1. 肌にも便秘があるって知ってる?「肌便秘」を解消!

2016.03.19

肌にも便秘があるって知ってる?「肌便秘」を解消!

体に便秘があるように、肌にも便秘がある! 諸悪の根源は「溜まってる」という肌状態。表面に角質が積もってゴワゴワしたり、内側に毒素が滞ってエイジングにつながったり……と、溜めていたっていいことなし。戦略的なデトケアで解消して、今すぐスッキリ!

肌にも便秘があるって知ってる?「肌便秘」を解消!
湯川 円
エディター
by 湯川 円

肌便秘って??

表面or内側にいらないものがいっぱいな状態こそが「肌便秘」

腸に不要なものが溜まって、体調が崩れる便秘。それに倣ってVOCEでは、「肌便秘=肌に余分なものが溜まった状態」と決定! 肌の表面に古い角質etc.が蓄積された「表面肌便秘」と、内部に毒素が滞った「インナー肌便秘」の2方向から、ケア法を考えていくことに。くすむ、硬くなる、角栓が詰まる……と、直に影響が出る「表面肌便秘」と、じわじわ肌が蝕まれる「インナー肌便秘」。まずはそのメカニズムを専門家に直撃!

小林ひろ美さんに聞きました!
“表面”肌便秘って、どういうこと?

出ない&入らない、肌がロックされて大停滞!

「肌の巡りが鈍ってくると、垢となって出ていくはずの角質が表面に蓄積。するとくすんだり、硬くなったり、コメドができたり。一方、ケアの浸透も悪くなり、出ないわ、入らないわで、肌がロックされた状態に」(小林さん)

これこそが表面肌便秘。解消するには、表面に積もった不要なものを取り去るべし。

「オフすれば、鈍感になった肌のスイッチが活性化。最近は『取る』を重視しない人も多いのですが、VOCE世代には必要なケアです」

美容家 小林ひろ美さん

美容家 小林ひろ美さん
美・ファイン研究所主宰。代謝ケアに関する造詣が深い。

古賀所長に聞きました!
“インナー”肌便秘って、どういうこと?

1.肌にとっての毒素って何?

肌細胞が生み出すカスが毒素。静脈やリンパ管を通じて排出される

インナー肌便秘解消のデトックスケアでよく聞くのが、「毒素を取り除こう」という言葉。でも、毒素って何?「本当の毒というわけではなく、肌にとってよくない老廃物を指すことが多いようです」(古賀さん)

では、老廃物とは?

「細胞が活動するときに出るタンパク質の分解物や、死んだ細胞などの不要物をいいます」

つまり老廃物とは細胞が生み出すカスのようなもの。放っておけば肌に悪影響が出るから、静脈やリンパ管を通して、きちんと流すことが大切なのだ。

2.じゃあ、リンパって何なのか知りたい!

老廃物や血管から漏れた水分を回収する「配水管」=リンパ管

「肌のリンパ管は真皮の血管に沿って存在し、老廃物や血管から漏れた水分を回収して排出する『配水管』の役割を果たしています。リンパ管は静脈で吸収できない大きな分子も回収可能。また免疫機能にも関係しています」

リンパ管には隙間があり、その隙間から老廃物や水分が取り込まれ、中を流れるリンパ液によって運搬される。

「ところがリンパ管がUVでダメージを受けると、回収機能が落ちたり、水分が漏れたり。UVケアはリンパ管を守るためにも不可欠なのです」

Image title

3.リンパの流れが滞るとどんな悪影響が?

むくみ、ゴワつき、硬さなど、トラブルが続出!

「リンパ管が完全に詰まることはありませんが、中のリンパ液が流れにくくなることや、隙間が広がって集めたものが漏れたり、回収機能が落ちることはあります」

水分が漏れて起きるのが、ご存知、むくみ。

「また、リンパ管の機能が低下するとコラーゲンが異常に増殖し、真皮が硬くなり、表皮が肥厚し、なめらかさや柔らかさが低下します。そのほか、炎症を引き起こす炎症性細胞が回収できなければ、肌のエイジングも加速する可能性が」

4.肌に毒素を溜めないためにはどうしたらいいの?

排出のカギを握るリンパ管のダメージを防ぐのがいちばん!

毒素=老廃物を溜めたくないなら、毒素を回収、排出するリンパ管にダメージを与えないこと。そのためには紫外線から肌をしっかりガード。

「さらにリンパ管の細胞をつくり、強化する因子=リンパ管活性化因子を増やすケアを使うのもおすすめです。マッサージもよいのですが、リンパ管がダメージを受けているときに行っても、老廃物が漏れてしまうだけ。リンパ管を健やかに保つことが先決です」

5.マッサージって毒素排出に効いてるの?

血流改善との相乗効果で排出アップに期待

「マッサージをすると血液の流れが促され、肌に不要な二酸化炭素や老廃物を流したり、肌に必要な酸素や栄養素を届ける効果が高まります」

それでは「マッサージでリンパが流れて、小顔になる」というのは?

「リンパの流れを促す手技をひと手間加えることで水分や老廃物の排出が促されます。毎日続ければむくみが改善され、フェイスラインがすっきりとした印象になっていきますよ」

古賀信義さん

クレ・ド・ポー ボーテ研究所 所長 古賀信義さん
クレ・ド・ポー ボーテのスキンケア研究開発に関わる。

小林ひろ美直伝!!
スキンケアしながらインナーデトックスは可能だ!
パーフェクトプロセス

インナー肌便秘を解消する=老廃物をデトックスするには、リンパ管が「流れやすい状態」をキープすること。わざわざマッサージしなくても、化粧水、美容液……とケアをつけるとき、このプロセスを実行すればOK。

1.頭蓋骨をストレッチして流れやすい状態に

頭蓋骨をストレッチして流れやすい状態に

肘をつき、手のひらのふくらみを額に当てる。目を上方向に向けながら、頭の重みを手に預け、10秒ほどキープ。この動きでリンパの元栓を開けるイメージ。

2.顔の内側から外側にクルクル&プッシュ

顔の内側から外側にクルクル&プッシュ

最初にコスメを顔全体にざっとのばす。あご→耳下、口の横→耳上、小鼻→こめかみにかけ、人差し指、中指、薬指で円を描き、それぞれ終点をプッシュする。

3.デリケートな目元はソフトタッチで

デリケートな目元はソフトタッチで

目の下に薬指で半円を描くように、内側から外側に動かす。力を入れずに、なでる感覚で優しく。目の上も同様に行い、最後にこめかみ部分をキュッと押す。

4.額もクルクル、さらにこめかみに圧を

額もクルクル、さらにこめかみに圧を

人差し指、中指、薬指を使い、額の内側から外側にクルクル(額を上下段に分けて2回)。こめかみを、頭の重みをかけつつしっかりと押し、5秒キープ。

5.輪郭部分のリンパを下方向に集める

輪郭部分のリンパを下方向に集める

片手の親指をあごの裏側に固定し、人差し指でフェイスラインをチョコチョコと擦り下ろす。場所を移動しながら、フェイスライン全体を1~2周する。

6.ヤッホーのポーズからさらなる流れを

ヤッホーのポーズからさらなる流れを

人差し指の側面を鼻の脇に当てて、グーッと力を入れたままサイドに移動する。フェイスラインから指1本入ったところで止め、そのまま5秒キープする。

7.こぶしでグリグリしてリンパを刺激

こぶしでグリグリしてリンパを刺激

こぶしをつくり、耳の手前の押すと痛い箇所をグリグリ。さらに髪の生え際を、センターから下に向けて流し、こぶしをほどき、耳の後ろを通って首筋へ。

8.チョキで鎖骨をほぐしてフィニッシュ

チョキで鎖骨をほぐしてフィニッシュ

人差し指と中指をチョキの形にして、鎖骨のくぼみの押すと痛いところをクルクルとほぐす。両手をクロスして、肘を少し上げると力が入れやすくなる。

撮影:前川純一(人物)
ヘア&メイク:丸山智路/LA DONNA
スタイリスト:坂下志穂
モデル:殿柿佳奈
文・取材:入江 信子
構成:湯川円

湯川 円
湯川 円
コンビネーション肌。スキンケア命!!の“見た目年齢マイナス10歳以上”を常に目標に、コスメから美容医療まで、幅広くなんでも体験してから記事にする派。ヅカヲタでもある。