1. でも浪費はやっぱり美人の近道~人よりキレイになりたいなら、どんどん使うがよろしい~

斎藤薫の美容自身2

2015.04.23

でも浪費はやっぱり美人の近道~人よりキレイになりたいなら、どんどん使うがよろしい~

人気連載「斎藤薫の美容自身 STAGE2」。 毎月第2水曜日更新。

でも浪費はやっぱり美人の近道~人よりキレイになりたいなら、どんどん使うがよろしい~

女の人生そのものに、それほど大きな浮き沈みはない。ただ、女は男(恋人または夫)の浮き沈みに大きく左右されやすい。あのバブルに踊り、バブルに泣いたのは、ほとんどが男の人で、でもその人数分、いや実際にはその2倍か3倍の数の女性が、急に裕福になったり、急に貧乏になったりしたのに違いない。

天国と地獄を短期間に、しかも20代30代の女盛りに体験したら、女はどうなるのか?バブルの浮沈を参考にシミュレートしてみた。

A子はその時、アラブの王様みたいに金持ちになった彼に、月100万以上のお洋服を買ってもらっていた。もちろんエステには週に2回、何かと言っては美容室に出かける毎日。それでキレイにならなきゃウソで、A子は加速的に輝きを増していく。人間“値札”を見ずに買いものをするようになると、顔に何かのサインのような光が灯るようになり、お店の人にはそれがハッキリ見えるのだという。この光は、やはり一種のオーラで、自分がキレイになるための“買いもの”には、想像を絶するエネルギーがあって、これが女を輝かせるらしいのだ。まあ、ここまではいい。