1. パリコレの、メイク舞台裏に潜入!

2016.03.12

パリコレの、メイク舞台裏に潜入!

世界からの注目を一身に集めた、パリコレもといパリ・ファッションウィークも無事に終了。私ライター井筒麻三子、今季はシュウ ウエムラが手がけた2つのショーのバックステージに入ることができました! 最新コレクションを彩るアヴァンギャルドなメイクアップの内容に迫ります。 

パリコレの、メイク舞台裏に潜入!
井筒 麻三子
ライター・エディター
by 井筒 麻三子

Image title

リーダーは、インターナショナル アーティスティック ディレクター uchiide氏

1つめは、3月1日にPalais des Beaux Artsにて行われた、若手デザイナーを世界に発信していこうと、香港のNPO法人FASHION FARM FOUNDATIONが主宰した香港の3ブランド合同ショー。
このショーのためのメイク全体をまとめて率いていた、シュウ ウエムラのインターナショナル アーティスティック ディレクター uchiide氏に、方向性を伺ってみました。

Image title

ライン遣いでアーティスティックに

「今回のショーに参加した3ブランドの作品はいずれも構築的でコンセプチュアルなものが多いのでポップアートやコンテンポラリー アートを思い起こさせるアーティスティックなメイクを取り入れました。アイホールのところに1本ラインがあったり、片側だけだったりかなり前衛的です。明るい色のアイライナー使いはここ数年続いていますが、今年もトレンドだと思いますね。」

Image title

Image title

プリズムのような輝きが可愛らしいアイメイク

そして2つ目に伺ったのは、アール・ヌーヴーな内装が素晴らしいマキシム美術館にて開催された、TSUMORI CHISATO。足を踏み入れた途端、タイムスリップしたかのような感覚を覚える美しいその空間ともリンクする2016AWのコレクションは、ダイヤモンドの輝きがキーワード。当然ながら、メイクでもその7色のプリズムのような輝きを表現しており、目もとから虹色に光が放たれたようなアイシャドウの色合いがなんとも可愛くてキレイ! コレクションの鮮やかで愛らしい世界感を巧みにアシストしていました。

Image title

今年の注目は、カラーアイライナー!

ふたつのショーをまとめてみると、目もとをカラフルなライナーやアイシャドウで際立たせるというのが、鍵になっているよう。トレンドメイクを取り入れるならば、まずはカラーアイライナーで冒険してみるのもいいかもしれません!



井筒 麻三子
井筒 麻三子
エディター&ライター。もとは美容中心だったものの、今や旅や著名人のインタビューページと、何でもアリのオールラウンドに活躍。25ans編集部等を経たのち独立。さらにヨーロッパに移住すべく、2011〜2013年に英国で生活、2014年よりパリ生活をスタート。VOCEを始め、さまざまな雑誌でゆるりとお仕事中。ミモレブログ(http://mi-mollet.com/category/blog-izutsu)随時更新。インスタグラム(@mamigorota)でも日々のことをUPしています。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

最新号

VOCE 1月号

1月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら