連載 VOCE特別インタビュー

【鈴鹿央士】もっと上手く!今はお芝居に夢中です

公開日:2022.11.23

【鈴鹿央士】もっと上手く!今はお芝居に夢中です

“けなげ”な役柄がはハマる俳優として、注目度急上昇! 鈴鹿央士の素顔をお届け。

【鈴鹿央士】もっと上手く!今はお芝居に夢中です

“けなげ”な役柄がはハマる俳優として、注目度急上昇! 鈴鹿央士の素顔をお届け。

鈴鹿央士

もっとうまくなりたい! 今はお芝居に夢中です

「3歳の頃から顔が変わらないと言われることが多いのですが……最近の写真を見るとやっぱり大人っぽくなっている気がします」

初の写真集『omen-前兆-』に収録されたデビュー直後と現在の自分の写真を見比べて、少し恥ずかしそうに成長をアピールする鈴鹿央士さん。外見だけでなく、精神面でも大きな変化があった。

「2019年の映画『蜜蜂と遠雷』で俳優としてデビューしたのですが、尊敬できる素敵な大人たちに囲まれて働けたことが僕にとって転機になりました。人を信頼して一緒にモノづくりをする楽しさを教わりましたし、昔よりも初対面の人に心を開けるようになっていって。心に余裕が生まれてキャパシティが大きくなったことが、顔つきにも表れているのかもしれません」

鈴鹿央士さん

2022年は『クロステイル 〜探偵教室〜』でドラマ単独初主演を経験し、その後も話題作に立て続けに出演。収穫が多い一年だった。

「『六本木クラス』で共演した竹内涼真さんのように、第一線を走ってきた先輩からお芝居の話を聞けたことがうれしくて。この一年で俳優として視野が広がったと思います。もっとお芝居がうまくなりたいし、そのためには自分の感覚に頼るのではなくて、いろんなアプローチを学んで引き出しを増やしていきたいですね」

いつも表情が穏やかで口調も謙虚だけど、内面は向上心で燃えている。そのギャップも魅力。

「まだまだ僕は自分のことで精一杯なだけです。『silent』で演じている湊斗のように、どんなときも人の幸せを優先して動ける男に憧れますが、まだそこには到達できていません(笑)」

鈴鹿央士さん
鈴鹿央士(すずか おうじ)

2000年1月11日生まれ。岡山県出身。2019年映画『蜜蜂と遠雷』で俳優デビュー。ファッション誌「MEN’S NON-NO」専属モデル。近年の出演作品はドラマ『クロステイル 〜探偵教室〜』『六本木クラス』、映画『バイオレンスアクション』など。

1st写真集『omen-前兆-』

1st写真集『omen-前兆-』

デビュー直後から現在まで、雑誌「プラスアクト」で撮影した写真と、地元・岡山で撮影した撮りおろしを収録。純粋で天然な姿は変わらず、3年間の成長と、俳優としての表現の幅を感じられる写真集となっている。12月14日発売。¥3080/ワニブックス

撮影/花村克彦 ヘアメイク/永瀬多壱(VANITES) スタイリング/朝倉豊 取材・文/浅原聡

Edited by 松本 薫

公開日:2022.11.23

You May Also Like...

あなたにおすすめの記事

    Serial Stories

    連載・シリーズ