VOCEベストコスメ2020下半期

メイク・スキンケアまとめて見せます【石井美保】の感動コスメ4!

2020.12.05

VOCE2021年1月号 石井美保

下半期のメイク&スキンケアベスコス、石井美保さんの推し4アイテムをお届けします。

VOCE2021年1月号 石井美保

下半期のメイク&スキンケアベスコス、石井美保さんの推し4アイテムをお届けします。

ベストコスメ特設ページはこちら!

【ポーラ】

石井美保

美容家

石井美保さん

「高貴な香りを五感で愉しみながらなじませるとあっという間に肌が潤い満タンになり、内側からむっちりと膨らむところまでが毎回ドラマチック」

B.A ローション

60㎖ ¥11000、120㎖ ¥20000

潜在的な美しさが目覚め、“時を戻そう”が叶う極上の雫

「遺伝だから」「歳だから」。そんな言葉はもう不要と思える逸品。機能不全に陥っていた細胞さえも復活させ、コラーゲンなどハリのもとを生み出しまくる状態にするというアプローチの効果実感値は高く、極上のとろみ感とともにプロが騒然とするレベル。1本2万円だが、朝晩使用で100日もつというから、コスパ的にもかなり優秀。

【オルビス】

石井美保

美容家

石井美保さん

「弾力泡でもふもふ洗うとそれだけでもマッサージしたかのようなすっきりフェイスが現れる。潤いを残すのは大前提、くすみもひっくるめて全部落とすことが大人には必要だと痛感」

オルビス ユードット ウォッシュ

〈医薬部外品〉 120g ¥2100

くすみもザラつきもリセットし、無垢肌に

上半期に続き、2連覇達成のオルビス。今回はもっちりした泡がしつこく居座る不要な角層をはがしやすくし、穏やかに取り去るピーリング系洗顔。さらに肌が必要とするエネルギー源の取り込み口を増やすという共通成分もイン。余計なものは毎日リセットし、どんどんエネルギー循環がアップするから、日に日に肌印象があか抜ける!

【アユーラ】

石井美保

美容家

石井美保さん

「脱力したいときも不安なときも背中を押してほしいときも助けてくれる、究極の安らぎの香り」

肌&体への効果がアップ! 人気入浴剤の進化版に喝采

ブランド誕生以来、25年にわたって愛されてきた入浴剤。今回のリニューアルで新たに配合されたのは、交感神経の活動を抑えストレスホルモンを減少するリラックス成分。これがないと一日が終わった気がしなくなるほど!

【シャネル】

石井美保

美容家

石井美保さん

「ピンクという固定観念が完全に覆され、新しいピンクの世界観を手に入れた満足感。成熟した大人の知性ある色気ピンクとはまさにこれ。赤もピンクも苦手という方こそ!」

アイメイクのブームを牽引した鮮烈なピンク

下半期、VOCEのメイク撮影でヘアメイクさんが手に取る回数が群を抜いて多かったのがこのパレット。かすかな輝きを纏ってじんわりと発色する3種類のピンクには、ピンクを甘いだけで終わらせないシャネルならではのエッジィな魅力が。締め色として配されたマットなブラウンとのバランスも素晴らしく激戦となったアイパレ部門の1位も納得。

対象コスメ:2020年7~12月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:61名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア12部門、メイク15部門のすべて、ヘア&メイクアップアーティストはメイク15部門のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらに各部門1位をリスト化し、審査員はあらためて今期を象徴する優秀なコスメを、スキンケア部門、メイク部門から各2品ずつ、各10点満点で投票。合計点を算出し、最優秀賞、優秀賞を決定。

撮影/吉田健一、伊藤泰寛 スタイリング/坂下シホ  取材・文/穴沢玲子、中川知春、楢﨑裕美、飯島亜未 構成/大木光、河津美咲

Edited by 松本 薫