事件!な最先端エイジングケア

美容のプロ6人が徹底解明! 肌老化を止める【スキンケア】でずっと【素肌美人】テク集

2020.11.20

美容のプロ5人が徹底解明!

エイジングの変化は誰にでも訪れるけれど、新たな着眼点&新知見が解明されつつある今、肌老化は止められるのかもしれない!? そんな希望が持てるスキンケアを紐解く、事件なキーワードを美容のプロが徹底解明。VOCE世代の肌はどうなる? どうする?

美容のプロ5人が徹底解明!

エイジングの変化は誰にでも訪れるけれど、新たな着眼点&新知見が解明されつつある今、肌老化は止められるのかもしれない!? そんな希望が持てるスキンケアを紐解く、事件なキーワードを美容のプロが徹底解明。VOCE世代の肌はどうなる? どうする?

肌の未来は自分でつくる【エピジェネティクススキンケア】

入江信子

美容エディター

入江信子

きちんとお手入れする「努力」は、親から受け継がれた、肌の「遺伝子」に勝る。こんな考え方が、美容の世界で注目を浴びている。鍵を握るのは、「エピジェネティクス」(後天遺伝学)だ。ヒトの遺伝子の働き方は、ライフスタイルやストレスといった、生まれつきでない要素で変わっていく。たとえば同じ遺伝子を持って生まれた一卵性双生児が異なる環境で育つと、外見や性格まで違ってくるのが一例。肌もまたそう。遺伝子をちゃんと働かせて、老化を進行させずにいられるかどうかは、ケアや生活態度、心の持ち方などに左右される。つまり美肌は生まれつきではなく、「自分でつくる」ものなのだ。

 こうした発想を土台に今、さまざまなブランドから、「遺伝子をきちんと働かせる」ケアが出現して話題になっている。まずはポーラ。役立たずとされてきたDNA領域から、線維芽細胞などの遺伝子のスイッチを後天的にオンする「LINC00942」を発見。「LINC00942」を増やして遺伝子のスイッチを入れ、エイジレスな状態に導くという。エスティ ローダーは、遺伝子を調整するマイクロRNAのひとつである「miR -146a」が肌細胞の増殖や修復、コラーゲン産生などを促すと解明。「miR -146a」をサポートし、肌を素早くリペアする。そして早くからエピジェネティクスに着目してきたシャネルは、抗老化タンパク質に影響を与える3種のマイクロRNAをマーク。その3つを制御する成分を配合している。いずれ劣らぬ猛者3品。「肌をつくるのは自分」と思いながらケアすれば、効き目も一層アップしそう。

ポーラ

「肌の上でとろけた後、みっちり膜を張るテクスチャーは守られている感が高く、肌はふくっと立ち上がり、翌朝にはキリリ。B.Aはラインとしての実力も、各アイテムがキャラ立ちしている点も素晴らしい!」

シャネル

「今回の夜用クリームでは、日中のストレスで興奮した神経線維を鎮静させて、肌が修復されやすくするという考え方を取り入れている。肌のすっきりした引き締まり感とツヤに惚れ惚れ」

エスティローダー

「リニューアルされて、よりハリ感を強く感じるように! 肌が張力を持ちつつ、どことなくエレガントな手触りになるところもエスティらしい。浸透性が本当に高く、まさに30代に取り入れてほしい美容液」

【表層攻め】で即、キメ、ツヤ、ハリ仕込み

吉田昌佐美

美容ジャーナリスト

吉田昌佐美

今季は、深層=真皮にアプローチが中心で、線維芽細胞をターゲットにしたものが多かったけれど、即、結果を出したいなら、表層=角層狙い! スキンケアに強いブランドが、悩み解決を追求して生み出した“表層攻め”コスメは、ハイレベルな保湿は標準装備。そこにそれぞれの得意技を駆使し、圧倒的なスピード感で、見た目も、手触りも変えてくれる。目的が明確な“仕事人”が目白押し。

  まず、SUQQU最高峰のエイジングケアラインのセラムは、洗顔後すぐの肌をほぐしながらツヤ仕込み。肌表面と角層内の光の反射をベストな状態に整え、浅いツヤと深いツヤをコントロールし、ツヤ、ハリ、透明感も! カネボウの化粧液は、角層研究と得意の乳化技術で、乾いてスカスカになった角層をしっかり埋めて満たし、乾燥エイジングを断つ! アルビオンは乳液美容の強みを生かし、汚れを落としながら肌を柔らかくほぐす、素肌磨き乳液を誕生させた。肌がゴワついたり、化粧のりが悪いとき、コットンで拭き取るだけで、キメひとつひとつがふっくら整うから、面倒くさがりやにもおすすめ。そして、8年にわたる独自の肌研究から生まれたのが、SK-Ⅱのスキンパワー。一日の中で、約9歳分も肌は変動していて、毛穴目立ちやくすみにつながっていることを解明。この振り幅を少なくするため、独自の複合成分と濃縮ピテラTMの組み合わせで、毛穴の目立たないふっくらとした肌を目指す。また、d プログラムは肌表面の常在菌バランスを整えて、ゆらぎにくい肌に軌道修正してくれる、表層ならではの攻め。しかもエイジングケア効果付き!

 とにかく表層攻めは、毎日続ければ、肌は必ず変わる! 今ある悩みを解消しながら、エイジングの進行を遅らせることも可能。こんなやり甲斐のあるケア、味方にしない手はない!

カネボウ

「オイル成分をナノサイズ化する乳化技術を採用した化粧液は、みずみずしく浸透してベストな角層をつくり上げ、エネルギーを高める働きも。化粧液の後はデイ&ナイトクリームという、シンプルステップもナイス」

SUQQU

「洗顔後すぐ、しっかり潤いを与えながら肌をほぐしてツヤ仕込み! “艶肌”づくりのスペシャリスト、SUQQU最高峰の美容液は、エイジングケア効果もばっちり」

アルビオン

「コットンに含ませて、汚れを絡め取りながら肌を柔らかくほぐす、洗顔としても使える拭き取り乳液。アルビオンの高級ライン、新生エクシアの美容効果を搭載しながら、この価格はお得」

SK-Ⅱ

スキンパワー エアリー 50g

¥12000(編集部調べ)

「毛穴目立ちにはこの美容乳液。軽やかな感触でキメをふっくら整え、メイクのりのいい肌に。使い続けるほど一日の肌の変動が少なくなり、肌荒れやエイジングの予防も狙える」

d プログラム

「肌表面の常在菌のバランスを、その人に合ったベストな状態に整え、肌荒れもエイジングもケアする賢い化粧水。角層深部まで浸透して潤いで満たし、乾燥などの外的刺激から肌を守る」

見えないボリュームロスを防いで【肌を太らせるスキンケア】

松本千登世

美容エディター

松本千登世

VOCE読者にとっては「肌を太らせる」という表現も、それがエイジングケアの究極であることも、まだ、ぴんと来ないに違いありません。だからこそあえて、伝えたいのです。年齢とともに肌は痩せ、萎み、中身がすかすか、表面がゆるゆるすること。ハリやツヤのなさも、シワもたるみも、その「ボリュームロス」の現れであること。立体から平面へと変わる「形状の変化」が、本物のエイジングであること。ただ……! 本当に伝えたいのは、今シーズン、話題をさらっている「希望」のニュース。

 たとえば、独自のキャビアサイエンスで、中身を満たしながら、表面を引き締めるという両方のアプローチを叶えるラ・プレリー。たとえば、深部のフォルムに着目し、世界初配合成分で年齢とともに2D化する肌を、3D化させるよう目指すコスメデコルテ。そして、「エイジング細胞」を「エイジレスな状態」に、という驚きのアプローチを叶えたポーラに、4週間の集中ケアで根本から新しい肌を構築するかのようなシスレー。どれも、表面からも内側からもねじが締め直され、密度がぐっと増していく感覚。次第に「すかすか×ゆるゆる」が「ぱんっ×ぴんっ」へと変わるのを実感し、スキンケアにときめいています。

 諦めるしかない? 化粧品では難しい? それはもはや、過去の常識。未来の肌を変えることができるVOCE世代の女性たちが羨ましい! 肌印象が歳を取らない、そんな時代がやってきたと宣言したいのです。

ラ・プレリー

「ほうれい線が短く浅くなった? 変化のスピード感にびっくり」2つの斬新なキャビア成分を一つの美容液に閉じ込め、圧倒的なハリと引き締め効果を実現。ひとまわり小顔になれそう。

ポーラ

「ローション、ミルク、クリーム……、一品一品、一回一回、効果が見える」とろりとしたテクスチャーで肌に吸い込まれるようになじみ、瞬時にもっちり。美容液級のハリ感はすごい!

コスメデコルテ

「頰の立体感やフェイスラインのエッジがぐっと強調されたよう」乳液のように軽やかなテクスチャーで肌にぐんぐん浸透。目に見えるリフトアップ効果で立体感のある顔立ちに。

シスレー

「肌にとけ込む使用感も、上向く肌質感もくせに。ファンデを塗りたくなくなる」細胞のエネルギーサイクルに関わるミトコンドリアに着目。肌の活力を蘇らせる4週間集中ケアプログラム。

すごい化粧品】で、【すごいマッサージ】

近藤須雅子

美容エディター

近藤須雅子

毎年、秋は、各メーカーが渾身のエイジングケア大作をリリースする先進コスメのハイシーズン。オリンピックイヤーのはずだった今年はとくに、一品で肌運命を変えてしまいそうな超優秀高額コスメが妍けんを競っている。そのうえ、さらに思いもかけぬ方向から、特大ニュースが! これまで「まあ、やらないよりやったほうがいいよね」とオプション扱いだったマッサージが、大進化を遂げているのだ。

 もちろん、以前から「血流を促し代謝を整える」「コリをほぐして弾力を高める」等の効能は認められているけれど、皮膚科学の発展に伴い、「皮膚細胞の増殖を向上」したり、「コラーゲン産生量を増加」させたりと、美容医療級のすごい才能が明らかに。解明されたメカニズムをもとに、さらにケア力を高める強力メソッドが次々と生まれているのだ。

 資生堂は最新研究で、圧力刺激が肌の幹細胞を増殖させ、真皮の再生力を高めることを突き止め、これまではほぼ禁じ手だった「頰肉を下から上へぐいっと持ち上げる」マッサージを開発。クレヨンしんちゃんがやりそうな動作だけれど、これでたるみが解消するなら、お安いご用だ。

 シャネルも、アスリートのコンディショニング法として世界的な注目を集める筋膜リリースを取り入れた新手技を発表。朝と晩で約10分にわたる大作で、“30秒でちゃちゃっと”のお手軽トレンドをものともしない新潮流だ。

 マッサージの巨匠SUQQUは伝家のメソッドを一新、アルビオンも生薬エキス配合の“効かせるマッサージ料”を発売と、すごいコスメを、さらに効かせる神マッサージ革命はとどまるところを知らない。どれもそれなりに複雑だけれど、サイトやカウンターで公開されているから、ぜひともマスターを!

アルビオン

「稀少な生薬エキスを高濃度に配合した効くレシピを、マッサージで浸透させる、攻めの逸品。オイルゼリーベースで、厚みがへたらず指滑りも一級だ。後肌はふっくらバラ色の美しさ」

クレ・ド・ポーボーテ

「自分でも情けなくなる“しなびた感”を一掃して、メリハリの利いたボリュームを蘇らせる、大人肌の味方。新開発のマッサージと組み合わせることで、顔全体がぐいっとリフトする!

シャネル

「睡眠不足や質の悪い睡眠でダメージを溜め込んだままの肌を救う、黄金色のエッセンス。両頰を左右非対称にストレッチするなど革新的な新メソッドで、表情のこわばりまでほぐし、すっきり冴えたセレブな肌に」

SUQQU

「マッサージがきちんと行えたら、質感がふわっと軽くなる新処方に進化。7ステップの新メソッドは、血流をぐぐっと高めるだけでなく、顔がひとまわり引き締まる小顔効果が」

環境にも肌効果にも妥協を許さない!【クリーンビューティ】

安倍佐和子

美容エディター

安倍佐和子

環境への配慮やサステナビリティはあたりまえ、そんな時代に押されるかのように、クリーンな倫理観を貫くコスメが数多く誕生している。それらは単にオーガニックであるだけでなく、CO2削減や社会貢献などに取り組みながら高機能性を追求、サイエンスに裏付けされたエビデンスまで持つ新ジャンルと言えるものだ。たとえば100%コルシカ島産オーガニックイモーテルにこだわるロクシタン ディヴァインインテンシヴオイルは、エキス抽出後の廃棄物を再利用して新成分を発見。エコな取り組みに加え、生物多様性の保護や生産者のサポートにも積極的だ。そしてフィトテラピーの第一人者が手掛けるWaphytoは土壌開拓から着手。植物療法に本草学、バイオテクノロジーを融合させたホリスティックなアプローチの製品は、嗅覚生理学に基づいた精油の香りも秀逸だ。プチプラ市場にもクリーンビューティの勢いは止まらない。新生アルジェランは、世界基準のオーガニック認証を取得、バイオマス容器の採用や森林保護など、人や環境に優しいモノづくりを徹底。芳しいセラムオイルの完成度はプチプラの概念を覆すほどだ。ラグジュアリーブランドの中で環境保護活動に積極的なのがゲラン。アベイユ ロイヤルに欠かせない、ブルターニュ・ブラックビー保護協会の支援をはじめ、生物多様性のアンバサダーとして活動の場を拡散中だ。ON&DOはキー成分の椿を五島列島の自社農園で栽培。里山整備や環境負荷の少ないパッケージ素材を使用するなど、サステナブルな取り組みも表明している。肌効果だけでなく環境にも妥協を許さないクリーンビューティなコスメは、まさに未来への財産。そのムーブメントは今後ますます大きなうねりとなっていくはずだ。

ロクシタン

「イモーテルのパワーが凝縮されているのに浸透力は爽やか!」シリーズ最高濃度のイモーテル成分配合のオイルは洗顔後すぐに使用。ハリ、弾力をもたらし、その後のスキンケアを格上げ。

Waphyto

レジェナ フェイシャルオイル 30㎖

¥8000

「肩の力が抜けるような心地いい使用感、母なる大地と肌が一体化するよう」さらりとしたテクスチャーの美容オイル。お手入れの最後や、ブースターとしても使えるマルチな一品。

アルジェラン

オーガニック認証 セラムオイル 30㎖ /カラーズ

¥1980

「精油の香りが濃密。深呼吸してからなじませると肌がめぐり始めるのを実感」乾燥やストレスでゴワつきやすい肌を柔らかくほぐして潤いで満たす。透明感あふれるなめらかな肌へ!

ON&DO

「美しい2層がとけ合い、浸透する瞬間から血流がめぐり始めるよう。その感覚にすっかり病みつき」肌温度に着目した“温活”発想の化粧水。瞬く間に浸透し、みずみずしいツヤ肌仕上げ。

ゲラン

「まるでハニーウォーターのごとく。潤いがリッチで肌がふくふく蘇っていく」ストレスへの抵抗力を高めるとされるロイヤルゼリーを従来の25倍配合し、人気の化粧水がパワーアップ。

マスク生活だからこそ! 最新アプローチで【本気のアイケア】

寺田奈巳

美容ジャーナリスト

寺田奈巳

今までの生活様式がガラリと変化した2020年。人と会うときはマスクをして……。それが日常となった今、以前にも増して「目元の印象って大切」と感じているのでは? 顔の中でもっとも皮膚が薄く、PCやスマホなどの影響で毎日酷使される目元は、エイジングの変化が一番最初にやってくる。だから、アイケアは先手必勝! 

アラサーの今こそ、アイケアの始めどきなのだ。しかも今季は、VOCE世代がもっとも気になるクマやくすみに働きかけ、潤い、ハリ、輝きを蘇らせる、超本気のアイケアが続々誕生しているから、これを使わない手はない! 

ランコムのアイクリームは、マスク時代を見据えたマルチな実力派。自然由来のリンシードエキスが線維芽細胞を強化してコラーゲンの生成を促し、色素沈着のもととなる因子の分泌を抑制。さらに、肌の奥深くに浸透して長くとどまる、次世代ヒアルロン酸「ウルトラフィラー」を新たに配合。目元のシワ、クマ、たるみに的確にアプローチしてくれる。

アンフィネスは目まわりを心地よく刺激するローラー付き。美容成分とマッサージの相乗効果で、眼精疲労やどんより感を一掃し、すっきりとした目元に。そして、エピステームは血管強化アプローチで、よどみグマ、くすみを解消。保湿、美白、血行促進の3つの薬用有効成分を配合したアドライズなら、あらゆるくすみの要因に対抗。どれも心地よく、手応えを感じられるから、毎日の習慣にして「美人印象」な目元を手に入れて。

ランコム

「目元にピタッとフィットして、瞬時に&ずっと潤い、ハリ、輝きをチャージ」複合化する目まわりの悩みにマルチに働き、現代女性のニーズに応える頼れるアイクリーム。

アルビオン

「3つのローラーによる刺激が本当に気持ちいい。セラムをなじませた後は目元がキュッと引き締まり、上向きのハリを実感」アンフィネス共通のOSK9など美容成分がたっぷり。ぱっちりEYEに。

アドライズ

「なめらかな感触でのび広がり、潤いのベールで肌をシールド。これを使うと夕方のくすみ感やシワっぽさが気にならない」3つの薬用有効成分配合のクリームが、潤いを与えてキメを整え、明るい目元へ導く。

エピステーム

「血流が滞って起こる青グマにアプローチ。みずみずしい使用感とソフトフォーカス効果で、目元をパッと明るく」目元の血管を強化してクマ、くすみをケア。目元印象が若返る!

撮影/大原敏政(aosora) 取材・文・構成/寺田奈巳

Edited by 中田 優子