ビューティニュース

ベストコスメ高級スキンケア部門1位!ディオールのバラのプレ美容液で至高の美肌へ[PR]

2020.11.30

ベストコスメ高級スキンケア部門1位!ディオールのバラのプレ美容液で至高の美肌へ

2020年下半期のベストコスメが発表に。前代未聞のインパクトをもたらした2020年、今期のベストコスメ高級スキンケア部門1位に選ばれたのはディオールのプレステージ マイクロ ユイル ド ローズ セラム。美容のプロたちの肌と心を震わせた圧倒的なパワーに迫る!

ベストコスメ高級スキンケア部門1位!ディオールのバラのプレ美容液で至高の美肌へ

2020年下半期のベストコスメが発表に。前代未聞のインパクトをもたらした2020年、今期のベストコスメ高級スキンケア部門1位に選ばれたのはディオールのプレステージ マイクロ ユイル ド ローズ セラム。美容のプロたちの肌と心を震わせた圧倒的なパワーに迫る!

2020年の下半期ベストコスメで高級スキンケア部門1位に輝いたのは、ディオールのプレステージ マイクロ ユイル ド ローズ セラム!

プレステージ マイクロ ユイル ド ローズ セラム

プレステージ マイクロ ユイル ド ローズ セラム 30ml ¥28000 50ml ¥37500/パルファン・クリスチャン・ディオール

ディオールの最高峰スキンケア「プレステージ」から今年2020年の9月に発売になったプレミアム プレ美容液。2017年に発売し世界中の女性たちを魅了し続けてきた「プレステージ ユイル ド ローズ」がさらなる高みへと挑み生まれ変わった製品。ディオールが独自に誕生させたスキンケアのためのバラ、グランヴィルローズから、花びらだけでなく、今回新たに「茎」のエキスから抽出に成功した「ローズ サップ エッセンス」を配合し、凛と引き締まったフェイスラインへと導く。

美のプロから賞賛コメントが続々と!

多数の美のプロが「プレステージ マイクロ ユイル ド ローズ セラム」を絶賛。今回はこのお2人から特別にコメントが寄せられました。

齋藤薫さん(美容ジャーナリスト)

齋藤薫さん(美容ジャーナリスト)

圧倒的なパワーでダメージを回復させ、肌密度を高める能力を持ちながら、幻想的なまでに美しく華やかで芳しい……

かくも才色兼備の化粧品はないはずで、1万個のローズ マイクロ パールが煌く分だけ気持ちが上がり肌も弾むという条件反射さえ感じるほど。

グランヴィルローズから抽出したローズサップが濃厚な栄養を吸い上げるように速攻で働くと、まさに肌は開花するよう。発光感ある仕上がりが日一日と楽しみになる。

神崎恵さん(美容家)

神崎恵さん(美容家)

ハリ艶あふれるなめらかな肌を約束してくれる

美しく頼もしい美容液。

肌にひろげた瞬間にわかる肌の変化。

やわらかくほぐれながらも、内側からのハリの手応え。潤いで満ち満ちているのがわかる艶。

幸せそうな血色感を帯びた透明感。

どこから見ても、肌が美しく育っているとわかる、

それがこの美容液を手放せなくなる理由。

ディオール「プレステージ マイクロ ユイル ド ローズ セラム」が美肌へ導く3つのポイント

◆POINT 1◆

バラの「茎」からの有用成分
「ローズ サップ エッセンス」

今回、ディオールは革新的な抽出技術を開発し、グランヴィルローズからの成分抽出に成功。茎から取れた有用成分である「ローズ サップ エッセンス」が凛と引き締まったフェイスラインへと導く。

◆POINT 2◆

10000粒の「ローズ マイクロ パール」
が2倍の濃度に

ボトルの中で美しく煌めくのは10000粒の「ローズ マイクロ パール」。このパールの中には、グランヴィルローズからの肌のキメ密度を整える微量要素が詰まっており、初代「ユイル ド ローズ」の2倍の濃度になっているというから驚き。さらに進化したローズ サプリメントのような美容液で、あっという間に元気な肌になれそう。

◆POINT 3◆

リフトアップ&フェイスライン引き締め

茎からの抽出成分、「ローズサップエッセンス」の配合により、肌の修復スピードが大幅に加速。本来の美しいキメ密度が復活してハリのある肌に導く。フェイスラインが整ったという声も続出!

2020年を頑張った自分にご褒美のギフトを。

プレステージラインを堪能できる豪華コフレも発売中

クリスマスまであと1ヵ月。今年を乗り切った自分に美のギフトを贈りませんか? 2021年にむけて、特別なスキンケアをスタートするなら今!

<プレステージラインを堪能できる豪華コフレも発売中>

がセットになったコフレが44000円で発売中。プレステージラインを思う存分堪能できるスペシャルなコフレを入手できるのは今だけ!

提供/パルファン・クリスチャン・ディオール
03・3239・0618
dior.com

撮影/椎葉恒吉(静物/petrichor)取材・ 文・構成/鏡裕子

Edited by VOCE編集部