1. 整形級の顔筋整骨でエラ張り改善! 村木式『顔筋整骨』で美人化計画【ビューティQ&A】

2016.02.27

整形級の顔筋整骨でエラ張り改善! 村木式『顔筋整骨』で美人化計画【ビューティQ&A】

土曜日の【ビューティQ&A】は、美容術! 『アチェ by スタイルM』代表・アンチエイジングデザイナーの村木宏衣さんが回答してくれました♪

整形級の顔筋整骨でエラ張り改善! 村木式『顔筋整骨』で美人化計画【ビューティQ&A】

美界で評判の高い骨格矯正といえば、『顔筋整骨(がんきんせいこつ)』。まるで整形をしたかのように顔が変わると評判のスゴワザをお届けします! 

第1回目は、デカ顔の大きな原因となる“エラの張り”。これを簡単にスッキリさせる方法を紹介します。

Q:そもそも『顔筋整骨』って、どんなもの?

A:『顔筋整骨』とは、筋肉、骨、リンパの3つにアプローチするメソッドです。骨格矯正といえば、骨のことばかりをイメージしがちですが、実は、骨格(骨)と筋肉とリンパは、三位一体の関係。筋肉は骨についているので、筋肉がほぐれれば、骨の位置も元に戻りやすくなります。さらに歪みが改善し、筋肉の弾力がアップすることで、リンパの流れもスムーズに。その結果、老廃物が排出されやすくなり、新陳代謝がアップすれば、歪みのない美しい骨格とともに、美肌も手に入るということなのです。

Q :昔よりエラが張って顔が大きくなった気が……。エラが大きくなる原因は?

A:グッと奥歯を強く噛みしめる食いしばりグセがあると、エラの筋肉が発達してしまい、エラが張り出す原因になります。もし、ふとしたときに、奥歯の上下がくっついているなら、アゴに力が入っている証拠であり、食いしばりグセがあるかもしれません。そのほかにもスマホを使う下向きの姿勢を長時間続けると、首や肩がコリ固まり、食いしばりの要因となります。そう、スマホをよく使う現代人にとって、食いしばりグセは誰にでも起きる可能性があるのです。無意識のうちに食いしばっている人も多いので、知らずうちに“デカ顔化”していることも。『顔筋整骨』で口周りの筋肉の緊張をほぐすことで、“エラ張り顔”を脱出できるので、TRYしてみて。

Q:エラの張りを改善する方法を教えて! 

A:「エラの筋肉を解して、フェイスラインをすっきり」するワザがこちら。 

Image title

①人さし指、中指、薬指の3本を写真のように頰骨の下に当てる。奥歯をぐっと噛み、このときに盛り上がる筋肉を確認して。

Image title

手をこぶしに握り、第一関節と第二関節の間の平らな面を①で盛り上がった筋肉に当てる。骨をほぐすようなイメージで手を外回ししながら円を描きます。このとき、口はポカーンと脱力させて開け、エラの筋肉をリラックスさせます。

村木宏衣

写真の●印参考に、3カ所で、1カ所につき、5回、円を描く。

そして、口の中に手を入れて、口内の緊張をとくワザをもうひとつ!
手の汚れが気になる人は、入浴時の習慣として取り入れるのがおすすめ
ほうれい線の撃退効果も期待できます。

Image title

まず手をこのような形にして、親指を口内に入れます。

村木宏衣

写真の●印の部分にある筋肉を親指でとらえ、外から人指し指と中指で挟みます。(痛気持ちよく感じるのは、筋肉がこっているサイン!!)

各●印ごとに、「あ・ぐ・あ・ぐ」と口を各5回開け閉めしながら動かしていきましょう。反対側も同様に。

親指に力が入りにくい場合は、人指し指と中指の上に反対の手を重ねましょう。

村木宏衣

Image title

この施術で顔を触ってみれば、いかに自分の顔が凝っているか実感するはず。そのコリこそが顔を大きく見せている要素なので、しっかり揉みほぐしましょう。この施術はとても簡単ですが、効き目は抜群。体験者からは、1週間続けるだけでも変化を感じたと言う声が多く届いています。エラがスッキリすれば、美人度120%アップは間違いなしですよ♪