1. トレーニング効果もアップ! 運動前後に飲みたいスムージー

2016.02.26

トレーニング効果もアップ! 運動前後に飲みたいスムージー

今回のゲストは、日本初のロースイーツ専門店「シャリマ・ドゥ・ラ・テフテフ」のオーナー、山口蝶子さん。トレーニングの効率を高めてくれるスムージーのレシピを教えて頂きました。

トレーニング効果もアップ! 運動前後に飲みたいスムージー

アリス「運動前にお腹が空いている時って何を食べたらいいのか悩みます。空腹のまま運動したり、重たいものを食べた後だと運動の途中で具合が悪くなったりしないか心配で。」

山口さん「食事は運動を始める2時間前には済ませた方が良いと言われています。また、空腹のままの運動は低血糖症になる可能性があり危険です。そんな時には吸収がよく素早くエネルギーに変わってくれるスムージーがオススメです!運動の30分前に摂取することで運動の効率をより高めてくれますよ。」

運動前のスムージーレシピはこちら!

Image title小松菜に含まれるアミラーゼには消化を促す作用も。

【材料(500㎖ 二人前)】
バナナ 1本
キウイ 1/2個
レモン 1/4個
小松菜 1/4パック

山口さん「レモンの皮は苦味のアクセントになるのでお好みで調整して下さい。また、レモンやクレープフルーツなど柑橘系の種はかなり渋いので必ず取り除きましょう。」

山口さん「運動前はエネルギーに変わりやすく持続力のあるバナナを摂取するのがポイント。アボカドも同様の作用があるので、アレンジで加えても美味しくなりますよ!これに酸味のあるレモンやキウイを加えるとスッキリと飲みやすくなるんです。」

アリス「バナナの甘みが抑えられて飲みやすい!満足感もあって空腹時にはもってこいですね。」

そして、今回はもう一つ。運動直後にオススメのレシピも教えて頂きました。

Image title運動直後の栄養摂取が大切!

山口さん「運動直後は、血液が筋肉に集中しているため、胃腸の働きが弱くなっています。同時に、運動後2時間以内は「超回復」といって筋肉の修復をするゴールデンタイムでもあるんです。この間に栄養価の高いものを摂取することで、運動効率は格段に高まると言われています。」

運動後のスムージーレシピはこちら!

Image titleグレープフルーツに含まれるクエン酸で疲労回復!

【材料(500㎖ 二人前)】
パイナップル 1/4個
グレープフルーツ 1/2個
大葉 10枚

山口さん「パイナップルは芯は取らずに皮だけ剥きましょう。パイナップルなどの南国の果物には、筋肉をつくるタンパク質分解酵素が豊富なので運動後に摂取することでヤセ体質になると言われているんですよ。」

Image title芯を包丁で落としてから皮を剥くと楽チン!

山口さん「グレープフルーツは薄皮も種も苦味が強いので取り除いてください。少し面倒ですが、この一手間でもっと味が良くなりますよ!また、大葉の代わりにパクチーを使うのもありです。」

Image titleレシピづくりのポイントは甘くなりすぎないこと!

アリス「サラッと飲みやすくて夏っぽい!運動後の火照った身体をクールダウンしてくれそう。」

山口さん「自分でスムージーのレシピを作るときのコツは、甘みと酸味や苦味のある食材を組み合わせることです。お家にある食材で自分流のレシピづくりも楽しんでみてくださいね。」

次回は来週金曜日(3月4日)更新。新たなゲストを招いてお送りします。来週もお楽しみに!


Image title

シャリマ・ドゥ・ラ・テフテフ
仲里園子、山口蝶子による姉妹ユニット。グリーンライフホリスティックアカデミー主宰。「グリーンスムージーをはじめよう」著者。日本で初めてのロースイーツ専門店シャリマ・ドゥ・ラ・テフテフを立ち上げ、グリーンスムージーを日本に紹介。ローフードやグリーンスムージー、ナチュラルライフスタイル書籍の執筆やレシピ監修等を行い、心地よく無理のないホリスティックなライフスタイルを提案する。
http://www.greenlifeholistic.com/
http://www.shalimardelatefutefu.com/