連載 VOCE特別インタビュー

今話題【OWV(オウブ)】『PRODUCE 101 JAPAN』出身の4人組ボーイズグループが初登場!自己肯定感があふれ出ているメンバーとは……?

公開日:2022.11.11

OWV(オウブ)

サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』出身の4人組ボーイズグループ「OWV(オウブ)」。デビュー以来オリコン・ビルボードチャートTOP5に入るほど話題の彼らが遂にVOCEウェブ初登場! ファンの方はもちろん、まだ知らない人もきっと推したくなる4人の魅力をたっぷりとお届けします♡

OWV(オウブ)

サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』出身の4人組ボーイズグループ「OWV(オウブ)」。デビュー以来オリコン・ビルボードチャートTOP5に入るほど話題の彼らが遂にVOCEウェブ初登場! ファンの方はもちろん、まだ知らない人もきっと推したくなる4人の魅力をたっぷりとお届けします♡

「人肌が恋しくなる季節だからこそ、寄り添いソングを聴いてほしい」

OWV(オウブ)

──先日リリースされた7thシングル『Let Go』では、“寄り添い”をコンセプトに制作されたと伺いました。どのようなメッセージが込められているのか教えてください!

中川勝就(以下:中川)「秋から冬にかけて流れていくこの時期は、人肌が恋しくなる季節でもあるじゃないですか。そういうときにそっと寄り添えるような曲があれば、皆さんの心が少し温かくなるんじゃないか、温めたいなと思い今回のシングルをリリースすることになりました。また、OWVは今年デビュー2年目を迎えたので、これから先へ走っていく中で少し違った僕たちを見せたいなという想いも込めています」

本⽥康祐(以下:本田)「MVに映る僕たちの表情も楽しんで欲しいですね。特に『Let Go』のMVは、世界観に合わせてみんながいろいろな感情を表す表情をしているので、そういう部分もぜひ楽しんでほしいですね。特に僕の泣くシーンとか!(笑)」

OWV(オウブ)

──(笑)。撮影中にメンバー同士寄り添っていたなぁと感じた出来事はありましたか?

佐野文哉(以下:佐野)「今回、僕らのMVのシーン撮影が4人一緒ではなく、個々に行っていたんです。それぞれが一人で演じる流れだったんですけど、浦野(秀太)のシーンを除いては、リーダーの本田くんが寄り添って僕らのシーンをずっと見ていてくれたんですよ。朝早かったし、本来は休んでいていい時間なのに。ダンスシーンを一人ずつ撮るときも現場にいてくれて、いつもリーダーが寄り添ってくれていたなっていうのを感じました」

浦野秀太(以下:浦野)「なのに、僕の撮影のときは休みに当てるんですよ!(泣) 『本田くーん! 僕の表情どうですかー!?』って声を出したら、スタッフさんから『もういませーん!』って返ってきました」

本田「いや、秀太のときにちょうど仕事が入ってたんだよ!(笑)」

中川「本田くん多忙やから!(笑)」

OWV(オウブ)

浦野「そうだけど〜!(泣) あっ、でもこの間撮影中にボソッと『本田くん、MVの合間にTikTok撮りましょうよ』って言った日、めっちゃ寄り添ってくれたなぁ。僕の撮影中に本田くんはすでに別の場所へ行っていたから、忘れているだろうな、終わったら帰ろうかなって思っていたら、わざわざ僕のTikTokのために帰ってきてくれて。『よーし、TikTok撮るかぁ!』て。覚えてるやん!!!って感動しました」

本田「で、撮ったTikTokがたった10秒ぐらいで終わったな(笑)」

中川「短いな(笑)。いつ投稿するの?」

浦野「まだ投稿してない(取材時)けど、そろそろアップします!!!」

OWV(オウブ)

次ページ
メンバーの自己肯定感アップ法

You May Also Like...

あなたにおすすめの記事

    Serial Stories

    連載・シリーズ