目頭側は強く、徐々に淡く消えていくブラウンの濡れツヤシャドウで、男性が好む定番メイクのイメージにトレンドをミックス。

★HOW TO MAKE-UP

<使用アイテム>

Image title

A. カネボウ ルナソル ライティングアイズ 07 ¥2500(5/15発売)
B. イヴ・サンローラン フルメタルシャドウ 7 ¥3800(5/22発売)

1.目頭から目尻へ濃淡塗り

Image title

Bのシャドウを上まぶた全体に。指にとり、まず濃く発色させたい目頭から白目の手前までになじませる。そこから目尻までは指に残ったシャドウを使って発色を淡く。これで自然な濃淡が実現する。

2.光でくぼみ強調、立体感UP

Image title

Aのハイライトをブラシにとって、目頭と鼻の間にあるくぼみにひと塗り。光でここのくぼみを強調することで、ブラウンで濃淡をつけたまぶたの立体感、丸みが際立って、より色っぽくなる。

3.目尻の光の筋で横幅拡大

Image title

Aは上下の目尻の境にも。真横にすーっと線状に入れて光の筋をつくり、抜け感を出す。このワザで人知れず目の横幅が拡大。1で広げた縦幅に横幅が加わり、目が大きくくっきり見える。

カジュアルなのに色っぽい!プラチナのキラキラまぶた

Image title

エロにならないよう、上品さをプラスするプラチナの輝きをオン。輝き+パープルの色トリックで万人ウケのまぶたに!

★HOW TO MAKE-UP

<使用アイテム>

Image title

A.シャネル スティロ アイシャドウ #107 ¥3800(5/22限定発売)
B.イヴ・サンローラン クチュールモノ 14 ¥4000

1.キメのパープルは細く効かせる

Image title

Bの先端でまつ毛ギワにラインを。目頭から同じ太さで入れ、目尻はブチッと止めずに自然にフェイドアウト。

2.目頭から1/2の光でほり深効果も

Image title

Aを目頭から1/2の範囲に。アイホールのくぼみに指を引っかけるように塗ると、ほり深度がアップ。

トランスペアレントなキラキラが今っぽい!ヌードなまぶた

Image title

透ける質感で、美まぶたを演出。ナチュラルに美人度を格上げする、今シーズン注目の新戦略!

★HOW TO MAKE-UP

<使用アイテム>

Image title

A.シャネル スティロ ユー ウォータープルーフ 916 ¥3000
B.ナーズ シングルアイシャドー 2095 ¥2500(5/15限定発売)

1.まぶた全体にキラキラ放散

Image title

上まぶたの目頭から目尻へ、まぶたの丸みに沿ってBのシャドウを。指でのせるのが◎。

2.下まぶたの黒目部分に輝きをオン

Image title

Bのシャドウを下まぶたの黒目下にも。伏し目にしたとき、上まぶたと呼応してうるんだような色気が!

3.目のキワラインで透明感底上げ

Image title

ほどよい引き締め効果のあるAのアイラインを上まぶたのキワに。目尻は2mm程度長く。

この夏は、色気たっぷりの”伏し目メイク”で恋をグッと引き寄せたい。
目元以外のパーツのメイクや、商品の詳細は、「VOCE」6月号をご参照あれ!

photographs:Yasuhisa Kikuchi/vale.(model),Yasuhiro Ito(cosmetics)
hair&make-up:Ai Inuki/agee
styling:Ayumi Takagaki
model:Sayo Yoshida
text for magazine:Hitomi Hashimoto
web writing:Misaki Kawatsu