ベスコス舞台裏

【ベスコス】美容ライターズの一推しコスメ!【オルビス、フジコ】が見逃せない

2020.11.29

フジコ,オルビス

日本を代表するビューティアワード、VOCEベスコス。忖度なし!妥協なし!の厳正な審査を取りまとめる、美容ライターズ。ベスコスの見どころと注目コスメを激白!

フジコ,オルビス

日本を代表するビューティアワード、VOCEベスコス。忖度なし!妥協なし!の厳正な審査を取りまとめる、美容ライターズ。ベスコスの見どころと注目コスメを激白!

【舞台裏】VOCEベストコスメのさらなる楽しみ方を激白!

長年、VOCEベスコス制作に尽力する美容ライターと編集者を直撃。つぶさに製作現場を見てきたスタッフが語る、ベスコス満足度を高めるための要チェックポイントとは!?

\ベスコスの裏側を知る担当ライター発!/ 今期のみどころポイント

中川知春

ビューティライター

中川知春さん
楢﨑裕美さん

ビューティライター

楢﨑裕美さん

楢﨑:今期から最優秀賞と優秀賞にも、審査員の点数が開示されるように! これでVOCEベスコスがこだわる“ガチ感”がさらにパワーアップしたので、ぜひチェックしてほしいですね。

中川:その点数を見てもらえれば、スキンケア部門の最優秀賞優秀賞がいかに大接戦だったか、その緊張感が伝わるはず!

楢﨑:そう、今期のスキンケアトレンドの象徴ともいえる“肌運命を変えるコスメ”のデッドヒートは見どころのひとつ! ほかにも、美容液部門も2~4位が乱立するというかなり激しい戦いも。2位と3位の点差は5点、3位と4位の差は4点という選者が評価する1票、1点の重みを感じられる激闘も見逃せないところです。

中川:口紅部門も1位から3位の得点差がたったの11点! 一人の選者の配点がランキングを激変させかねない状態。票が割れるほど名品が多かったという状況は、口紅マニア垂涎ものでは!?

楢﨑:そんな大接戦とは真逆に、歴史的な圧勝という部門も注目どころ。プチプラベースメイク部門では、フジコのクッションファンデが2位に250点差をつけ、王冠を手にしたというのもインパクトが大きい。

プチプラベースメイク部門ページ
デュアルクッション

フジコ デュアルクッション SPF50+・PA++++¥2000/かならぼ

中川:同じ部門を戦ったライバルは人気も実力も兼ね備えた“売れっ子”だというのに、この点差はスゴイ! 同じように並みいる強敵をおさえて王者に輝いたダークホースといえば、オルビスのパプリカ色チーク! 

プチプラリップ_チーク部門ページ
ライトブラッシュ-パプリカ

オルビス ライトブラッシュ パプリカ ¥1800

楢﨑:確かに、ジューシーな血色感カラーに惚れ込む審査員が続出で、 実際、「今日、パプリカ」「私も!」的な会話を撮影現場でもよく聞いたし、ヘアメイクのAYAさんも絶賛してたよね。

中川:AYAさんといえば、VOCEベスコスの選者きっての“高打率”を維持する卓越した審美眼の持ち主だものね。AYAさんは、VOCE誌面のメイク企画で田中みな実さんからのご指名 No.1でもあるから、“みな実ファン”はAYAさんが選ぶものをチェックするのもおすすめ

楢﨑:フェミニンな愛され顔になりたいなら、理想を叶える神アイテムが見つかる可能性は大! そんなふうになりたいイメージに近いヘアメイクさんをチェックするというのも手。例えば、上司にもウケがよく、オシャレ感も備えた“日常オシャ感メイク”がお好みなら長井かおりさんとか……。

中川:“THE旬”かつ、チャレンジメイクもあり! というオシャレ追求型なら笹本恭平さんや林由香里さんがしっくりくるかも。審査員を深掘りするというのもベスコスを楽しむ裏技ですよね。

撮影/吉田崇(まきうらオフィス/人物)、吉田健一(静物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/中山友恵(メドウズさん) スタイリング/加藤理奈(メドウズさん)、坂下シホ(静物) モデル/メドウズ舞良 取材・文/金子優子

Edited by 並原 綾