1. ツボ押しで美白♡ 肌の透明感を高めるツボはココ!生活習慣で美白Q&A

2016.04.07

ツボ押しで美白♡ 肌の透明感を高めるツボはココ!生活習慣で美白Q&A

美白シーズンにいよいよ突入!ちょっとした心がけがキモ!生活習慣で美白を手に入れよう。

ツボ押しで美白♡ 肌の透明感を高めるツボはココ!生活習慣で美白Q&A

Q.肌の透明感を高めるツボは?

Image title

A.合谷(ごうこく)
「手の親指と人差し指の骨が交わるあたりのくぼみは、“合谷”というツボ。そこを刺激することで血流がよくなるため、肌が明るくなるんです。反対の手の親指と人差し指で、ツボを挟むように押しましょう」(髙瀬先生)

Q.美白肌のために、生活の中で心がけたいことは?

Image title

A.お風呂
「UVカットを徹底することに加え、体の代謝を上げること。半身浴や有酸素運動で代謝がアップすれば、肌内部のメラニンが排出されやすくなります」(髙瀬先生)「食生活や睡眠が大切なのはもちろん、手軽で効果的なのは入浴。全身を温めて血液をめぐらすと、栄養が行き届き、老廃物が排出され、肌印象がぐっと白く!」(松本さん)

Q.ストレスと美白肌、関係ある?

A.ストレスで肌がくすむ可能性大
「体にストレスがかかると、抗酸化作用のあるビタミンCが体内で消費されます。そのため、活性酸素が増えて炎症が起きやすくなり、メラニンが作られやすい環境になってしまう場合も」(髙瀬先生)

Q.やっぱり睡眠はしっかりとったほうがいい?

A.そのとおり。肌のターンオーバーと炎症の修復の時間です
「眠り始めて3時間前後のいわゆるゴールデンタイムに、質のいい睡眠がとれていないと、肌のターンオーバーが狂ってしまって代謝が滞りがちに。また、睡眠中には肌の炎症も修復されます。美白肌のためには、睡眠は一定の時間をきちんと確保して」(髙瀬先生)

Q.タバコやアルコールは美白肌をかなえたいならNG?

Image title

A.タバコは厳禁
「タバコは体内のビタミンCを消費して活性酸素を増やしてしまいます。その結果、炎症が起きやすくなってメラニンがたくさん作られる可能性が。アルコールは個人差が大きくて目安量は断言できませんが、ほどほどに飲む程度なら大丈夫でしょう」(髙瀬先生)

お話を聞いた方々

髙瀬聡子,小西さやか,入江信子,松本千登世,三輪隆博,牟田恵子,小倉有紀,佐藤潔

撮影:伊藤泰寛
ヘアメイク:猪狩友介/Three Peace
イラスト:miya
取材・文:大貫未記、河津美咲
構成:中田優子、与儀昇平