1. 前髪をおろすなら透け感を死守!目の上ギリギリのウザバングで今っぽく♪

2016.04.05

前髪をおろすなら透け感を死守!目の上ギリギリのウザバングで今っぽく♪

この春、絶対におさえておきたいヘアのトレンドを発表!取り入れた人から、表情がおしゃれに見違え♡美人力急上昇も間違いなし!

前髪をおろすなら透け感を死守!目の上ギリギリのウザバングで今っぽく♪

前髪をおろすなら、毛束の隙間からおでこがチラッとのぞく透け感を死守! 長さは目にかかるくらいにカットして、スタイリングで目の上ギリギリになるウザめの長さが今っぽい。

ルーズに流れるバングが、表情をほんのりセクシーに【シースルーウザバング】

山城悠希,VOCE5月号,ヘアスタイル,シースルーウザバング,春ヘア

有名スタイリストさんに聞きました!

ZACC raffine,増渕聡美さん

ZACC raffine:増渕聡美さん
バングがラフだと、それだけでおしゃれなのにがんばりすぎてない印象が気取れますよ。

■HAIR DATA■

山城悠希,VOCE5月号,ヘアスタイル,シースルーウザバング,春ヘア

[CUT]前髪を目の上ギリギリでカット。サイドにリップラインでカットした毛束をつくり、レイヤーで全体に動きをつけたミディアム。
[COLOR]9レベルのウォームベージュ。
[STYLING]毛束をねじりながら乾かし、ファイバーワックスをもみ込む。

POINT! バングに独立感をもたせてアンニュイに

山城悠希,VOCE5月号,ヘアスタイル,シースルーウザバング,春ヘア

バングの端とサイドをあえてつなげない選択で、目の前をチラつくハラリ感を強調。しなやかなムードで女性らしく。

撮影:神戸健太郎
スタイリング:川崎加織
モデル:山城悠希 
取材・文:石橋里奈
構成:三好さやか