1. 桐谷美玲 かぎりなく白が似合うその透明感の理由②

2016.02.24

桐谷美玲 かぎりなく白が似合うその透明感の理由②

可憐で清楚。それでいて、凛としたブレない強さも持ち合わせている。映画やドラマ、CMとその姿を見ない日はないほどの人気を持つ女優、桐谷美玲さん。ますます磨きがかかるその美しさの秘密に迫る!

桐谷美玲 かぎりなく白が似合うその透明感の理由②

腸活に興味津々TVで特集してるとじっと見ちゃう(笑)

食べることが好き。ボリュームのあるロケ弁も余裕でペロリと平らげるし、手料理もかなりの腕前。「昔からすごくよく食べるんです。女友達と焼き肉食べてても、みんなが『お腹いっぱい~』って言っている中で私だけおかわりしてたり(笑)。ただ、食べてるときは幸せだけど、なんだか最近体内に不要なものが溜まっている気がして。流行の腸活でデトックスするべく、最近いろいろと調べているんです」

最近手に入れたこだわりの枕。おかげで毎日、すこぶる快眠です。

オフの日はかなりのインドア派だそう。「結局、一歩も外に出なかった、なんてことも。目覚ましかけずに寝るのが至福。セミオーダーで手に入れた枕が優秀で、とにかく快眠できて嬉しい」

自分を知ってちゃんとケアできる大人の女性が目標です

VOCE4月号,桐谷美玲

「いつか、カッコイイ女性になりたい。無理せず、常に等身大の自分でいられるような。そのためにもライフスタイルを充実させたい。今のところ、趣味と呼べるものも特にないので、時間に余裕ができたら何か始めてみたいですね。興味があるのは陶芸。以前体験した際、土に触れるのが楽しかったから」
2月にスタートしたドラマ「スミカスミレ」では、ひょんなことから、体だけが20歳に戻ってしまった女性を演じる彼女。45歳も年上の女性のお芝居の中で、"言葉の美しさ" に気づいたという。「例えば"おいとまします"って言葉。年配の方の話し方は丁寧なところが素敵。同じ意味なのに、纏う雰囲気が全然違う。私の年齢でそのまま取り入れるのは難しいけど、この美しさは勉強になりました」
インタビュー中、質問のひとつひとつにじっくりと向き合い、真摯に答えを探すその姿はずいぶんと大人びて見えた。その一方でカメラの前ではキュートな笑顔を見せてくれたり……。大人の女性と少女、両方の魅力を持つ彼女からこれからも目が離せない。

桐谷さんのインタビューが載っている「VOCE」4月号は好評発売中!ぜひチェックして♪

Image title

撮影:菊地泰久/vale
ヘア&メイク:犬木愛/agee
スタイリスト:宮澤敬子/D-CORD
文:中川知春
構成:高橋絵里子、大木光