1. クマや顔色の悪さを改善してくれる食事って?【ビューティQ&A】

2016.03.11

クマや顔色の悪さを改善してくれる食事って?【ビューティQ&A】

金曜日の【ビューティQ&A】は、食!今回は、予防医療チーム「ラブテリ」を主宰し、食に関する調査・研究・啓蒙活動を続けている、予防医療コンサルタントの細川モモさんが回答してくれました♪

 クマや顔色の悪さを改善してくれる食事って?【ビューティQ&A】

Q:クマや顔色の悪さが気になります。顔の血行をよくする食事ってありますか?

A:血行の悪さ、冷えが気になる人は何を食べるかよりも、まず朝ごはんとその内容を見直してみましょう。

血行を良くするためには体温が上昇する必要がありますが、体温は無条件で上昇するわけではありません。朝起きると日常行動や通勤により体温は高まっていきますが、朝ごはんを食べるか食べないかで高まった体温を午後まで維持できるかどうかに差が出ます。朝ごはんを食べない人はお昼まで体温を維持できず、血行が悪くなり、指先が冷たくなってしまいます。VOCE世代の働く女性の朝食欠食率は約4割と高く、多くの女性がお昼を迎える頃には冷えているといえます。

細川モモ


食事は栄養源になるだけでなく、消化によって生じる熱(DIT : 食事誘導性熱産生)が体温に貢献しているため、回数も大切なのです。また、朝ごはんを抜くことで一食分の栄養素がマイナスになり、たんぱく質や鉄分が足りず、十分な血液を作り出せなくなります。クマやくすみ、スッピンの顔色の悪さは典型的な貧血の症状。前号をチェックして貧血対策を意識しましょう。

体温を守る食事はどんな食事?

細川モモ

冷えが気になるけど「朝ごはんは食べています」という方は、なにを食べているかに着眼しましょう。スムージーという人も多いですが、実は日本女性は冷え性の原因となる遺伝子をもっている人が一定数いることが埼玉大学の研究によって報告されています。よって、冷えやすい人はできるだけ身体を温めるものを食べたいもの。


第一に必要なのは、筋肉の中にあるたんぱく質の一種で、体温を生み出すサルコリピンの材料となる良質なたんぱく質です。体温は筋肉によって生み出され、体脂肪によって保温されます。つまり、痩せすぎの状態では体温を維持することができず、実際にBMIが低いほど冷えの度合いは強くなることがわかっています。筋肉を増やすのは運動ですが、筋肉の材料は食事にしかありません。卵や魚、肉や大豆といった〈良質たんぱく質を毎食片手一盛り〉食べましょう。忙しい朝はヨーグルトや豆乳スムージーでも○ 

納豆ごはんや目玉焼きトースト、シリアルヨーグルトといった、たんぱく質+糖質コンビの朝食はもっとも心身のコンディション(体内時計)を整えてくれます。実際に「働き女子1,000名白書」で冷えに悩まされている女性は肉や卵といったたんぱく質が足りず、お菓子の摂取量が多い傾向にありました。お菓子で摂ってしまったカロリーを肉や卵といった主菜のカロリーを減らすことで調整しているのかもしれませんが、含まれている栄養素が大きく異なりますので、冷えに拍車をかけることになります。貧血を改善すると疲れにくくなり、甘いものを必要としなくなるかもしれません。

ビタミンB群で着火しよう!

細川モモ

朝ごはんの体温上昇効果に+αで意識したいのは、ビタミンB群の摂取です。ビタミンB群は、糖質・脂質・たんぱく質といった3大栄養素をエネルギーに変えるために必須のビタミンです。“栄養素の着火剤”とも呼ばれていますが、VOCE世代の冷えに悩まされている人はビタミンB1とB2を不足させていました。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変え、ビタミンB2は脂質をエネルギーに変えます。不足するとせっかくの食事がエネルギーに変わらず、体脂肪として蓄えられれしまうリスクが高まります。

ビタミンB群を効果的に摂るためには、白米より麦飯や雑穀米を、うどんよりお蕎麦を選ぶことをオススメします。とくに元気をくれるビタミンB1は豚肉や鴨肉に多く含まれますので、お蕎麦を食べるなら鴨南蛮蕎麦が一押し。また、納豆やいくら、たらこといったトッピング食材にも豊富に含まれますので、あればONしましょう。まとめると、血行を悪くする冷えとサヨウナラするためには、①適正体格(BMI・体脂肪)②食事の回数③食事の内容の3つを見直しましょう。

細川モモの美人食堂-食べて、きれいになる

細川モモの美人食堂
食べて、きれいになる

日本初の「働き女子1,000名白書」が明らかにしたプチ不調と食の気になる関係を 毎日の食事で解決!お悩み別栄養満点レシピやお弁当のトリセツページも必読です。 (¥1200(税別)/主婦の友社)